« February 2004 | Main | April 2004 »

2004.03.28

引越(前編)

3月26日(金)会社を休む。建前は引越休暇だが,本当は,広スタの練習前にレプリカユニに浩司と林のサインを貰うためだった。練習開始1時間半前から選手控え室前で待つ。コーチ達はすぐ来てたのだが,選手がなかなか来ない。1時間前,林到着。サインを貰う。林,機嫌が悪い。ちょっと怖かった。よ~し,あと浩司一人!…がなかなか来ない。おい,もう10時10分だぞ(練習開始は10時15分では??)。そこへ,森崎兄弟,ベンツで登場。速攻で浩司に駆け寄りサインを貰う。やったあ~,1番から32番まで全員のサインゲット~。思えば長い道程であった。サインに埋まった7番のレプリカユニ。もったいなくて着れません。ということで,今季も『Your Voice』バージョンで試合に臨むことに決定。
本当に引越の準備をしなければならなかったので,練習も観ず,区役所やら銀行やら郵便局を駆け回る。とりあえず転出の手続終了。仕事が残っていたので夕方会社に戻る。机の上,書類の山。おいおい,これホント誰が片付けるの?とりあえず出来るだけのことはして,夜は送別会(課の飲み会)へ。13年間本当にお世話になりました。最後の挨拶の時に,これまでの思い出と共に涙がどどーと流れて…大泣きしてしまいました。
二次会,三次会とはしごして,時計を見ると,なんと3時前。まずい,引越の準備が…。同僚をおいて先に帰る。まじ~,明日は9時には起きて荷造りしなければ…。
3月27日(土)起きたら,1時。すっげー二日酔い。まじ~,今日はSS席前売り買ってるとはいえ,久保登場時のコアサポ様方のブーイングを聞かなければ,との使命感から這うようにして広スタまで歩く(5分)。間に合った,まだ選手は出てきてない。5分くらいしてマリノスの方から選手が出てくる。おい,おい,久保いねえじゃないか。アンとかドゥトラもいない。(気づかなかったけどユもいない)。こら,かもめ,お前らウチを舐めとんか!!怒り爆発も一瞬。一気に疲れがどっとくる。試合開始。なんかマリに押されてるぞ。15分頃からウチも攻めるようになる。ここで強烈な睡魔が…。あとは歓声とともに目が覚めるという情けない有様。観戦記書けませーん。チアゴがスーパーな突破をしながら,ラスト,シュート外してたのはなんとなく覚えていますが…。SS席の意味なし。あほ。ラストのチアゴがゴールマウスの角に当ててシュート外したのは明確に覚えています。
這うようにして家に帰る。ね,眠い。でも,引越が…。疲れと睡魔には勝てずそのまま爆睡。あほ。
3月28日(日)7時に起きる。マジで焦りモードで荷造り開始。引越屋は夕方5時に来る。その辺にあるものからかたっぱしに箱にねじ込む。2Kのアパートから8畳の寮部屋に転居しようというのだ。こんな荷物本当に部屋に入るのか?でも,引越屋もさすが,プロ。下見に来てた時,要求してた数の倍の箱を置いて帰ったのだが,それで,大体収まった。恐るべし,プロの眼力。5時,引越屋が来る。6人がかりでどんどん箱を運び出していく。速い。さすがプロ。1時間半で全ての荷物を運び出す。ま,行きはエレベータがあるから楽よ。あっちは階段で3階までだから…。あとよろしくお願いします。は~,長い一日やっと終了。あとは明日部屋の掃除をして,ごみ出しして,不動産屋に鍵返して引越は終了。しかし,残り2日で職場の片付けや引継ぎが…。オレ,氏ぬな,きっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.22

花とアリス

たぶんこの作品が僕が広島の映画館で観る最後の映画になるだろう。
僕は岩井俊二が好きだ。彼は主人公(特に女の子)の内面の長所をきちんと映像で表現してくれる。彼は映画監督ではなく,優れた映像作家なのだ。
主人公のハナとアリスは昔からの親友。中学卒業も間近にした頃,アリスが一目惚れした男の子の友人にハナは恋してしまう。その男の子は2人が進学した高校の先輩だったのだ。そこから3人の微妙な三角関係が始まる。恋する女の子は怖い。ほとんど脅迫まがいの強気の攻めで何とか自分のことを好きにさせようとするハナ。バレエ少女が先輩目当てに落研に入部する。アリスはタレント事務所にスカウトされ,いろんなオーディションに挑戦する一方で親友の好きな先輩に思われぶりな態度をとる。別れた父親との思い出の場所で男の子とデートを重ねる。最後のオーディションの場面で奥手だったアリスがやっと自分の殻を破って得意のバレエを美しく舞ってオーディションに合格する。このバレエのシーンの躍動感はすばらしく綺麗な画だ。ハナが自分の嘘を先輩に告白するシーンもジンとくる。そうだ,これは10代の男子が頭に描いている女子の姿なのだ。男っていくつになってもロマンチストなんだなあ。
岩井作品では『四月物語』で松たか子のことが好きになった。ハナ役の鈴木杏は『リターナー』を観て気になる女優だったが,今作でますます好きになった。アリス役の蒼井優はすばらしい。これから注目の若手女優だ。
岩井俊二はこういうありふれた日常をカットして綺麗な画で観せてくれる。少々おじさんには甘いお話しだが,僕はやっぱり好き。広島で最後に観た映画として,思い出の映画として僕の心に残るだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.20

1st.市原対横浜戦,3-0

BSで観た。市原強い。全員がよく走る。攻守の切り替えも抜群に速い。今日の出来ならマジ優勝狙える。逆に今日の横浜はいいところが全く出せなかった。まさか横浜が市原相手ににチンチンにやられるとは!久保は途中交代される不出来。アンとの関係がうまく作れない。これからの大きな課題だろう。4月からの似非かもめサポとしては横浜には頑張ってもらいたいのだが…(でもサンフとの試合では今日の出来でOK)。来週はいよいよホームで横浜戦。コアサポのみんなは久保にブーイングするのだろうか。そういう中で,試合後に久保はこっちに挨拶しに来てくれるだろうか。来てほしいけどな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1st.対G大阪戦,0-1

大阪までツアーに参加しようか迷ったが,今日は引越の準備もありTV観戦となった。やっぱり生観戦じゃないと全体の動きがつかめない。試合の時間には疲れて寝ていて,夜にビデオ観戦となった。(ニュース等で結果は観ずに)
今日もセットプレイから得点された。運がない。チアゴのシュートが1本でも入っていたら…。去年のマルセロとかぶる。ガンバの攻めはシンプル。ボール奪取したら,ロングボールでマグロンへ。マグロンがきちんとポスト役をこなして2列目の選手が飛び出してくる。今日のウチのDF陣はよくマグロンを抑えていた(得点されたけど)。ただセカンドボールが拾えない。結局ロングボール対策はなんとか乗り切ったが,セットプレイから失点してしまった。前半はカズに1回預けてからチアゴという形がなかなか作れなかった。もっとカズにボールを集めて,カズからの展開が観たかった。逆にカズには自分へもっとボールを集めるように要求してほしかった。カズを経由してチアゴへ,または両サイドの選手へ。こういう流れにもっていきたかった。一番良かった時間帯は浩司が入ってチアゴが1トップとなったところ。カズと浩司の関係がうまくチャンスを作っていた。でも,交代で茂木が入ってからまた流れがガンバに傾く。茂木,全くボールに関われない。逆に中盤に交代選手を投入したガンバにうまく逃げきられてしまった。なぜあそこで茂木を交代で入れたのだろう。試合の流れはウチにあったのに。というか,茂木が全くチーム戦術にフィットしてなかった。茂木が入って,カズ・浩司が下がり目になってしまった。茂木投入が今日は裏目にでてしまった。システムについては再考すべきだと感じた。そして,ハンジェのスタメン。運動量は確かにダイナモだったが,パスミスが多すぎる。もっと確実にシンプルなプレイを望む。
ガンバも先週の清水のようにたいしたことなかった。だから今日のゲームも勝っておきたかった。2試合で勝ち点5を失ったことになる。シーズンは始まったばかりだが,『勝ち方』が染み込んだチームになっておきたい。次節の市原はこれまでの2チームとは比べ物にならないくらい強い。一昨年までの『お客様』のチームではない。市原には引分けでOKと考えるべlきか。市原戦でウチの実力が分かる。ポイントは,システム(3-5-2か,3-4-2-1か),浩司のポジション,右サイド。課題は明確だ。小野監督の手腕が問われる戦いとなるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

代表7人,キャバクラでご乱交(結論)

やられたよ~。久保っち代表から外されちゃったよ。ジーコ厳し~い。ま,トルシエでもこうしただろうから,文句は言えない。この結果がシンガポール戦で悪い方にふれないことを祈るのみ。
これで久保も懲りたでしょう。いや,懲りてくれ。もう酒で身を崩すようなことがないように,反省!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.18

高橋尚子落選を考える

今週はなんといってもこの問題を書きたかったのだが,先にHFで中野さんに僕の思っていたことを書かれてしまった。前回までのマラソンの代表選考は,明らかにタイム順ではなく,『過去の実績』を重視して選考されていたのだ。遠く昔は瀬古。最近では有森。協会が高橋を本当に出場させたかったのなら,事前に『タイムで選ぶ』ことを公表すべきだった。僕はプロ宣言した高橋への『罰』が陸連内で働いたのだと思う。現に福岡で失敗した男子の最高記録保持者の高岡は最終選考レースを走ろうとした(怪我で断念したが)。これは,実業団に属する高岡サイドに陸連から『このままでは危ない』と囁いたからではなかろうか。反対に陸連の慣例に反してプロ宣言した高橋サイドにはそういう囁きは無かったと勘ぐる。一番メダルに近いはずの選手が外された。過去に例のなかったことだ。だから誰もが今回の選出に疑問を感じる。それならやはり次回は全選手が公平に評価される『一発勝負』で選手を選出すべきだと思う。アテネで今回選ばれた3人の女子選手がメダルを獲れなかったら,世間は『やっぱり高橋を出していたら』と思うだろう。今回の選手選考では,陸連の『悪』の部分がこんな決定を許した。きっと罰は陸連に下ると考える。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

U23日本対UAE

今週は出張もあって,日本ラウンドをやっと初めてTV観戦出来た。山本監督,あなたはつくづく運のある人だ。今日の3トップは初めてのシステムとしては機能した。これは平山がポスト役をきっちりこなしていたからだ。セットプレイで3得点。入替えた大久保,阿部が機能した。だが,逆に考えれば,流れの中からは得点できなかったのだ。サイドからの攻めは左サイドオンリー。あとはひらすら平山目指してロングボール放り込むだけ。結局石川は使わなかった。なぜ?この人の采配は本当に分からない。今日は点差を広げて勝たなければいけない試合。3トップにしたのなら,もっと攻撃的に石川を使うべきだったと思う。明らかに今日のUAEはモチベーションが低かった。一発レッドで退場者も出て更に有利になった。だから勝てたのだ。今日は3バックとボランチ2人の連携が良かった。トゥーリオのはちゃめちゃオーバーラップが爆発していたら,チームがバラバラになった恐れもあった。トゥーリオが欠場してて逆に良かったと思う。僕の予想は外れた。このU23は五輪には行けないと思っていたから。でも,監督の無能さを補うぐらいに選手達が頑張った。本当にこの短期間の最終予選の間で選手達は自分で強く,成長したと思う。でも,こんな行き当たりばったりのサッカーでは本番では勝てないよ,きっと。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.03.14

東京V森本,衝撃のデビュー

磐田対東京Vの試合をBSで観た。磐田はやはり強かったが,森本の登場と活躍には正直驚いた。まだ15歳。でも,十分即戦力として期待できる。高い,速い,うまい。フィジカルがまだ鍛えられていない年齢なのに,ものすごい身体能力だ。平山を超える怪物出現と感じた。久保よりもすごいかもしれない。初めてそういうFWを観た,感じた。
生で観たらもっとすごいと感じるだろう。彼のような選手こそ,早く海外に出て厳しい環境でプレイすべき。ここからどこまで伸びるのかが楽しみな選手だ。注目していきたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1st.対清水戦,1-1

待ちに待った開幕戦。やっぱり生観戦はええわ~。たぶんしばらく観れないであろう広ビでのホームの試合。やっぱり3万人は入らなかったけど,選手入場の時の紫に染まったスタンドには感動した。
さて,試合だが,今日は絶対勝たなければいけない展開の試合だった。下田のスーパーセーブの場面を除いては,相手のシュートは枠にいってなかったし,ウチの方が決定的なチャンスが多かった。決めきれなかったのが今日の反省点。勝ち点1で満足してはいけないよ。
チアゴ,やっぱり使える。ポストプレイでシンプルに繋ぐ場面と自分自身で突破する場面の判断がきちんとできている。ポスト役はきっちりこなすし,シュートも枠にいっている。今日あった数々のチャンスを一本でも決めていれば文句はない。
チームとしての完成度は宮崎キャンプ時よりも確実に上がっている。でもまだまだ上がると思う。なにせウチは開幕戦にピークを合わせていないから。でも,清水の出来の悪さには正直驚いた。ウチより戦術の徹底とコンディションの調整がされていないチームがいたとは。それだけに勝っておきたい試合だった。後半の勝負の時間帯にサンパイオかハンジェに代えて外池を入れてもおもしろかったと思う。井川のサイド,宮崎キャンプの頃より格段に上がっていた。驚き。松浦は自分の良さ,前への突破の姿勢がこの試合では出来なかった。練習では出来ているのだが,それが実戦でもできるようにならなければいけない。
カズはやっぱりトップ下で輝く。浩司が帰ってきたら,浩司をFWで使って,カズのトップ下は変えないでほしい。
中山のチョイスには不満。眞中はまだ出来たし,今日の試合は前線からの守備はいらない試合。中山は攻撃では全く怖くない選手。ポストも満足に出来ないし,今日は自慢の運動量も観せられなかった。なにせPA内でシュートを選択せず,パスを選択する選手だから。中山はスーパーサブではない。他のFWをチョイスしてベンチに置いているべき。小野監督は中山の運動量を買っているのだろうが,今日の出来では失格。井川がサイドでも使える目途がったたのなら,他の選手をチョイスすべき。今の中山は一時期の柳沢を超える守備的FW。J1では通用しない。小野監督にはそろそろベンチメンバーを考えてほしい。スーパーサブのいないチームは怖くない。現実,中山が交代で出てきてからは勝てる感じがしなかった。井川が右サイドで使える目途が立ったのだから,控えのFWは攻撃的な別の選手を置いて置くべき。コウタの左サイドがあんなにチャンスを作っているのだから,FWはシュートが撃てるFWを使ってほしい。コウタ,今日の出来なら,マジで代表狙える。この頑張りを続けろ。
もう一度言う。今日は勝っておかなければいない試合だった。TMで他のチームにチンチンにやられたことを忘れてはいけない。今日の清水はベストコンディションではなかった。自分達の今の実力を知っておくべき。
今日はTV中継があったから3万人集まらなかった。勝たなければ観客は来ない。J1残留が目的ではないのだから。
もうたぶんホームでは試合を観るのことはないと思う。その分アウェイでも頑張れ。僕は広島を離れるけど,関東圏の試合は全部行くつもり。とにかくアウェイでも勝てる精神的強さと戦術を磨いてほしい。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.03.12

新居決定

転勤先の新居が決まった。といってもアパート独り暮らしから会社の寮にまた戻る訳だけど。都内通勤一時間圏内で光熱費込みで1万5千円で住めるのだから文句は言えない。BSはもちろん,スカパーも観れるようだ。ADSLも引けるらしい。これで今の趣味・生活環境は最低限確保される訳だ。一安心。プラスになるのは,東京には大小たくさんの映画館があって,いろんな作品を観る機会が増えるということだ。楽しみだ。僕は映画館の大きなスクリーンで観る映画が好きだ。誰にも邪魔されず感情移入できる。約2時間の間,世間とは隔離された自分だけの世界に入れる。だからレンタルビデオとかはあまり借りない。自分の部屋で観ても,それは日常生活の延長でしかなく,その映画に100%感情移入できないからだ。家賃で浮く生活費は映画と関東圏でのサンフの観戦につぎ込もう。スキーだって,東北や北海道に行きやすい。雪質がやっぱりこっちとは全然違うので来シーズンがすごく楽しみだ。
だけど,向こうので生活が慣れたら,またアパートを探して独り暮らししようと思う。プライベートの時間まで会社に管理されるのは,もうごりごりだから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天国の口,終りの楽園

メキシコの映画。少年二人と年上の家出人妻のロードムービー。去年ミニシアター系で評判が良かった作品だ。WOWOWで観た。
だめだ,僕はもうこの映画の良さ(ま,良さがあるならだけど)が全く分からない。この旅で少年が大人への成長を果たす,ということを表現したかったのだろうか。本当に分からない。なんか場末の映画館にポルノ映画を観にいったような気分だ。今までになかったロードムービーの新しい切り口を賞賛すべきなのだろうか。本当に分からない。たぶん映画館で観ていたら,『金返せ』と思っただろう。この映画を観るには僕は歳をとりすぎたのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.03.11

UEFAチャンピオンズリーグ

ジダンは宇宙人だな。あの足首の柔らかさとボールさばきはもはやスローモーションでないと確認できないよ。
アンリもすばらしい。あんな決定力のある勝負強いFWがサンフにも欲しいなあ。
引越先でスカパーが観れるかどうか,今はまだわからないので,毎試合食い入るように観ている。なんであんなデカ男達がボールを自由に操り,あの速さでピッチを駆け回ることができるのだろうか。Jのレベルも年々上がってきているが,まだまだ世界との差はある。頑張れJリーガー達よ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホワイト・オランダー

ミッシェル・ファイファー,アリソン・ローマン主演。今回もスカパーで観た。
恋人殺しで逮捕される母親役にファイファー,その娘役にローマン。母親が投獄され,ローマンは様々は里親や施設を転々としていく。その中で人間的に成長していく姿を淡々と描いている。観ていて分からなかったのがラスト近くの裁判の場面。母に有利な証言を求められる娘。それを拒否する娘。結局,母は娘の証言を求めず刑が確定する。この場面で娘の母に対する愛情が再び芽生えるのだが,あまりにあっさり描かれていて意味がよくわからなかった。
ちなみに僕はミシェル・ファイファーが大好き。学生の時に観た『テキーラ・サンライズ』でその美しさにファンになり,『恋のゆくえ』で大ファンになった。この『恋のゆくえ』は今まで僕の観たラブストーリーの中で五本の指に入る名作だ。『アンカーウーマン』もすばらしい作品。最近では『アイ・アム・サム』(相当泣ける感動作らしい)で女性弁護士役で出ているのだが,僕は観ていない。子供と動物が主役の作品は感動させようという演出がミエミエであまり好みではないからだ。学生時代に好きだった30代前半のミッシェル・ファイファーの美しさは忘れられないが,その後,歳をとっていく中で,自分の良さをうまく表現してくれる映画をチョイスし,確実にキャリアを積んでいる彼女はやはり素晴らしい女優だと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.10

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

スピルバーグ監督のこの作品,映画館には観にいかなかった。『A.I』『マイノリティーリポート』とハズレの作品が続いたからあまり期待してなかったのだ。今回はスカパーで観た。
予想に反して良い作品だった。トム・ハンクス,ディカプリオという演技派の共演が目玉だ。ディカプリオは演技が下手だとの声もあるが,僕はそう思ってない。トム・ハンクスは語るに及ばず。
テーマは『家族愛』。ディカプリオ演じる主人公は,負債のため離散した家族を元どおりにしようと,小切手詐欺を思いつき,大胆な手口で犯行を続ける。それを執拗に追いかけるFBIがハンクスの役。ディカプリオの主人公は,詐欺で騙した彼女と本気で結婚して家庭を作ろうとしたり,毎年クリスマスイヴにハンクスのFBI捜査官に電話をかけたりする。自分が無くした家族愛を取り戻したいのだ。追いつ追われつの逃走・捜査を繰り返すうちにハンクスとディカプリオの間にも『家族愛』のようなものが芽生える。ラスト近く,社会復帰したディカプリオは再び逃走しようとしたのだが,ハンクスに見つかる。だが,ハンクスは捕まえようとしない。ディカプリオが必ず戻ってくるという自信と確固たる愛情があったからだ。本当の意味でハンクスが亡くなったディカプリオの父親代わりになったわけで,このシーンにはジンとくる。そしてディカプリオは戻ってくる。自分を愛してくれているハンクスの元へ。ここでまたキュンとくる。
スピルバーグはこういう人間愛をテーマをこつこつと描ける人間性豊かな監督だったのだ。これからも,SFX作品だけでなく,こういうシンプルでも感動できる映画を作ってほしいと願う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.08

チアゴ実は使えない!?

今日会社をたまたま休んだのだが,吉田が雪で使えなかったためなのか,サンフの練習が広スタになったようなので練習見学に行った。(ウチは広スタに歩いて5分,てゆうか去年アパート引越す時にJ2では広スタでのゲームが多かったので通いやすいように今のアパートにしたのだけれども)
今日は
・インターバル走
・パスゲーム
・ミニゲーム
だったのだが,怪我の大木と西村の他にサンパイオとチアゴは別メニュー調整だった。
チアゴはインターバル走等の地道な練習が嫌いなのか??それとも足の怪我がTMで悪化したのか?もう開幕まで5日しかないのに…。せめて前者であってほしい。しかし,前者だったとしても困ったものだ。チアゴは悪いヤツじゃない。宮崎キャンプの時も,今日もサインを貰う時でも気さくに応えてくれる。性格は良さそうだが。しかし,土曜日に90分プレイした選手(これは58分の間違いでした。田村と途中交代していました)が,大きな怪我でもないのに大切な開幕戦を前にコンビネーションを目的としたチーム練習をしないとはどうゆうことだ?『俺は練習しないでもJのレベルなら出来るよ』と考えているようだと困る。チームの10番を背負っているという自覚がないのではないだろうか。サンフの10番というのは日本代表のFWが付けてきたエースナンバーなのだ。なめてもらっては困る。サンパイオの代わりは有望な若手達が控えているので誰かができる。(いないとしても6月までに育てなければならない)。しかし,チアゴの代役は今のところいない。それが心配なのだ。
チーム全体のパフォーマンスは宮崎キャンプ時と比べて確実に上がってきている。今日のミニゲームでは,怪我するんじゃないかと心配になるくらい激しいゲームをみんなやっていた。そんな時に10番はいない。『チアゴはやっぱり使える』と思わせる働きを開幕戦で観せてほしい。そして,普段の練習の時でも。

昨日のイベントと今日で,レプリカユニに浩司と卓人以外の全選手のサインをもらった。だけど7番のユニなのに,肝心の浩司のサインがない。転勤まであと3週間。仕事の引継も引越もあるし,浩司が代表から帰ってきても,もう吉田まで通う時間が取れないかもしれない。広島での思い出として,7番のユニに浩司のサインがほしいな(切実)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.07

イノセンス

あのマトリックスに大きな影響を与えたという名作(らしい)『攻殻機動隊』の続編。ちなみに前作は観ていない。でも,アニメ界では,監督の押井守という人はすごい人らしい。で,何の予備知識もなく観た今作,全く分からない。何を観ている側に伝えたいのか,理解不能だった。絵はすばらしく綺麗。製作費はなんと30億円とか。絵が綺麗なのもうなづける。しかし,30億円使ってこの出来では,無駄金の垂れ流しではないだろうか。興行収入60億円を目指すらしいが,とても一般人に認められる映画ではない。こんなこと言ってたら,押井監督のファンに総スカン食らうかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

開幕告知イベント

また雪だよ~。何か俺悪いことしたかな。で,レプリカユニ持ってサインもらいに走り回りました。このレプリカユニは着ないで飾っとこうかな。でも,浩司の7番のユニだから,浩司のサインをもらわないと完成にならない。しかし,もう今月で僕は転勤で,平日吉田にはいく機会がないし,何か方法ないかな。試合のあと,バス出待ちしてればもらえるんだろうか。コアサポの方,何かよい方法あったら教えて下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

TM対C大阪戦,2-1

ようやく最後のTMで初勝利。チアゴ2得点。やはり『頼りになる』ということだろう。結果が出てよかった。チアゴ本人にとっても開幕を控えて自信になったことだろう。
システムはやはり3-5-2。松浦がやはり右サイドで使われていたようだ。開幕戦もこの布陣でいくのか?
ところで,小野監督が『サテの試合で90分試したい』と考えていた選手は誰だったのだろうか。開幕戦はサブも含めこのメンバーとなる可能性が高い。誰が割り込んでくるのか。小野監督は井川の右サイドという考えも捨てきれてないようだ。先日観戦した紅白戦では,ポジション取りや上がり下がりのタイミングに戸惑っていたようで,井川の3バックでの右サイドはあまり実戦では通用しないと思うのだが。1st.を使っても慣れさせるつもりなのかもしれない。
昨日のスーパー杯横浜対磐田を観た。やはり磐田のパスサッカーは美しい。攻守の切り替えも速い。このレベルとウチでは力の差は歴然。今のままでは優勝争いに加わるのは不可能と思われる。kasaさんが指摘していたようにチアゴの代役の育成も必要だ。また,3-5-2で浩司が帰ってきた時に,浩司をどのポジションに置くかも課題となる。個人的には,カズがトップ下での覚醒に期待しているので,浩司の位置付けが難しい。4-4-2の左サイドで使うのか。それでは浩司の決定力が活きない。では4-3-3のシャドーストライカーとして使うのか。浩司の位置付けもチームを完成させる意味では大きな課題となるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.06

吉田大雪,サテ試合中止

市内を出るときは,曇りだったのだが,北上するにつれて雪が降り出した。まさか…。予感は的中。吉田は大雪。グランドには5cm以上雪が積もっていた。せっかく吉田まで行ったのに,サテの試合は中止。半泣きで市内に戻る。と,なんと市内は快晴。恐るべし,吉田。4月に転勤する僕にとっては,おそらく最後のサテ観戦だったのに…。残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラブアクチュアリー

前評判の高い映画で,とても期待して観にいった。
9つの恋物語が同時進行しながら,最後にそれぞれがそれなりのハッピーエンドを迎える。やはりラブストーリーはピーエンドが観ていて心地よい。オープニングシーンがラストの感動場面に繋がるという伏線も効いている。
僕は男の子の初恋エピソードと,親友の花嫁に恋してしまうというシャイ男のエピソードが好き。男の子が空港内の警備を突破して好きな女の子に告白するシーンにはキュンときてしまった。
ただ,期待しすぎていた分,感動は今ひとつだった。いい映画だったことは認める。せめてクリスマスのシーズンに観たら,また,クリスマスに対するイギリスの慣習などに精通していたら,もっと楽しめ感動できたのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

U23日本対UAE,2-0

いや~,今日もハラハラドキドキの試合でした。UAE強いわ。前半のクロスバーに当たったシュートが入っていたら,ボロ負けになった恐れもあった。スタミナが最後まで切れなかったのが勝利の要因。田中達MOMの活躍。彼のスピードが最後まで落ちなかったから2得点に繋がった。
正直,負けると思っていたので,運が味方してくれた部分もあるが,これでホームで有利に戦えるようになった。
さて,登録選手の交代はあるのか。前田→大久保はあるだろ。浩司が累積出場停止の穴は誰が埋めるか。成岡をそのまま使うのか。サンフサポ的には浩司→根本でOKなんだけど。鈴木は今日2枚目もらったの?まさか青木→カズはないでしょうね,山本監督。それだけはご勘弁を。
もっとコンパクトなサッカーしないとダメ。中盤でボール繋ごうよ。ロングボール禁止。トゥーリオのはちゃめちゃオーバーラップも禁止。何で石川を使わないんだろう。今日の試合は受けて立つ展開になっただけにアウェイとはいえ,消極すぎる采配ではなかろうか。おかげでレバノン戦で機能した右サイドからの攻めが今日は少なかった。おかげで左の数少ない浩司のプレイが光ってみえたけど,それはサンフサポだけの喜び。真ん中でボールキープできない時間帯は危ないくらい押し込まれていた。
運の強い人だ,山本監督。でも,インタビューで泣くなよ。ホームでは無様な試合はしないでね。あと,カズは呼ばないで。マジで。ウチにとっては死活問題ですので。

| | Comments (50) | TrackBack (0)

2004.03.05

HF休刊の知らせ

朝起きてメールを開いてみると,HF休刊のお知らせが届いていました。
突然のHF休刊の知らせに,正直驚きを隠せません。
が,これだけの情報量を毎日私達に届けるために要する中野さんへのお身体への負担や精神的ストレス等,私達の想像以上のものがあるのだろうと考えると,とても寂しいですが,休刊もやむなしなのかな,と自分に納得させたいと思います。
折りしも,自分が東京に転勤が決まり,広島を離れることになって,より一層,HFや紫熊の存在価値・ありがたさが身にしみて感じられていただけに,本当に残念でなりません。

ただし,私が,ライター中野和也の大ファンであることに変わりはありません。
今後も中野さんが執筆される媒体等には必ず目を通し,または購読していきたいと思います。そういう意味で,HFブログ等の何らかの手段を通しての執筆媒体の告知・お知らせ等は是非続けて頂きたいと思います。
どうかよろしくお願い致します。

また,これは購読者数の大幅な増加が必要だとは思いますが,紫熊倶楽部の隔週刊化復活も目標に入れて頂ければと願います。
中野さんほど,サンフを愛し,その思いを文章で伝えてくれるライターは他にはいないと思います。そういう方の気持ちの入った文章を私達は読みたいのです。一般向けのTV・新聞等とは違う存在価値がそこにはやはりあると思うのです。

しかし,何よりも大切なのは,中野さんのお身体です。ほぼ毎日の取材・出張等が身体に与える負担というものは,実際,過労で身体を壊した私には痛いほどよくわかります。毎日届くのを楽しみにしていたHFが休刊になるのは寂しいことですが,その分,別の媒体へライター中野和也の思い入れ・魂をぶつけてほしいと願います。その媒体を私は必ず購読し,中野さんを応援し続けます。

今回のHF休刊を中野和也がより全国的にメジャーなライターになるステップだと信じて,私は中野和也を応援し続けます。

中野さん,本当に長い間お疲れ様でした。また,ありがとうございました。
来年2月までの日々のHFをこれまで以上にありがたい思いで熟読したいと思います。
そして是非,サンフレッチェ,広島を超えてメジャーなライターになって下さい。
本当に心の底から応援しています。中野さんとお知り会えたことが,周りの者に自慢できるようなすばらしいライターになって下さい。
今後の更なるご活躍を期待しております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.04

カズ,覚醒間近か?

練習後,インタビューを受けるカズを見た。なんかずいぶん大人になった印象。目の色が明らかに違う。覚醒間近か?カズが名実ともにチームの中心となれば,サンフの未来も明るい。頑張れ,カズ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

茂木の低迷

茂木,小野監督から信頼を得ていない。今日もBチーム。おまけに途中出場。実際,動きも今ふたつくらいの出来。どうした,茂木。ここで壁につきあたっている場合ではないぞ。覇気を見せろ。眞中を超えてみろ。10番の系譜を継ぐ男なのだろうが。本人の自信がかなりぐらついているようだ。この分だと田村に期待した方がいいかもしれない。茂木,頑張ってくれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サンパイオととの様

サンパイオと外池。どっちが使える。現状,やはりサンパイオの勝ち。とにかく視野が広い。プレイに選択肢が多いしゆとりもある。展開力がやはり上。ただし,J1のスピードにその運動量がついていけるかは少し疑問あり。小野監督の中では,ハンジェはボランチとして確定のようだ。6月まででサンパイオを切るか,契約を延長するかの決断をしなければならない。ちなみに宮崎の京都戦では消えている時間が多かった。これが僕の危惧する理由になっている。洋次郎に多くを期待するのは酷だろう。やはりここは外池に頑張ってもらわなければ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チアゴ使えるぞ!

雪の吉田に練習を観にいった。紅白戦が行われた。
(たぶん)レギュラー組
FW:チアゴ,眞中
MF:服部,,サンパイオ,カズ,ハンジェ,松浦(→佐藤→井川だったっけ?)(カズがトップ下)
DF:吉田,リカルド,小村
つまり,3-5-2。おそらく6日のセレッソ戦はこの布陣で臨むと思われる。
試合はレギュラー組がサブ組を圧倒。だから,これで調子が良い,とは簡単に言えない。サブ組のレベルと完成度が低いからだ。確かにレギュラー組はコンパクトに守れていたし,中盤も支配していた。3バックは大きな破綻は無く機能していた。カズからは何本も前線にいいパスが出ていた。これがセレッソ相手に出来るか,が問題だろう。
ただ,今日の最大の収穫。『チアゴは使える』。ポスト役をきっちりこなすし,足元も柔らかいこなし。縦への突破のスピードもあるし,もちろんヘッドも強い。今日も3ゴール(だったかな)当たり前のようにあげていた。今日はチアゴを観にいったようなものだったので,この出来には大満足。マルセロと違って一人で勝負できるところも心強い。これでチームにフィットしてくれば…かなりの得点力が見込めるのではないだろうか。
ただ,課題としては両サイドMFが思ったほど機能していなかったこと。コウタも一列上がった割りにはクロスが少ない。右サイドは誰がやるのか。松浦はおもしろい。スピードを活かした縦への思い切った突破に期待がもてる。ちょっとしたジョーカーになるかもしれない。
朗報;セットプレーの練習時に駒野がキッカー役で左右から鋭いボールを蹴っていた。復活は近いぞ。無理せずに最後,ゆっくり調整してほしい。
ただし,チームとしての完成度はまだまだ。1st.はかなり苦戦しそうだ。偽らざる実感。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

代表7人,キャバクラでご乱交(続き)

実際の週刊誌の記事を読んだ。なんだこりゃ。久保っちが一番の大悪党に仕立て上げられてる。誰じゃ,こんな記事書いたのは!許さん!マスコミってのは全くちょっと有名になると,その選手を片方で持ち上げて,もう片方で足引っ張ろうとするものなのな。大久保も犠牲者か。ま,田舎のキャバクラなんかにいったこの連中が悪いんです。もっとええ店使え。久保にはいいお灸になったでしょう。いや,なってくれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

U23日本対レバノン,4-0

ま,順当勝ちってところじゃないでしょうか。スコアも含め。逆にこれくらい当たり前にやってもらわないと困る。
平山って本当にすごいヤツだな。視野も広いし,判断も早いし,ボールの受け方もいい。本当にA代表でも使えるかもしれない。
平山,田中達,石川はこのチームの核だね。やっぱり石川はスタメンで使うべき。
今日の浩司は見せ場なかったね。石川の黒子役ってところか。もっと前行っていいと思うんだけど。あそこでバランス取りにいくのは性格かな。矯正させんといかんな。
とにかく次のUAE戦でどんな試合ができるか。引分けOKと思うが,いかが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.03

サンフ励ます会・各選手のコメント

基本的に質問は,『今年の目標について一言お願いします』です。
<茂木選手>
とにかく試合に出て得点にこだわりたい。(何点を目標に?)それはわからないですね。
<大木選手>
とにかく早く怪我を直して試合に出たい。(頑張って点ガンガン獲ってください)はい,頑張ります。
<八田選手>
今怪我してるんで,早く直して試合に出れるようになりたいです。
<駒野選手>
怪我を治して完全復帰して,チームの一員として頑張りたいです。(五輪もありますよね?)それはまた別です。
<森崎和幸選手>
点獲れるよう頑張ります。(何点くらい?)それは…とにかく頑張ります。
<眞中選手>
とにかく1点でも多く点を獲って,1試合でも多くでることです。
<吉弘選手>
早く試合に出れるように頑張りたいです。
<外池選手>
サポーターの方達にスタジアムに来てもらって,サポーター達と共に戦って喜びを分かち合えるよう楽しめるよう頑張ります。
<井川選手>
全試合出場です。
<大久保選手>
去年は(トップの)試合に出れなかったので,その思いをもう1年しないようトップの試合に出れるよう頑張ります。
<田中選手>
今年はJ1にも上がったんで,とにかく試合に出ることです。
<木村選手>
サポーターの皆さんがわくようなプレイをしたいと思います。
<松浦選手>
とにかく多く試合に出て点を獲ることです。(何点くらい?)それはちょっと…去年より多く獲りたいです。
<高萩選手>
リーグ戦で5試合以上出ること。代表でアジア予選があるので頑張りたいです。
<田村選手>
とにかく試合に出れるように頑張ります。(トップで点いっぱい獲って下さい)はい,頑張ります。
<高木選手>
とにかく試合に出ることです。点も獲りたいです。(何点くらい?)まず1点,です。
<中山選手>
とにかくゲームに出ること。結果としてゴールを獲ること。とりあえず5点以上,できれば二桁を目指します。
<服部選手>
一試合,一試合一生懸命やります。(代表も狙いたいですね?)はい,一生懸命頑張ります。
<リガルド選手>
やるからにはいつも優勝を目指していますから,今年も優勝を目指します。(通訳してもらいました)
<リ・ハンジェ選手>
試合に出るというよりも,目標はレギュラー。レギュラー獲ります。
<河原選手>
トップに定着できるよう頑張ります。
<青山選手>
一日も早くトップの試合に出てチームに貢献したいです。
<西村選手>
J1の試合に出て得点を狙いたいです。
<佐藤選手>
チームがひとつでも多く勝てるように頑張ります。(アシストとか期待してるんですが?)はい,狙います。
<吉田選手>
チームがいい方向にいくように,良くサポートしていきたいと思います。
<下田選手>
2nd.ステージで優勝争いができるよう,1st.ステージからしっかり頑張っていきたいです。
<小野監督>
去年J2で苦しい戦いが続いたのに1年で昇格できたのはサポーターの皆さんの応援のおかげです。本当にありがとうございます。3年で優勝争いをするチームにすると言った2年目,一番大事な年になると思います。頑張りますので今年も応援よろしくお願いします。
<久保社長>
1st.ステージは多少もたもたするかもしれませんが,2nd.ステージは5位以内を目指すのが目標です。ご声援のほどよろしくお願いします。

小村,サンパイオ,チアゴ選手のコメントが取れませんでした。残念。
基本的にウチの選手達はシャイで若手は本当に一言しか答えてくれませんでした。もっとボキャブラリー増やすように。茂木もっと欲を持て。キムタツやっぱカッコええ。洋次郎カワユイ。カズ,浩司がいないのでサンパイオと並び,抜群の人気,サイン責め。コメント取れてラッキーでした。
みなさん,本当にありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.02

サンフ励ます会

初めて行きました,励ます会。平日にあるんで仕事で今まで行けなかったんだよな。
なんと約500人集まったそうです。しかも,財政会の背広組のオジサマ方が多かったあ。必死で選手にサインねだってたな(孫のためらしい)。その勢いで毎試合部下をたくさん引き連れても観にきてね。
で,僕は飯も酒も飲み食いせずに,デジカメ片手に選手達のコメント集めに走り回りましたあ。いやあ,ウチの選手達,謙虚というかシャイというか。もっとカメラ向けられたら喋るようにね。吉田選手が宮崎激励ツアーの交流会での僕のこと覚えてくれていて感動でした。ハンジェが『今年は絶対レギュラー獲ります』と力強く宣言していたのが印象的でした。それにしても,目標は?という質問に対して誰一人『優勝です』と答えなかったのはなぜ?メンタルトレーニング足りないんじゃないの。『試合に出る』ことが目標じゃあ小さすぎるよ,若者達よ。
コメントもらった中で,一番丁寧にそして長く応えてくれたのが小野監督でした。『3年間で優勝を目指すチームになるための2年目,そういう意味で頑張ります!』力強く宣言してくれました。一ファンのデジカメにあんなに紳士に応えてくれる人間性に感動しました。すばらしい人だと再認識しました。
僕は4月から東京に転勤で,もうホームの試合を皆勤することはできないけど,今日来てくれた500人の人達が,ひとりでも多くの友人や知人を連れて,広ビで応援してくれることを願います。
開幕戦は3万人の動員を目指している,と久保社長は言ってました。まだまだ営業努力足りないぞ。頑張れ。
今日,監督・選手のみんなからもらったコメントのビデオは宝物にします。広島での最後のいい思い出のひとつになりました。ありがとうございました。

後書:U23のため浩司と卓人のサイン・コメントをもらえなかった。もう二人のサインもらう機会僕にはないなあ。浩司のレプリカユニに浩司のサインを書いてもらえない。残念だ。やっぱり広島離れたくないなあ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

代表7人,キャバクラでご乱交

やってくれましたねえ,久保っち。あんたもう広島の田舎の選手じゃないんだから,もっと自覚持たないと。由季ちゃん泣かせるようなマネはするな。久保には『サッカー界のあぶさんを目指せ』と言いたいところだが,キャリアを少しでも長く続けたいのなら,酒は自制しろ。マスコミはこんなネタ,面白おかしくしか書かないぞ。奥様からしこたま怒られている姿が目に浮かびます。これでまたひとつ,大人になれたね。お笑いネタですませてくれよー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

U23日本対バーレーン

予想どおりの結果というか,点獲れない気がしてたんだよな。相手のロングボール戦術に合わせてはダメなんだよ。もっと中盤つないて両サイドに展開しなきゃ。前半,浩司がサイド際に張り付いていたのは山本の指示か。後半,下がったのは石川が上がるからバランスとるための指示か。攻撃的に使うために浩司なんでしょうが。一体どうしたいの?どっちにしても今日のようなサッカーではどこにも勝てんよ。カズのタメ,やっぱ必要でしょ。カズなら両サイドうまく使えるのに。ま,このUAEラウンドはとにかく最悪引分けて帰ってくることですな。日本帰ってきてこんな試合したら許さんからな。
結論。このU23はこのままでは五輪にいけません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.01

サンフ励ます会(前日)

TM惨敗続き,本当の『励ます会』になってしまいました。だけど楽しみにしています。宮崎激励ツアーでは選手のサインもらいまくったんで,今度はビデカメ持っていって,選手の生コメント集めてみようと思います。さて,シャイなウチの選手がどの程度応えてくれるのか(ちょっと不安)。でも,テープも替えバッテリー(これが目玉飛び出るほど高かった)も買ったので,ガンガン撮るぞ~。小野監督には語ってもらいます,絶対。『目標は残留です』なんて言った日には,許さん…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2004 | Main | April 2004 »