« 世界の中心で,愛をさけぶ | Main | 1st.対C大阪戦,2-1(スカパー観戦) »

2004.05.09

1st.対浦和戦,0-0(ビデオ観戦版)

ビール飲みすぎて寝てしまった試合。寮に帰ってみるとビデオ録画できている。ラッキー。ありがたく観る。
10分,浩司から右の駒野へ,駒野駆け上がって中央のチアゴへパス。惜しくも合わず。今日の駒野もいい。15分,左サイドカズから右サイドの浩司へロングパス。浩司シュート撃つもクロスバーの上。レッズは相変わらずサッカーが単純。ボール奪取したら,トップ2人にロングパスの戦法。但し,サンフ,サントス平川の両サイドを完封。チャンスを作らせず。30分,左サイドのカズから右の浩司へロングパス,浩司シュートも枠をとらえず。35分,駒野左サイドからFK,惜しくもGKに阻まれる。42分l,中央の浩司から中央のカズ,シュート撃つも外れる。45分,服部からクロス,チアゴ,ヘッドも左隅,GKナイスセーブ。前半終了。サンフ押し気味。両サイドは完封している。田中達,エメルソンに仕事させていない。
1分,田中達シュートも下田正面。サントス,サイドで勝負できないので中に入ってくる。3分,エメルソン左サイド突破もリカルド落ち着いてCKへ逃げる。レッズ中央でトップがボール受けられないので,両サイドに2人が開く形。5分,田中達,DFと接触し,怪我,退場,長谷部イン。9分,ハンジェ,イエローもらう。次節出場停止。10分,鈴木啓太PA外からシュート撃つも枠を外す。サンフDFラインの押し上げ効いている。エメルソンに仕事をさせない。12分,チアゴ中央でボールキープ,ドリブルで突破,シュート撃つも右へ外れる。16分,サントスFKを下田触ってCKへ逃げる。18分,左サイド平川中央へクロス,惜しくもエメルソンに合わず。吉弘ナイスマーク。18分左サイドから浩司へ,浩司チアゴへパス,チアゴドリブル突破,シュートも右へ外す。このあたりから浦和の両サイド機能しだす。サンフ中盤での守備があまくなってボール奪取できない。28分,エメルソン,ヘッドも枠を外す。30分,中央でカズ,ボールカット,浩司にパス。浩司シュートも左に外す。35分左CK,ゴール前でチアゴ合わすも惜しくも右枠外。36分吉弘→田村。4バックへ。35分田村右サイド切り込んで左足シュートもDFに阻まれる。この後,サンフ攻め込むシーンあるも,ゴールあげれず。
エメルソン,田中達を抑えたことには自信を持っていい。特に吉弘の頑張りは賞賛。逆に攻撃はツインズの息は合っているのだが,ツインズとチアゴの関係が今ひとつ。ハンジェかサンパイオの押し上げ,攻撃参加がもっとほしい。今回は勝てなかったが互角以上の試合をした。ベストメンバーがそろい,それだけの試合ができるようになった。また,吉弘等の若い選手の台頭もある。勝ち点1は悲観することはない。るめさんも書いていたが,J2では引分は負けに等しいが,J1では勝ち点1ずつでも積み上げていくことが大切。このサッカーを信じて続けてほしい。
もちろん,この試合は次節セレッソ戦を観た後での観戦だ。システムをどうするかは大きな問題だと思う。カズをどのポジションで使うか。これが小野監督の真価が問われる采配になるだろう。

|

« 世界の中心で,愛をさけぶ | Main | 1st.対C大阪戦,2-1(スカパー観戦) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/562580

Listed below are links to weblogs that reference 1st.対浦和戦,0-0(ビデオ観戦版):

« 世界の中心で,愛をさけぶ | Main | 1st.対C大阪戦,2-1(スカパー観戦) »