« オーシャン・オブ・ファイヤー | Main | ニューグッズペットボトルケース »

2004.05.05

スクール・オブ・ロック

梅田OS劇場。
明日のセレッソ戦観戦のため大阪に移動。何を観るか悩んだ末に梅田駅から一番近い映画館であったこの作品を観る。
主演はジャック・ブラック。洋楽に疎い僕にはこの人のロック界における地位が全くわからない状態で観た。
物語はアマチュアバンドをクビになったダメ男主人公が,先生として小学校に潜り込み,小学生達にバンドを結成させてコンテストの賞金を狙おうとするお話し。ダメ男がノリの良い純粋な小学生達と接するうちに輝きを取り戻していく。軽いギャグがジャブのように続き,大いに笑わせてくれる。結局,学校や親達にこの企みはバレて,主人公は元のダメ男に逆戻り。だが,この小学生達は大人達より大人。ダメ男をまたステージに引っ張り出し,自分達も満場の観客の前で演奏し喝采を受けるという夢をかなえる。そして主人公と小学生達のバンドはメジャーへの道を進むことになる。といっても,上昇欲があるわけではない。単純にロックが好きでバンドを続けていくのだ。
あまり深く物事を考えずに単純に笑わせてくれる作品としてはとても好感がもてる作品だった。ただ,学校と親にバレて元のダメ男に逆戻りのくだりはもうひとひねりほしかった。ちょっとストーリーが読めて笑いもなくゆるい時間帯になった。ま,こういう単純に,『好きだから好きなものは好き。それの何が悪いの?』と言い切ってくれる作品があってもいいと思う。

|

« オーシャン・オブ・ファイヤー | Main | ニューグッズペットボトルケース »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/540369

Listed below are links to weblogs that reference スクール・オブ・ロック:

« オーシャン・オブ・ファイヤー | Main | ニューグッズペットボトルケース »