« ニュータオルマフラー | Main | 離婚弁護士 »

2004.05.05

1st.対C大阪戦,2-1

今日は長居初観戦。これまでの3度の失敗(途中で寝る)を克服するため,どうしたらよいか考えた。メモを取りながら観戦することを考えたが,僕はプロではないのでメモ取ってる間に決定的瞬間を見逃してしまう恐れがある。そこで,ICボイスレコーダーを買うことに。これにしゃべりながら観戦すれば,集中して寝ないだろう。梅田駅近くのヨドバシカメラで衝動買い。今月はHDDカーナビも買ったし,カードの残高大丈夫かな。定期預金一個解約せんといかんのではないだろうか。とにかく長居に向かう。長居の地下鉄の駅を出て5分歩くと競技場が見えてくる。美しい。さすがW杯会場だ。今日は雨の心配もなくいい天気だ。会場につき,誓いも忘れ,すぐビールを買う。ボイスレコーダーの取説読みながら飲む。うむ,操作は簡単だ。なんとかなりそう。とか言ううちにあっという間に3杯飲む。念のため,試合開始前に携帯ラジオの目覚ましを開始時間にセットしておいたが,大丈夫だ。今日は練習もちゃんと観れた。太陽が雲に隠れる。暑すぎずもなく丁度いい天気だ。
試合が始まる。今日は3-5-2。2トップにチアゴと田村だ。開始直後から駒野のクロスからチャンスが生まれる。今日はやってくれそうだ。駒野,積極的に攻めあがっている。9分,田村キープし,駒野シュートもゴールキーパー正面。右サイドではこれまではめったに観られなかった形だ。セレッソにも決定的な形が何回か生まれるが,全体的にはサンフがボールを支配している。20分を過ぎた。今日は勝てるのではないか……この辺から眠くなる。手に持っていたボイスレコーダーを落とす。居眠りしだした。26分(くらいだったと思う)。左サイドでFK。駒野が蹴る。この瞬間,目がボイスレコーダーへ。その後,歓声。ゴールだ,見逃した。直接入ったのか?スタジアムのアナウンスはカズのゴールと言っている。とにかく待ちに待ったゴール。今日の調子なら勝てる。…そう思った後,記憶が途切れる。また寝てしまったのだ(大あほ)。
目が覚める。エンドが替わっている。後半始まったばかりだ。よかったあ。スコアも1-0のまま。歓声で目が覚めなかったということは,セレッソにはチャンスらしいチャンスはなかったようだ。またボイスレコーダーを握り締め,今度こそ寝るまいと観戦しだす。5分,いきなり森島がフリーでシュート。下田止める。駒野・カズ・浩司がチャンスメイク,前線へボールを送る。チアゴシュート入らず。田村は消えている。浩司のシュートも左へ外れる。2点目がどうしても入らない。ペースは相変わらずサンフ。サンフは2トップを眞中・松浦へチェンジし,守備重視の布陣となる。この30分前後からDFラインが下がり出し,だんだんセレッソにチャンスが生まれだす。41分,フリーでゴール前でヘッド撃たれるも下田ナイスセーブ。43分,相手左からのクロスに徳重に合わせられて同点。マークがずれていた。あと2分だったのに…。安易な失点だった。今日も引き分けか。と思った45分,右サイドでフリーでボールをもらった浩司,そのままドリブル,迷わず左足でシュート,綺麗にゴールが決まる。2-1,勝ち越し。去年の最後の水戸戦を思い出すような劇的なゴールだ。そのまま試合終了。今季ようやく初勝利,勝ち点3を奪取。最下位攻防戦に勝利し,ひとまずセレッソに水をあける。やはりやってるサッカーは悪くない。今日ようやく結果がついてきた。駒野のサイドが機能し,服部だけの片翼だけの攻めでなくなった。十分J1で戦っていける戦力になったと思う。問題はFWに得点がないこと。今日の田村はあまりよくなかったが,チアゴは決定的なチャンスを今日も外しまくっていた。1点獲れればブレイクするかもしれないが,このままではチームとしても苦しい。勝ち続けるためにはチアゴのブレイクがどうしても必要だ。システムも今日のように3-5-2でいくのか。理想の4-3-3でいくのか,まだ考慮の余地はあると思う。今日の出来だと,3-4-2-1の浦和戦と大差なかったように思う。ただ,やはりカズが中盤にいるとボールが落ち着き展開力も上がるのも今日の試合で分かったこと。しかし,カズの攻撃力を捨てるのはもったいない。カズ,今日もサンパイオの後ろでプレイする機会が多かった。浩司をどのポジションで使うかでカズの扱いも変わってくる。浩司が今日のゴールで覚醒してくれれば…。システムは次節小野監督がどう考えるかだ。
ボイスレコーダーという武器を得たので,局面局面のシーンは記録できるが,反面,ボールばかり追いかけて全体的なゲームの流れ(押されてる,とか布陣が間延びしてるとか)にあまり今日は目がいっていなかった。次回観戦の反省点としよう。何よりも途中で寝ないこと。本当に試合前のビールはもうやめようと固く心に誓う(これが固くないのが問題なんだよ…)。
寝てた間にセレッソに退場者がでていたようです。後半,人数差気付きませんでした。反省。

|

« ニュータオルマフラー | Main | 離婚弁護士 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/545681

Listed below are links to weblogs that reference 1st.対C大阪戦,2-1:

« ニュータオルマフラー | Main | 離婚弁護士 »