« 恋愛小説 | Main | 1st.対新潟戦,1-1(やっとビデオ観戦) »

2004.07.25

アジアカップ日本対タイ,4-1

結果は快勝。でも,内容は大苦戦の試合だった。
日本,前半から内容よくない。引いた相手に俊輔+ボランチ二人は両サイドやFWにボールを供給できない。逆に攻守の切り替えが早いタイにカウンターを食らって先制される始末。すぐに俊輔のFKが決まって同点に追いついたが,最悪でも引分けを,と願うほどの悪い出来だった。
後半,システムを4-4-2に代えて,本山,小笠原を投入。ここから流れが変わる。実質2バックのような布陣になり,中盤が厚くなる。これでやっとボールが回り始める。セットプレイから3得点。中澤が逆転とダメ押しのゴール。引いた相手にはこれしかないという勝ち方だった。これで日本は決勝トーナメント進出決定。
とにかく前半の早い時間で俊輔のFKで追いつけたのがよかった。この試合の流れの中での俊輔の出来自体はよくなかったが,FK,CKはやはり大きな武器になることを証明した試合になった。逆を言えば,俊輔の課題が浮き彫りになった試合という訳だが。やはり,俊輔をサポートする誰かが必要。この試合では小笠原だった。俊輔一人では苦しい。特にタイ相手にこんなに苦戦するようでは。そういう意味では,後半の4バックが機能したのは良かった。だが,これも相手がタイ相手だから,とも言える。イラン相手に機能するかどうかは疑問だ。3バックで守備を固めて僅差の勝利を取るか,4バックで攻撃に人をかけて大量点を狙いにいくか。ジーコはもともと4バックを標榜していたが,さて次戦はどうくるか。
課題はFWが得点出来てないこと。相変わらず両サイドが機能しないこと。流れの中で俊輔が攻守に効いてないこと。ボランチの攻撃参加が観られなかったこと。流れの中でFWが得点できないようだとこれからは苦しい。調子が良いとは言えない俊輔頼みのチームになっていることも不安のひとつ。決勝トーナメントで韓国と当たるようだと苦しい。とは言いながら,やはり勝ち続けてチームに自信をつけていくしかないわけで,次のイラン戦もなんとか勝利して,グループ1位抜けを狙うことが先決だろう。今日のMOMは俊輔ではなく,中澤に与えてあげたい。

|

« 恋愛小説 | Main | 1st.対新潟戦,1-1(やっとビデオ観戦) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/1043936

Listed below are links to weblogs that reference アジアカップ日本対タイ,4-1:

» 日本 4-1 泰国 〜おがサワーらの適正 [マイナスオーラ!]
ビバ小笠原! ←カシマスタジアムで売っているサワー、 「おがサワーら」。 さすが茨城県民は ダジャレを一つで終わらせるようとはせず、 その上に小さ... [Read More]

Tracked on 2004.07.25 at 06:53 PM

» 【Japan vs Thai】 進化を止めたチーム [旅は人生の道標]
またもや、格下のタイ相手に前半は大苦戦 もう代表の悪口を書くのは嫌なのだが・・・ このチームのスタートの悪さは何が原因なのだろう? 前半はと [Read More]

Tracked on 2004.07.25 at 07:13 PM

« 恋愛小説 | Main | 1st.対新潟戦,1-1(やっとビデオ観戦) »