« サンフ,夏季キャンプ雑感 | Main | 今夜の横国 »

2004.07.12

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

新宿ジョイシネマ2。
アルフォンソ・キュアロン監督。ダニエル・ラドクリフ主演。
ハリ・ポタシリーズの第3弾。僕にとってこのシリーズは,あの分厚い原作本を読むのを省略する代わりになっている。とりたてて強い思い入れはないが,なんとなく観ておこうかな,という感じ。という訳で観て感動したい,といった目的で観ている訳ではない。大人も読む(観る)童話と割り切って観ている。
さて,今作,ハリーやその仲間達は魔法使いとして少しずつ成長していることを実感させてくれるストーリーになっている。ハリーの両親を殺しを手引きし投獄されていたシリウス・ブラックが脱獄し,ハリーの命を狙うという話。そのシリウスには実は秘密があって…。そして最後のどんでん返しに繋がるわけだが,ちょっとこのオチは安易すぎるのではないか。結局,ハリーはこの一件でどういう成長をとげたのかが,やや未消化なような気がする。相変わらず,特撮が自然に溶け込んでいて,魔法の世界を見事に表現してくれていてその点は評価できるのだが。このシリーズは一人の少年とその仲間達の身体と心の成長を丁寧に描くことを大切にしている。だから,この次も,その成長が観たいのだと感じるのだと思う。きっとなんだかんだ言っても第4弾も観にいくんだろうな。
ちなみにこのキュアロン,今作が初監督なのだそうだ。僕が酷評した『天国の口,終わりの楽園』の脚本を担当していたと聞いてどんな画になるのか不安だったが,その不安は良い意味で裏切られた。この人には才能がある。いい映画を撮る。今後の作品が楽しみだ。

|

« サンフ,夏季キャンプ雑感 | Main | 今夜の横国 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/954021

Listed below are links to weblogs that reference ハリー・ポッターとアズカバンの囚人:

« サンフ,夏季キャンプ雑感 | Main | 今夜の横国 »