« アテネ五輪,日本対パラグアイ,3-4 | Main | モナリザ・スマイル »

2004.08.13

U23日本対オーストラリア,0-1(やっとビデオ観戦)

会社が盆休みに入り,やっと7月25日の親善試合のビデオを観た。浩司がトップ下で,駒野が左サイドに入った試合。浩司,いけるじゃん。ピカピカ輝いていた。特に前半の半分過ぎから,後半ポジションチェンジするまでの時間帯の動きは文句のつけようのないもの。ポジショニング,パス出しのタイミング,質,どれもトップ下としてGOOD。あとはシュートがあれば完璧だった。浩司がトップ下の時間帯の方がチャンスが作れていたし,チーム全体のパス回しもうまく,シンプルに出来ていた。浩司自身がダイレクトでシンプルなパス出しを意識していたからだろう。やはり浩司はゴールに近い位置でプレイした方が輝く。松井との差は,単独での突破力がありトリッキーなプレイをするか,堅実なプレイをするか,というところか。チームプレイを考えれば,確実に相手をうまく使え,自分でゴールも狙える浩司の方だろう。この試合のビデオを観て,余計『浩司をトップ下で』という思いが強くなった。駒野の左は破綻はないし,浩司とのコンビプレイも問題ない。プレスキックを阿部が蹴らないなら,小野をボランチに下げて,浩司トップ下のダブル司令塔でいこうよ。それなら,浩司の左も活きる。必ずイタリアのゴールをこじ開けられる。なんで適材適所で使わないかな,山本監督。2週間前に合流したばっかりの小野に全部の役割をかぶせるかな。楽にプレイさせてやろうよ。その方が絶対チームのためだって。勝利のためだって。
もう一度言うけど,小野をトップ下として起用するなら,浩司との頻繁なポジションチェンジを希望。攻撃にアクションをつけよう。それが出来るのは浩司だけだよ。伊達にサンフでFWや右サイドまでやってるわけじゃないよ。絶対にいい仕事をするから。お願いします,山本監督。

|

« アテネ五輪,日本対パラグアイ,3-4 | Main | モナリザ・スマイル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/1186120

Listed below are links to weblogs that reference U23日本対オーストラリア,0-1(やっとビデオ観戦):

« アテネ五輪,日本対パラグアイ,3-4 | Main | モナリザ・スマイル »