« W杯一次予選,インド対日本戦,0-4 | Main | 2nd.対清水戦,0-3 »

2004.09.11

世界の中心で,愛をさけぶ(ドラマ,最終話)

いやあ,このドラマには毎回本当に泣かせてもらいました。よくあの本をここまでの世界に広げたな,と感心します。本当に毎回,涙ボロボロ流しながら観てました。サクとアキの悲恋だけじゃなくて,きちんと『生』と向きあい,『再生』していく過程を丁寧に描いてました。アキの骨を詰めたビンが割れてしまった時は,一体どういうラストになるのだろうって思ったけど,最終話できちんと着地させてくれました。これで本と映画で未消化だった部分が全て埋まりました。本と映画と比べても一番完成度が高いと思います。サクがアキのことをきちんと整理して新しい愛に目覚めていく姿に加えて,サクとアキの両親,とりまく人々の気持ちも丁寧に描いてくれました。だからこそ,サクとアキの想いがより高いところで昇華して,これだけの感動を与えてくれたのだと思います。久しぶりに見応えのあるドラマでした。たぶん僕の思い出に残り,また観たいとこれからも胸に刻まれるドラマになるのだと思います。ラストシーンも良かった。こんなに感動的なサクとアキの純愛物語に大きな拍手を贈りたいと思います。

|

« W杯一次予選,インド対日本戦,0-4 | Main | 2nd.対清水戦,0-3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/1407994

Listed below are links to weblogs that reference 世界の中心で,愛をさけぶ(ドラマ,最終話):

« W杯一次予選,インド対日本戦,0-4 | Main | 2nd.対清水戦,0-3 »