« 世界の中心で,愛をさけぶ(ドラマ,最終話) | Main | 2nd.対清水戦,0-3(続き) »

2004.09.12

2nd.対清水戦,0-3

日本平まで行ってきた。2年ぶりの日本平。2年前は雨の中でこぼこになったピッチの上で無念のVゴール負け。悔しくて泣きながら見上げた空に上がる花火が涙にうるんで見えたことを覚えている。今日はあの日の雪辱戦と思って観戦したのだが,結果は完敗。またも悔しい思いで花火を見上げることになった。
今日のサンフは3バックで来た。だが,立ち上がりからこの3バックはどこかおかしい。清水FWを捕まえきれなくて,ラインが簡単に崩れてしまう。清水はシンプルに中盤から両サイドへボールを供給。右の太田,左の高木に簡単に裏を取られる。カバーにリカルドが走るのだが,この時点で逆サイドががら空き。相手FWに誰もつけていない。決定的な場面を何回も作られた。清水のシュートミスに救われた。おかしなことで,戸田が退場になってからの清水が,やることがシンプルになってチャンスを作っていた。特に高萩のサイドを徹底的に突かれた。高萩,高木のスピードに全くついていけない。最初に高木に突破を許してから,守備の間合いが明らかにおかしかった。たぶん,高萩はパニック状態だったのだろう。右の太田もすばらしかったが,この高木という選手のスピードに今日はチンチンにやられた。結果,高萩は42分に西河と交代となり,サンフ4バックへ。高萩,無念。前半の最初はゴール前に迫る等,積極的な姿勢を観せていたのだが。結局この交代が今日の敗因と観る。前半は0-0で終わることが出来たが,清水に決定力があれば4点は獲られていた。サンフも前半序盤のチャンスを確実に決めておけば,戸田退場となったところで勝負がついていたのかもしれないのだけれど…。
後半立ち上がり,ベットからのロングパス1本で浩司が抜け出しシュートを外した場面が今日一番惜しかったシーンになった。まさかあれから一回も決定的な場面が作れないとは。浩司が右サイドに入ったことで,プレイエリアがゴールから遠くなってしまった。数的優位にあるのだから,浩司,カズ,ベットでパス交換しながら,局面打開出来たと思うのだが。今日は浩司の出来も今ひとつだった。とにかくサンフFWが全く怖くない。盛田は持てる力の全てでポストプレイをこなそうとしていたのは痛いほど分かる。だが,申し訳ないけどそれまでだ。彼はチアゴにはなれない。では,大木はどうか。今日の大木は『悪い』大木だった。全くボールに関われない。チームのみんなはまるで義務のようにマイボールになったらとにかく盛田に当てようとする。そこを狙われ,セカンドボールをほとんど捕られていた。大木がボールを呼び込む動きが出来ていたら,展開は変わったかもしれない。だが,当たりの厳しい清水守備陣の前に大木は埋没してしまう。なぜ大木に早く見切りをつけなかったのだろう。前を向いて個人技でシュートの撃てるFWを早く入れるべきだったと思う。4バックのラインは不安定。リカルドが右サイドに代わってからはそれが顕著になってしまう。小村,西河の作るラインは観ていて怖かった。リカルド,積極的に攻め上がるが,パスミスが多くカウンターを連続で食らう。まず吉田に代えてハンジェ。この交代の意図はよくわからない。それからやはり小村,西河のCBは小野監督から観ても怖かったのだろう。リカルドを落ち着かせる意味もあってと思うがリカルドと西河をまた入替える。しかし,リカルド気持ちの切り替えが出来ていなかった。自分でラインブレイクし,しかも致命的なパスミス。そしてファール,レッドカード,退場,PKで痛恨の失点。だが,まだこの時点では逆転可能だった。『大木を代えろ。田中を出せ』心の中で叫んでいた。でも,3枚目の田中のカードが切られたのはずっと後になってのことだった。結局,攻撃の形を作れないまま,終了間際に今度はカズのミスから2失点目を食らう。3失点目の時点では,もう選手達の集中力がキレていた。結局終わってみれば,0-3の完敗となってしまった。
今日の試合は,『自らの策に溺れた』敗戦と言えるだろう。まず,試合での入り方を間違ってしまった。清水の高木,太田にここまでやられるとは思ってなかっただろうが,3バックで試合に入った時点で,見極めの甘さが出たのではないだろうか。次に早々と高萩をあきらめてしまったこと。高萩にとっては今日は試練の試合となった。代表合宿から呼び戻してまで試合に使ったのだ。それをあの切捨て方では,高萩は潰れてしまう。あそこは,まず後ろを4バックにして高萩をサポートしながら攻撃の駒として残してほしかった。次に試合中のリカルドと西河のポジションチェンジ。思いとは逆にリカルドを必要以上に熱くさせてしまった。リカルドの自滅になったわけだが,リカルドだけのせいではないだろう。次に吉田とハンジェの交代。コウタは高萩を切ってまで,攻撃の核として一列前に残したはず。なぜあそこで下げてしまったのか。交代なら大木を代えてFWを入れてほしかった。最後に,最後まで大木に見切りがつけられなかったこと。あれならベンチにFW二人はいらない。誰が観ても大木がボールに絡んでなかったのは明らか。残り7分では,田中も結果の出しようもない。
今日,帰りのバスの中で清水サポの人とお互いのチームについて話ができた。『広島はFWがゆるい。負ける気がしなかった。』と言われた。ショックだった。1st.であれだけしょぼかった清水に完敗したのだ。でも,これは受け止めなければならない事実だ。これを改善し乗り越えていかないとこれからも勝てない。あらゆる手立てを尽くしながら,負けるべくして負けた今日の試合の結果は残りのシーズンを考えるとかなり悲観的にならざるをえない。このままでは勝てない。どのチームにも勝てない。大木,盛田に代わるFWを育てないと入替戦への指定席へまっしぐらだ。
育てるのか,勝ちにいくのか。いや,もうそんなことを言っている場合ではない。勝たなければならないのだ。小野監督は今その決断を迫られている。今日,ショックだったのは,勝ちにいって完敗したことだ。サポですらそうなのだ。選手達はなおさらショックは大きいだろう。いや,一番ショックなのは小野監督自身かもしれない。
来週は王者マリノス戦。久保とアンという強力2トップにどう立ち向かうのか。久保という最終兵器を失って,サンフは何を得たのだろうか。それを問われる一戦になる。

|

« 世界の中心で,愛をさけぶ(ドラマ,最終話) | Main | 2nd.対清水戦,0-3(続き) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/1415958

Listed below are links to weblogs that reference 2nd.対清水戦,0-3:

« 世界の中心で,愛をさけぶ(ドラマ,最終話) | Main | 2nd.対清水戦,0-3(続き) »