« 2nd.対清水戦,0-3 | Main | 2nd.大分対浦和戦,1-4 »

2004.09.12

2nd.対清水戦,0-3(続き)

結局,悔しくて眠れなかった。落ち着いてからビデオを改めて観たが,やはり絶望感はライヴの方が圧倒的に説得力があった。本当に手も足も出なかったのだ。10人の清水相手に。フォーメーションは目まぐるしく変わり,最終的には4-2-3になって必死に抵抗していた。しかし,決定的な場面を作るには至らず,逆にミスから痛恨の追加点を許し,悪夢のようなタイムアップを迎えることになった。サンフ側のゴール裏から飛んでくる大きな罵声とゴミ等の物。あの場にいたサンフサポなら誰もがそういう気分になったかもしれない。それくらい屈辱的な負け方だったのだ。広ビであんな試合をしたら,暴動とかになったかもしれない。全体の運動量で清水に完敗していた。『絶対に負けない』と信じる強い心が清水にはあった。勝ち慣れていないサンフの選手達の哀れな姿をさらす場となってしまった。
J1のレベルは2年前より確実に上がっている。優劣をつけるとすれば,『決定力のあるストライカー』がいるかどうか(C大阪のように決定力のあるストライカーを持ちながら勝てないチームもあるが)ということがまず一番に挙がってくるはずだ。チアゴをトップに据えてその下にカズと浩司を配するという4-3-3のシステムを標榜し迎えた今季だったはずなのだが,肝心のチアゴの怪我による長期離脱で,そのプランそのものが狂ってしまった。しかし,チアゴを越えろとは言わないが,新しい可能性を感じさせてくれるような若手FWが出てこないのはどういうことだ。他のポジションでは若手を飛び級までして使っているのだ。ここに来てなぜ使わない。昨日の大木の出来より劣るとしたら,ベンチにFW二人も置く意味がないではないか。使わなければ育たない。もう大木では手詰まりなのだ。大木は調子に波がありすぎる。そんな大木にサンフの運命を委ねることは出来ない。2年前は久保がいても失敗したのだ。このままではあの苦い過ちを繰り返すことになる。考えるだけでも恐ろしい。久しぶりに眠れない土曜日の夜というのを経験した。2年前も,何回も眠れない夜があった。特にほとんどの試合をアウェイ遠征した2nd.には。去年も勝てなくなった時期は眠れない夜があった。今年はどうなるのか。出来ればもう勘弁願いたいのだが(俺ももう歳だし身体に悪い,ホント)。

|

« 2nd.対清水戦,0-3 | Main | 2nd.大分対浦和戦,1-4 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/1419596

Listed below are links to weblogs that reference 2nd.対清水戦,0-3(続き):

« 2nd.対清水戦,0-3 | Main | 2nd.大分対浦和戦,1-4 »