« 2nd.大分対浦和戦,1-4 | Main | 今クールのドラマ最終回雑感 »

2004.09.19

2nd.対横浜戦,2-2

前節の惨敗を目の当たりにし,この試合が今季の鍵になる試合と思った。それに久保が移籍後,広島初登場となる試合。久保のサポに対する反応も観たかった。広島まで帰ろうかと最後まで迷ったが,結局TV観戦することにした。
マリノスの3バックに対し,サンフは盛田・カズ・浩司の3トップで対抗。序盤はサンフ3トップの出来が機能した。実は,前節の惨敗を受けて今季を振り返ってみると,盛田ワントップにカズ・浩司の2シャドーは『切り札』かな,と考えていた。前節に続き,前半早い時間帯で,マリノス・松田が退場。サンフ,数的優位に立つも,1対1の局面でマリノスの選手に競り負け,FKから坂田にヘッドで先制点を許す。マークが中澤につられ,坂田がフリーになっていた。その後も,マリノスにFK・CKを与え続け,奥に何度も危ない場面を演出される。サンフもコウタのサイドから崩しにかかる。そして,ゴール前の混戦からコウタ,なんと右足でロングシュート。ポストにあたりゴール。すばらしい弾道のシュートだった。更にベットからのCKをカズがヘッドで中央に折り返し,小村の頭にドンピシャで追加点,逆転。こんな早い時間帯で同点,逆転できるとは思っていなかったのでこれは絶対に勝たなければいけない試合と思った。が,ここからの試合はどうしても負けない,という気合のマリノスペース。サンフは中盤でのパスミスを奪われ逆襲を食らう。サンフの中盤の守備をかいくぐった奥やアンの突破を止められない。40分以降はマリノスに攻め続けられる。またどっちが10人か分からない試合になってきた。コウタとこの試合で復帰したばかりなのにキレキレの駒野をうまく使えない。3トップにボールもが入らない。両チームDFラインを押し上げ,コンパクトになった中盤のスペースでの勝負になるが,サンフはせっかくボール奪取してもパスミスを繰り返し,ボールを失う。マリノスの各選手,球際が強いし,キープ力もある。とにかく1対1で勝てない。このままなんとか前半終了。
後半,ハンジェに代わり外池。今日のハンジェ,パスミスが多かった。妥当な交代。3-4-3から3-5-2へ。カズがボランチに下がり,ベットがトップ下に入る。しかし,このシステムが機能しない。マイボールになると,とりあえずベットにボールを集めるのだが,すぐにマリノスに読まれて守られてしまった。また,ベットにボールを預けてもカウンターが怖くてボランチの押し上げが効かず,厚みのある攻撃にならない。ベットも縦への意識が強すぎ,両サイドをうまく使えていない。何度かあったチャンスはやはり両サイドをうまく使えた時だった。もたもた攻めるサンフをマリノスは待ってくれない。マリノス,遠藤に代えてついに久保を投入。ビッグアーチがもの凄いブーイングの嵐に包まれる。久保,今日は点獲らんでええから。マリノス久保を入れ,3トップとなり,更に攻めにかかる。そして,中央の上野が右サイドに開いた坂田へ展開。坂田PAライン沿いの抜群の切り替えしで中央へ。マークについたコウタ,一発で振り切られる。坂田,そのまま迷わずシュート。なんとこのシュートが素晴らしい勢いでゴール右隅に突き刺さる。下田,渾身のセーブも届かずの凄いシュートだ。同点を許す。ダメだ,このままでは今日も勝てない。今日の久保,動きはあまり良くない。ボールにほとんど触れないが,いるだけでも驚異の男。どうしても,久保にマークが引きずられてしまう。ボランチ2人が下がりすぎ,攻撃参加出来ない。サンフはなんとカズに代えて前田。前田のチョイス自体は悪くないが,カズを代えざるをえないところが痛いところだ。ここからサンフ,FK・CKを連続で浴びる。苦しい。またも坂田に右サイドを突破され,シュートを撃たれるが,今度は下田が執念のセーブで止める。サンフ,駒野に代えて八田,4バックへ。駒野,やはりスーパーな男だった。今日は,ゴール前まで何度も顔を出す等,抜群の攻め上がり。先制点に繋がった前半の軽いファールが唯一の残念な点だった。結局,サンフはこの後,盛田,前田がシュートを放つもゴールならず。またも数的優位を活かせず,ホームで悔しい引き分けに終わった。
王者マリノスに引き分け。しかし,これを良しとは考えたくない。現に今日,C大阪は市原に勝っている。10人のマリノスに勝てるチャンスを逃したのだ。ここで勝ち点3を積み上げられなかったのは痛いし,悔しい。やはり決定力のなさと選手層の薄さが響いた。マリノスが控えの駒に日本代表のエース,久保を持っているのに対し,サンフは高校生の前田とは…。前田の出来は悪くはなかったが,高校生が切り札とはいかがなものか。今日の3トップのチョイス自体は悪くない。序盤は機能していたし,流動的にポジションチェンジする3人にマリノスの3バックは混乱していた。松田の退場もカズの前への突破の意識から生まれたもの。ワントップにカズと浩司の2シャドー,しかし,これが今のウチの究極の形。結局,この形を自ら放棄した時点で勝ちはなくなったのかもしれない。ベットのトップ下の発想自体は悪くなかったが,これでカズの攻撃力が無くなってしまった。もともとベットは上下に激しく動きながらパスを散らしていた。トップ下に固定されることで,ベット自身がターゲットになってしまった。ベットとボランチ二人の間に距離が出来て押し上げも出来なかった。ベットは前線へパスを通そうとするけれども,受け手は2枚。ここで手詰まりとなってしまった。浩司の出来は悪かった。もっとシュートが欲しかった。浩司がスーパーにならないと,ウチは勝てない。カズも浩司もここまでの選手とは思いたくない。これからもサンフは森崎兄弟が仕切っていくのだ。そのサッカーで勝利を導かなければならない。まだ間に合う。二人にはここで立ち止まらずに上を見て向上していってもらいたい。もし立ち止まったとしたら,それがサンフの終戦宣言となるのだから。
さて,今日も打つべき手を打って勝てなかった。だから痛い。でも,この2試合で戦術のどこに問題があって,選手の誰に問題があるかが分かったはず。次の新潟に勝てないようだと,いよいよ苦しくなる。とりあえずの目標,勝ち点30まであと10点。早く勝って決めてしまいたい。終盤近くで入替戦争奪になると精神的に弱いウチには厳しくなるから。自分達のサッカーが出来れば,どことでもそれなりの戦いができる。あとは撃ち合いになった時の決定力。とにかくシュートを撃たなければ勝てない。若手FWの台頭が欲しい。今日の坂田の活躍と決定力を見習ってほしい。局面で勝負する姿勢を僕達サポに観せてほしい。新潟戦は生観戦予定。必ず勝て。

|

« 2nd.大分対浦和戦,1-4 | Main | 今クールのドラマ最終回雑感 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/1474806

Listed below are links to weblogs that reference 2nd.対横浜戦,2-2:

« 2nd.大分対浦和戦,1-4 | Main | 今クールのドラマ最終回雑感 »