« イチロー,年間259安打,メジャー新記録! | Main | 高円宮杯準々決勝,対東京Vユース,6-0 »

2004.10.04

2nd.対鹿島戦,0-0

今日は関東サポのバスツアーに初参加しての観戦となった。バスは45人満席。若者達に活気があり,アットホームな雰囲気でとても心地良い。何より全員がサンフの勝利を信じているのが心強い。残念ながら僕は真横から試合が観たかったので観戦はメインスタンドからとなり,ゴール裏のみんなと離れての応援となったのだが,彼らは冷たい土砂降りの雨の中,9千人の鹿島サポに負けない熱い応援をしてくれた。きっと選手達にもあの声は届いていたと思う。
さて,試合。ビデオを観直す気力がないので印象だけ。立ち上がりはやや鹿島に押されていたが,サンフはベットを中心に中盤でパスを繋ぎ,DFもずるずる下がることなく押し返す。決定機もほぼ互角。特に浩司が投入されてからの後半はベット,浩司がチャンスを作る。中盤勝負も互角。今日はカズ,ハンジェのコンビも運動量も多く,ミスも少ない。特にハンジェの出来が良かった。今日くらいの出来なら安心して中盤を任せられる。そして何よりもベットの運動量・動きの質の高さは本当にすばらしい。前線から中盤の底まで,その運動量は終盤になっても衰えることなく,相手のパスをカットし,前を向けばドリブルで突き進みラストパス,あるいはシュートも狙う。自分勝手な自己満足のプレイに走らず,あくまでもチームに献身的な働き。だんだん他の選手との連携も良くなってきた。彼が怪我さえしなければ,それなりの試合に出来る地固めは出来たのではないだろうか。今日は引き分けたが,決して下を向く必要はない。何よりも鹿島相手に『勝ちたい』という気持ちを前面に出し,局面での勝負で負けていなかった。今日の試合はここを評価したい。TVで観ると印象が変わってくるかもしれないが,少なくともライヴで観た印象は新潟戦で受けた悲観的なものではない(僕はこの時点でヴェルディ戦のビデオを観ていないので甘いのかもしれないが)。
あとは何度も言うが,勝つために何よりも必要なのは決定力。そうそうチャンスメイク出来ないなら,数少ないチャンスを活かすしかない。今日は鹿島も外してくれたけれど,ウチも入れんといかん場面で決められなかった。その結果が引き分けで勝ち点2を失ったのだからここは最重要。
今日は故障明けの駒野は新井場番の守備の人になってしまったが,逆サイドのコウタの出来が今ひとつだったのが納得のいかないところ。コウタのサイドからもっとチャンスメイクしなくては。キャプテンのコウタがこの出来ではこれからの戦いは厳しい。奮起を望む。
今日,柏が横浜に勝った。最下位争いはいよいよ混戦になってきた。次は圧倒的攻撃力を誇るガンバ。今日のように中盤勝負に持ち込み,最小失点に抑えて絶対に負けないこと。いや,ホームゲームは絶対勝つこと。そして,ライバルの神戸,大分には絶対に勝つこと。そして今の磐田に絶対に負けないことだ。頼むから最終戦,レッズ戦(生観戦予定)が最下位決定戦になるようなことがないよう,一戦一戦,今日のような魂のこもった戦いをしてほしい。

雑感。2年前のカシマスタはアウェイ席を除き一階スタンドは満員だったのに今日はガラガラ。超アウェイを覚悟していったのだが,鹿島側のゴール裏も空席が目立った。僕の周りも2年前は赤色一色だったのが,今日はほとんど客がいなかった。鹿島のJバブルもはじけたのか??

|

« イチロー,年間259安打,メジャー新記録! | Main | 高円宮杯準々決勝,対東京Vユース,6-0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/1587738

Listed below are links to weblogs that reference 2nd.対鹿島戦,0-0:

» おいおい大木君。 [瀬戸智子の枕草子]
今日は、 サンフレッチェ広島と鹿島アントラーズの試合が行われました。 結果は0− [Read More]

Tracked on 2004.10.04 at 10:54 AM

« イチロー,年間259安打,メジャー新記録! | Main | 高円宮杯準々決勝,対東京Vユース,6-0 »