« 機関車先生 | Main | インファナル・アフィア 無間序曲 »

2004.10.07

U20アジア最終予選,日本対韓国,2-2(PK:1-3)

昨日,眠い目をこすりながら観た。でも,2度も追いつけるとは思ってなかったので,それぞれのゴールシーンではTVの前で異常に興奮して飛び跳ねてた。特に平山のヘディングシュートにはシビレた。PK戦になった時,ひょっとしたらカタール戦の流れで勝てるかも…などと考えたが,世の中そんなに甘くはなく…。アジア初制覇の夢,またも叶わず,残念。
でも,あの放り込みサッカー一本(特にこの試合はひどかった)で世界に通用するとも思えず,戦術を組み直すには良い機会かもしれない。せとさんが『部活サッカー』と呼んでいたが,本当に的を得た表現だなあ。良くも悪くも平山頼みのチームということか。大熊監督の魂の叫びも天には届かず(しかし,あの声が普通に配置した集音マイクから拾っているとしたらホンに凄い声量だな)。
3位決定戦があるけど,サンフ的にはウチの3人はもう出さなくていいですから(キッパリ)。怪我させないうちに送り返して下さいっ。

|

« 機関車先生 | Main | インファナル・アフィア 無間序曲 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/1619768

Listed below are links to weblogs that reference U20アジア最終予選,日本対韓国,2-2(PK:1-3):

« 機関車先生 | Main | インファナル・アフィア 無間序曲 »