« 今日の埼玉スタ | Main | 6選手を解雇 »

2004.11.30

2nd.対浦和戦,0-1

埼玉スタに行って来た。6万人は入らなかったけど,それでも5万2千人か。本当にスタンド中が真っ赤だった。でも,応援の迫力というか一体感は新潟スタの方が上のような気がした。あのオレンジの軍団は本当にすごかった。これは気持ちの問題で,電車乗り継ぎ1時間半の埼玉スタと新幹線で遠路はるばるの新潟スタでは気合の入れようも変わったのかもしれない。紫のサポはビジター席の300人弱くらいかな。それでも,負けないくらいに声を出していたと思うし,僕みたいな観戦系の人でもサンフの勝利を信じて必死で応援していたと思う。
試合は,開始早々のネネの赤紙一発退場(あれで退場なの,って現場での感想)も,サンフは数的優位を活かしきれず,後半,ハンジェを投入し,4バックに変更したところでコウタのクリアミスが飛び出す。浦和ボールになったところでなんとトゥーリオに屈辱のゴールを許し,結局最後までこの失点を挽回することが出来ず,赤い軍団に惜敗となった。
昨日,帰ってきてなんて書こうか悩んだ。HFも読んだ上で一晩考えて『この試合に関しては選手達はよくやった』と書こうと思った。試合終了後の紫のサポも選手を侮辱するような声はなく,あくまで選手達を鼓舞するような質のものだったと思う。そこで,今日帰宅して,せとさんのところを覘くと,せとさんにしては珍しく辛口のコメント。悩む。
10人の相手にポゼッションは五分五分だったことは認める。でも,同じ10人相手にチンチンにされた清水戦のような醜さは現場で観ていてなかった。小村を中心に吉弘,西河のDF陣は本当に良く頑張っていた。前半,エメルソンに作られた決定機は2度くらい(1本はオフサイド,もう1本は下田が横っ飛びファインセーブ)。それだけに小野監督にしては早すぎる(相手は10人なんだから当然なんだろうけど)後半開始時点での西河→ハンジェの交代は現場で観ていて,どうよ,って感じだった。不安とは当たるもので,4バックに入ったコウタの軽いプレイ(あれを赤い波の上に浮かび上がるオーロラビジョンでスローで観せられる最悪の気分たら)から痛恨の失点。それまで浦和のFW3人をなんとか自由にさせず押さえ込んでいただけに痛すぎる失点。あの(だよなあ,サンフ的には)トゥーリオに決められ,ゴール裏の看板の上に駆け上がってのパフォーマンスを観せつけられる屈辱。いやあ,あれは向こうのサイドで良かった。こっちのサイドでやられた日にはもう立ち直れないくらいの屈辱だったろう。この時点では,まだ信じていた。サンフの選手がこちらサイドのゴールネットを揺らしてくれることを。そして,ゴール裏の僕ら紫のサポに向かってガッツポーズを決めてくれることを。そんな思いの中,右サイドからのハンジェのクロスに中央でチアゴがヘッドで合わすも惜しくもゴールマウス左に外れる。ここで,ベット→前俊。ええっ,前俊インはいいとして,交代はベットかよ。ゲームでの消えっぷりから言うと浩司じゃないの。この後,左ショートコーナーからコウタがクロス,ファーでチアゴが折り返し,中央で大木シュート,惜しくもGKにはじかれる。振り返ってみるとこのプレイがこの試合最大のチャンスだった。その後,中央でボールを持った俊介が浦和DF陣をドリブルで豪快にブチ抜く(中野さんマジ,5人抜き?)。俊介のすばらしい可能性を存分に発揮した見応えたっぷりのプレイだった。この後,大木→盛田。今日の大木は悪い時よりはミスも少なかったと思う。ダメダメってほどじゃなかった。盛田を入れたが,盛田の高さは上手く使えず。その後サンフは何度かの決定機を作るもののシュートは枠に行かず。このまま試合終了。
先制後は,ほぼ浦和FW3人を抑えていたと思う。エメ,田中達,永井にドリブルで振り回されるようなことはほとんど無かったように思う。1点差とは言え,チャンピオン浦和に,相手は10人ということはあるが善戦出来たと思う。前出の清水戦よりは明らかに選手達は奮闘していたと感じた。あきれて観戦する気力もなくなり,寝てしまうようなこともなかったし,最後まで一緒に戦えた。
もちろん,スタッフ・選手達には,なぜ勝てなかったかを十分に考えて分析してほしい。『気持ち』とか言っているうちは論外。そんなために試合後の紫のサポは選手達を鼓舞する応援をしたのではない。そして,予想外の早いオフとなった悔しさを,もう一度じっくりかみ締めてほしい。ただクーリングすることだけじゃなくて,来期に向けて早い身体作りと個々の課題に向けたレベルアップに有効に使ってほしい。
今年は関東圏(というか東日本)アウェイでは結局1勝も勝ち試合を観ることが出来なかった。来年も東京に居られるかどうかは仕事の関係で微妙なのだが,残れば来年も名古屋以東アウェイ完全制覇を目指したい。全部勝てとは言わん。せめて目標五分でお願いします(あれ,目標は優勝のはずなのにこれでいいの?ここは現実的に。)。

長く厳しく苦しいシーズンが終わっていろいろ思うことがあるが,それはまたぼちぼちと。しかし,kasaさんところは,すでにものすごい物量アップしてるなあ。さすが。しかし天皇杯がないんで,ネタがないなあ。今年の正月は帰らん決意だったのに。ユース応援いくかあ。サンフが優勝するところをこの目で観たい!けど,最近金欠気味…とほほ。
関東に来たことだし,スキーにどっぷり浸かるってものありかな。しかし,これにも金が…。

|

« 今日の埼玉スタ | Main | 6選手を解雇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/2108207

Listed below are links to weblogs that reference 2nd.対浦和戦,0-1:

« 今日の埼玉スタ | Main | 6選手を解雇 »