« 2046 | Main | SAW »

2004.11.09

SURVIVE STYLE5+

VIRGIN TOHO CINEMAS六本木ヒルズ。
関口現監督。浅野忠信他出演。

『殺しても殺しても蘇ってくる妻を殺し続ける男の話』,『観客に催眠術をかけたまま殺されてしまう人気催眠術師とその恋人のCMプランナーの話』,『催眠術をかけられてしまい,自分を鳥だと思い込んで暮らす男とその家族の話』,『空き巣仲間の3人の若者の話』,『殺し屋とその通訳の話』の5つのエピソードが展開され,絡み合っていく物語。

憧れのVIRGIN六本木ヒルズに初めて行った!(これ観たのは東京国際映画祭開幕の前の週)。東京に来て,六本木の街には飲みにいったことはあるんだけど,六本木ヒルズは初めて。なんか受けるイメージが『いかにも都会』(ああ,とことん田舎者!)みたいじゃないですか。まあ,実際行ってみると,ちょっと小綺麗なただのシネコンだったんですけどね。

で,作品。もう公開終わってるんで簡単に。まあ,2時間退屈せずには観れた。視覚と聴覚に訴えてくる斬新な映像と音楽(これは認めます)。インパクトのある芝居もある(アクの強い催眠術師を怪演する阿部寛とか,何度殺しても蘇ってくるターミネーターばりの妻を冷々淡々とこなしかなり怖い橋本麗香とか,下手くそな鳥マネを何の恥じらいもなくやり続ける岸辺一徳とか…)。でもね,そこ止まりで終わっている感じ。5つのエピソードがもっと絡み合ってこないと話に奥行きが出てこない。それで面白みが希薄になる。エンディングもイマイチ。それで終わっちまうのか~,という印象。
実は楽しめたのは,『お父さんのバックドロップ』で超お気に入りになってしまった神木隆之介君をこの作品に発見(!)出来たからかもしれない。神木君,ちょい役ながらこの作品でも良い味出してた。いやあ,『インストール』,早く観たいなあ。原作読んだよ。この小学生役を神木君がやるのかと思うと今からすっげー楽しみ。僕的には,上戸彩にこんな台詞言わせてよいのか,ちょっと疑問だが,上戸彩のファンではないのでどうでもよい。神木君のファンとして観にいきます!(あら,話がかなりあさっての方向に…)

|

« 2046 | Main | SAW »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/1916188

Listed below are links to weblogs that reference SURVIVE STYLE5+:

» SURVIVE STYLE 5+ 。 [のんびりみちくさ]
 『SURVIVE STYLE 5+ 』  正直言って、  ほぼ途中まで何がなんだか  さっぱり分かりませんでした。  ストーリーも何も分からずに            なんとなく借りてみました。 いくつかの場所で様々な物語が繰り広げられ、 それぞれが少しずつつ...... [Read More]

Tracked on 2005.07.22 at 05:06 PM

« 2046 | Main | SAW »