« 今夜の横国 | Main | 1,2月の映画生活 »

2005.01.31

壮行試合,日本対カザフスタン,4-0

W杯最終予選,北朝鮮戦を控えての壮行試合を観戦に行った。
結果,楽勝。カザフ,めちゃめちゃ弱すぎて,今の日本のどこが悪いのか,よく分からないという,良いのか悪いのか訳の分からない試合になってしまった。勝負としては玉田の先制点で決まっていた。試合終了まで緊張感もまるでなし。現場で観た感想としては,カザフは最初からベタ引きでセンターラインから前に攻める場面も数えるほど。日本はガチガチ当たっているわけではないが,全員が早めのプレスをかけ,カザフのパスミスを誘う。カザフの選手も技術がないので,この日本の守備の網をかいくぐれない。僕は先月のドイツ戦も観たのだが(あっけない完敗に観戦記は書かなかったが),相手の格が違うとこんなにもサッカーの質が変わってくるのか,という感想。とにかく分かったことは,本番では(ドイツ戦でやった)4バックはリスクを伴うので3バックで行った方が無難ということ。今回はカザフの守備が軽すぎたので,アレックス・加地の両サイドが普段よりも積極的に攻め上がっていたが,北朝鮮相手に同じように攻められるかがポイント。この試合では二人の裏を取られるようなことがなかったため粗が見えなかったが,やはりちと不安ではある。それを補うのが,二人の後ろをカバーする3バックなのだと思う。怪我の宮本に代わって出場した松田は,無難に守備機会をこなし,ほぼノーミス。宮本以上にセットプレイからの得点力もあるので,とても魅力的だ。ただ,前述のようにカザフに崩される場面がほとんどなかったので,評価が難しい。セットプレイやサイドからクロスが上がった時に,カザフの選手がゴール前でフリーでボールを持った危ない場面が二度ほどあったのが目に付いた。決定力のある相手なら即失点の場面だったろうという感想。

観てて良かったと感じた点。
DF:中澤→安定感があり安心して観れる。アレックスの裏を良くカバーしてた。
MF:福西→途中交代したが,攻め上がりのタイミングが良く印象的だった。小野の穴を埋められるか。
阿部→A代表デビュー戦ながら良く動き,予想以上にボールに絡めていた。攻め上がるタイミングはこれからの宿題。
FW:玉田→彼の良さ・得点感覚が十二分に出ていた。4点目の裏への飛び出しはすばらしい。

ちょっと不満な点。
MF:アレックス→加地はDF振り切って突破してたのに,アレックスにはなかった。彼の出来不出来が勝敗の鍵かもしれない。
小笠原→2アシスト(!?)も,これくらいの相手ならもっと自由自在に攻撃をコントロールしてほしかった(かなり辛めのコメント)。玉田への4点目のスルーパスはすばらしかったが。このトップ下に俊輔を入れた布陣が現時点のベストと診る。

北朝鮮戦に向けての最終的な感想。ホームだし,普通にやれば,このメンバーでも1-0で勝ち切ることは可能と診る。問題はFW,玉田に誰を組ますか,だな。チケットゲットできたので,生観戦行ってきます。

|

« 今夜の横国 | Main | 1,2月の映画生活 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/2760852

Listed below are links to weblogs that reference 壮行試合,日本対カザフスタン,4-0:

» 日本代表幸先のよい出だしで見えてきた収穫 [鴎3矢]
今日のキリンチャレンジカップカザフスタン戦はTVで見ているに収穫がハッキリと出たゲームだった感がする 昨日発表されたスタメンは先日のドイツ戦からマイナーチェン... [Read More]

Tracked on 2005.02.01 at 05:28 PM

« 今夜の横国 | Main | 1,2月の映画生活 »