« 救命病棟24時 | Main | 3月のスキー »

2005.03.22

ナビスコ杯対G大阪戦2-4

万博まで観にいってきた。2週間前の日本平とは違って,吹き付ける風も肌寒さが少し弱まって,コートもなしで観戦できた。新ユニに初めて袖を通す。薄い,軽い!新エンブレムがかっちょええ。応援に気合が入る。
結果,TMで4-0とチンチンにやっつけたはずのガンバにスコーンとやられました。完敗っす。あんなに簡単に点が入っちゃうもんなんだなあ。ウチが負ける時って,きっとこういう負け方になるんだろうなあ,って。妙に納得しちゃって,現場で腹も立たなかった。記憶を記録として残しておきたいので,ちゃんとした観戦記をそのうち書こうと思うけど,今書けるのはこれだけ。しかし,ガンガン勝負してくるFWには全く無力じゃん,ウチのDF。あんなに単純に裏にポンポン放り込まれて,それが致命的な失点に直結するんだったら,J1のほとんどのチームに同じ攻められ方でやられる。こんなんじゃ『優勝争い』なんて遠い夢の話。浩司の不調,想像以上に深刻。代役の台頭切望。頼むからホームでこんな試合は観せてくれるな。

|

« 救命病棟24時 | Main | 3月のスキー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/3399342

Listed below are links to weblogs that reference ナビスコ杯対G大阪戦2-4:

« 救命病棟24時 | Main | 3月のスキー »