« 今夜の埼玉スタ | Main | 東京生活,丸1年 »

2005.04.01

W杯最終予選,日本対バーレーン,1-0

幸運にもチケットゲットできて,北朝鮮戦に続いて生観戦できた。席はカテ2メイン1階席だけど,あと1ブロック右にいけば,アウェイゴール裏ブロックという位置。ただやはりサッカー専用スタだけあって,1階席だとピッチが近い。北朝鮮戦より暖かくなったこともあり,青の衣装の人が多い。アウェイサポ用のブロックもなく,選手入場時にはスタジアム全体が青色の波に揺れた。これぞ代表戦だ。
さて,試合。往路の移動時に駅で買ったエルゴラのバーレーンの予想布陣は4-4-2だったが,実際に試合が始まってみると3-5-2だった。これでバーレーンの最悪引き分け狙いが丸わかり。DFラインは深く引き気味で,カウンター1本だけを狙っている。対する日本は当然のようにボールを持てて圧倒的にポゼッションしているのだが,鈴木・高原を徹底的にマークして最終ラインは絶対に割らせないというバーレーンの守備が機能。日本は決定的なチャンスすら生み出せない。確か前半23~28分あたりで,連続でFK・CKを得て俊輔が蹴りまくるというチャンスがあったのだが,どうしてもバーレーンの高い強固な守備を崩せない。あの流れで1点でも入っていれば,もっと楽な試合になっただろうに。日本もカウンターを警戒してヒデと福西のボランチ陣が下がり気味。決して相手は中盤で勝負しようとせず,ガツガツ来なかったのだから,もっと自由に俊輔なり両サイドなり使えたのだろうが,そのワイドな展開のパスが出ない。特にアレックスの左サイドはずっと上がりっぱなしだったのにも関わらず,ほとんど使えなかった。これはアレックスのボールを引き出す動きが皆無という最悪の出来だったので,中盤の選手だけのせいではないが。正直,アレックス・加地の両サイドには力不足を感じた。これからも3-5-2で行くなら,真面目にこの二人の代役を考えてほしい。これで日本代表ですか?全くもってお話しにならない。とにかく単独で勝負できないのだから,かなりの確立でそこでボールを失ってしまう。もう見飽きました。それにヒデ。かつての輝きはなく,ただの一選手としてピッチに漂っていた。確かにポジショニングは問題なかった。しかし,プレイの精度にあんなに波があっては全く計算できない。全くプレッシャーのない位置での安易なパスミスなど,ヒデには許されないプレイだと思う。両サイドを上手く使うミドルパスがなかったし,ヒデの持ち味であるはずの強くて速い『キラーパス』もない。正直,ボランチとしてのプレイなら,中盤の底から効果的なミドルパスを左右に散りばめる絶好調の今のカズの方がよっぽど上だと思った。トップ下を勤める俊輔が試合全体に渡って落ち着いたプレイでゲームを作っていたのとは対象的だった。比較する俊輔は本当に成長したと思う。攻めだけではなく,守備もそつなくこなし,FK・CKもサンフの試合を観慣れている僕にはものすごく精度が高いものに感じた。なんといっても,そのピッチ全体を俯瞰したかのような落ち着いたプレイぶりには感心した。前半は消化不良のまま終了。
後半,それまで左右のスペースに流れていた俊輔が左サイドに固定し,起点となることで日本にチャンスが生まれだす。アレックスにもようやくチャンスボールが回るようになり,俊輔とのコンビで左サイドを切り崩しにかかる。空いた中央のスペースにヒデが上がって攻め上がる形になり,ようやく両サイドが機能し,ゴール前での決定機も観られるようになる。スタンドの応援は最高潮。僕の周りの観客もメインにも関わらず,終始立ちっぱなしで応援している。僕の周りの観客からは『田中を下げて小笠原を入れて4バックにしろっ』などという声が挙がっていたが,ジーコが選択したのは,システム変更ではなく,単純なFWの交代。鈴木に替えて玉田。鈴木は前線でボールキープしながらファールを貰うなど,らしさを出していたが,この日の審判はジャッジが最悪で,PKとなってもおかしくないようなファールを流されてかわいそうだった。しかし,この采配が当たるのだから,本当に怖い。玉田が中盤で貰ったファールで得たFK。俊輔が蹴ったボールはゴール前の中澤が頭に当てる。混戦。ボールは,ボールは…。反対方向のゴールでよく観えなかったのだが,ゴールインしたのは判った。スタジアム,歓喜爆発,全員総立ちで奇声を挙げている。埼玉スタが揺れた瞬間だった。大型映像のリプレイでオウンゴールだと知る。しかし,日本の選手だったら見惚れるくらい見事なゴールだった。あれほど固い守備を誇っていたチームが,こんな単純なミスで失点を献上してくれるとは。これは勝たなあかんでしょ。しかし,バーレーンは同点を狙って,明らかに前掛かりに攻めてきた。持ちこたえられるか,日本。特にラスト5分は冷や汗もの。完全に対面の選手のプレッシャーで引き気味になったアレックスの左サイドを徹底的に突かれ,ここで中途半端に引いたアレックスが守備の弱さを露呈。サイドの突破を許し,中澤も左サイドに引き出され,中央には宮本一人で,宮本の後ろにバーレーンの選手がフリーで二人構えていたシーンには本当に肝が冷えた(イラン戦,2点目フラッシュバック)。なんとかクロスを上げられずにすんだが,同点にされてもおかしくない場面だった。バーレーンが前掛かりに来たら,日本はこんな楽な試合はさせてもらえない展開になると思った。アウェイでの対戦時には注意したい。結局,魔の4分のロスタイムも乗り切り,このまま日本勝利。なんとかホームで絶対逃せない勝ち点3をゲットできた。
この試合の感想。やっぱ『ジーコ=神』だよ。こんなヘボ采配で勝っちゃうんだもん。でもね,試合途中では頭のネジが飛んで『必殺,鹿島枠発動(柳沢含む)』があるかと思ったけど,それもなく,どう観てもホームで勝ち点3狙うには消極的な采配でしょ,と思わせながら結果的には勝ってる(しかも信じられないオウンゴールで)…この魔力は謎だ。本当にこの人はそのオーラだけで僕達をドイツまで連れていってくれるのかもしれない。それにしても,本当に両サイドだけはなんとかしてほしい。これからもボランチにヒデとか使うんだったら余計に。今後はヒデ・小野のダブルボランチっていうのも既定路線なんだろうか。いや,もしそんな『黄金のトライアングル(俊輔トップ下)』があるのなら,この日ほとんどシュートのなかったFWの改善も急務だろう。高原も単独で勝負する姿勢は買えるが,その局面での判断が悪く,意欲が空回りしてた。もっと周りとのコンビネーションの中でチャンスを作りたいが。期待されていただけに,結果が出なかったのは,ラスト3試合のことを考えると残念。
さて,僕の夢が近づいてきましたよ~。ピンチに陥った日本を救う救世主,その名は『久保竜彦』。今は椎間板ヘルニアという難病に悩まされ,ベストコンディションにはほど遠い久保だが,絶対に最後のイラン戦までに復帰してもらって,日本を勝利に導くゴールを決めてほしい。それも久保マニアが期待する『ドラゴン』らしいスーパーゴールで。夢ですね~。その瞬間を次のホームのイラン戦で生で観れるんだったら,もうどうなってもいいや。
とりあえず,次の試合も『ジーコジャパン』。信じてこの舟に乗るしかないのですよ,僕達。覚悟決めてます。

|

« 今夜の埼玉スタ | Main | 東京生活,丸1年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/3515180

Listed below are links to weblogs that reference W杯最終予選,日本対バーレーン,1-0:

« 今夜の埼玉スタ | Main | 東京生活,丸1年 »