« リーグ戦、対C大阪戦,1-1 | Main | 今日のアルビ戦 »

2005.05.01

阿修羅城の瞳

広島東洋座。 滝田洋二郎監督。市川染五郎,宮沢りえ主演。

時は文化大政の江戸。江戸の町には『鬼』がはびこり,幕府は鬼達を退治するために武者集団『鬼御門』を結成し,日々容赦なく鬼を斬り倒していた。出門(市川染五郎)は,今は町の人気舞台役者だが,5年前までは鬼御門の副長として『鬼殺しの出門』と恐れられる剣の達人だった。だが,ある日,鬼退治の最中に出会った不思議な少女と出会い,出門はその少女の放つ恐怖に怯えるあまり,その少女を斬り殺してしまう。初めて人を斬った出門はこれをきっかけに鬼御門を抜け,今の芝居一座に入ったのだ。そんな出門は,ある夜,つばき(宮沢りえ)と偶然出会う。『おめえとはどこかで会ったことがある』…どこか懐かしい不思議なつばきの魅力に次第に惹かれていく出門。そしてまた,つばきも出門に惹かれていくのだが…。

祝,映画ブログ復活!てゆうか,前回アップしたのは『パッチギ!』で,あれからもう2ケ月半。この間には他のサイトを読むと結構佳作が多かったようで,ビデオやDVDを観ない僕には,これからそれらの作品を観る機会は限りなく少ないわけで,かなり残念なのですが,それはもう諦めるしかないかと。佳作はもちろん,駄作と評判の作品(『○ーレ○イ』とか)も勉強のために観ておきたかったな。今回は,広島で空き時間で観た映画を,広ビに出発前の時間潰しに入った紙屋町のネットカフェでアップ。

で,作品。人気舞台の映画化らしい。こういう作品はある意味で舞台的要素をどう巧く排除できるかで出来が決まる。舞台を意識した構成にすれば,映画になると失敗するからだ。それに舞台版はおそらく3時間近くはあるはず。これをどう2時間で表現するか,難しいところだ。で,出門ら主要人物の登場のシーンまでのツカミはまあOK。殺陣はTVドラマの時代劇風の演出だが,まあ許そう。なかなか判りやすくて面白いかも,と期待して観ていく。宮沢りえ,いいですねえ。今回は,ちょっと可愛げの残る可憐な女性を演じているのだが,目がいい(これが題名に繋がる訳だが)。TVドラマの脇役でしか観たことのない市川染五郎は,もっと大根かと思っていたら,意外と芝居も殺陣(といってもTV時代劇風)もできる。敵役で渡部篤郎とか出てるし,役者の演技で魅せる要素はある訳ですよ,普通にやれば。

(以下,久しぶりですが,いつもどおりネタバレ)

でもねえ,中盤からどんどん話とか設定とかがおかしくなっていっちゃうんだもん。邪空にさらわれ,鬼のアジトに連れていかれたつばきを出門がすぐに駆けつけて見つけてしまう,ってどうよ。あんたなぜ鬼のアジト知ってるの?出門とつばきが愛し合い,つばきの中の阿修羅が目覚め始めて逃げ走った先は,5年前に出門が少女を斬った館で,そこで二人の運命の記憶が繋がる,というのはいいが,その館を出るとそこは,冒頭から何度も出てくる鬼御門の本拠地で,それって場面設定が安直で世界が狭すぎない?おまけにここでつばきが巨大な阿修羅に変身。その阿修羅が昔TVでやってた孫悟空のお釈迦様のイメージそっくりで,それを宮沢りえがやると浮いた画になっていて,苦笑。いや,もっと表現方法なかったの?続いて,阿修羅城復活。なんですか,このCGは。安物のゲームからの流用ですか?トドメは阿修羅になったはずの宮沢りえの顔デカ姿。ああ,ダメだ,前半のまだ観れたドラマの部分がこれらのVFX処理の幼稚さでぶち壊し。なんでもデカくすれば,迫力が出るってもんじゃないでしょ。この前のシーンで出門は斬られて全身血まみれの大怪我を負ってしまうのだが,次のつばきを阿修羅城へ取り戻しにいく場面では,傷も癒え元気ハツラツ。阿修羅城を駆け上がり,鬼達をバッタバッタと斬り倒していく。あんた右肩斬られてたのによく刀振れるね。脚斬られたのになんで走れるの。とくに不満なのが,そこまでの場面場面の繋ぎの悪さ。盛り上げて,盛り上げてなんか面白いぞ,と思ったら,場面が変わったら急にテンションダウン。それまでの盛り上がりはリセットされ,またイチからゲーム開始って感じ。出門と邪空の対決シーンなんて,最後にはまだやるのかと見飽きてしまっていた。最後,出門と阿修羅になったつばきは,なんと剣で対決する。しょぼいぜ,阿修羅王。なんか魔力とかないのか。エンディングもこうなってしまえばよう分からん。なんで出門がつばきの簪で阿修羅になったつばきの肩(しかも紋様がない方の肩)刺したら阿修羅城が崩壊したの?いやもうこの時点では呆れてぼーとなっていたので筋をちゃんと追っかけれてなかった僕も悪いのだが…。

結論。舞台的演出を意識しすぎ。舞台でできないことを豪華にやろうとして,逆に失敗している。美術とかVFXとかがそう。海沿いの鬼御門の本拠地が話の重要な場面でいつも出てくるのは舞台的演出で分かるけど,それを映画でやられちゃあねえ。あの『宮沢りえ巨大化』が全てをぶち壊してしまった感じ。ただデカいだけで阿修羅を表現しようとしたことが大失敗。ギャグにしかなってなかったよ。あそこの表現方法をもっと違った形で見せてくれていたら,きっともっと心地良い鑑賞感になったに違いないと残念に思う。でも,役者は皆良かった。これだけが救いか。

|

« リーグ戦、対C大阪戦,1-1 | Main | 今日のアルビ戦 »

Comments

To achieve position concerning the different leader boards: My Little league, Best Participants (Global along with nearby) and Best Clans.

Posted by: clash of clans guide hq th8 | 2015.06.22 at 01:11 PM

That is why parents should understand the basic mechanism of the game and set clear rules in regards to the use of the game.

Posted by: gemmes gratuit facile | 2015.06.20 at 03:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/3932495

Listed below are links to weblogs that reference 阿修羅城の瞳:

» 阿修羅城の瞳。 [踊るOL。]
今日はレッスンの後、品川プリンスで「阿修羅城の瞳」を観てきました。 正直なところ「……コメントしづらいね」ってのが感想です。 キャストは良いし、「劇団☆新感線」の舞台が元ネタだし、期待してたんですよ。 ... [Read More]

Tracked on 2005.05.02 at 12:12 AM

» 阿修羅城の瞳 [「月の風」シネマ日記]
滝田洋二郎監督作品 市川染五郎、宮沢りえ主演 監督が監督なので、ノリとしては「陰陽師」でした。 単純に原作と主演変えただけ?演出変わってないでしょ。 なんてことを言うと怒られてしまいそう。 色々な話が詰め込まれていて焦点がどこに向けられているか分かりま... [Read More]

Tracked on 2005.05.02 at 11:50 PM

» 阿修羅城の瞳 今年の223本目 [猫姫じゃ]
阿修羅城の瞳 劇団☆新感線の舞台の映画化なんだ。 例によって、なにも知らずに見たんだケド、時代、ストーリーは、あたしのツボ。でも、愛を描きすぎでした。それから、セリフ回しは、違和感なかったんだケド、セット、SFXが、、、 この手の映画では、その昔のバンダ....... [Read More]

Tracked on 2005.11.12 at 10:15 AM

» 阿修羅城の瞳 映画版 市川染五郎 宮沢りえ [Dazzling M]
阿修羅城の瞳 久々に出会った当たり!の邦画 かなり新感線風味に仕上がっているが ホントにいい作品! これには正直マイッタぁまず、BGMがハマっています。インディア風、ロックそしてSTING。 カッコ良すぎてやばいです 衣装やセット。エフェクトは劇団☆新感線味がでまくりです 舞台で表現し切れなかったことがCG使えることで制約がなくなった! ということで、完全無欠級のエンターテイメントに仕上がってます そして、細かいもの1つ1つが良い意味でひっかかってくる 歌舞伎化粧半分の染... [Read More]

Tracked on 2005.12.06 at 07:14 PM

» DVD「阿修羅城の瞳」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
鬼って美しいのねぇ~!! 舞台の映画化らしいですね。 町の様子が舞台「身毒丸」をチョット思い出しました。日本なんだけど、なんだかチョット異国っぽい感じが。衣装や色彩などはとっても綺麗でした!! 阿修羅が復活するまでの展開は、とっても良かったのですが。...... [Read More]

Tracked on 2005.12.14 at 01:28 PM

» 阿修羅城の瞳 [25歳]
(C)「阿修羅城の瞳」製作委員会 [Read More]

Tracked on 2006.01.04 at 01:12 PM

« リーグ戦、対C大阪戦,1-1 | Main | 今日のアルビ戦 »