« 本日発売のエルゴラ,オムさん特集 | Main | ナビスコ杯対東京V戦2-2 »

2005.05.28

キリンカップ,日本対UAE,0-1

久々の国立での代表戦,生観戦に行ってきた。国立はサッカー専用ではないけれど,どの席からも観戦しやすいし,なんと言ってもその独特の雰囲気が好き。国を代表した戦いの場に相応しい。確かにキャパが小さいので,埼スタや日産スタには劣るが,観客の纏まりとかサポートする熱意とかは,それらのスタより選手達に届き易いのでは,と感じる。今日はバック中央の上段の席から,友人達と応援系で観戦。だから,全体の感想だけ。

確かに全体的にギクシャクしてたけど,前半35分あたりまでは問題なくポゼッションできていたし,ある程度チャンスも作っていた。それらが決定的とまでは言えなかったのが,後に響いたのだが。正直,負けるとは思っていなかった。本当に危ない形を作られたのは,失点の場面だけだし,それを除けば,数回の危険なシーンはあったが,安定して守れていたと思う。それだけに,あの失点は時間帯といい,本当に痛かった。あそこまでは,『今日は引き分けで終わりだな』と感じていたのだけれど。

とにかく小野と小笠原の連携が全くと言っていいほどなかった。小野が要所でボールを捌いた先には小笠原はいない。ボールタッチの数が違いすぎる。小野はある程度存在感を示したが,その分,小笠原が消えていた。これは小野のせいなのか,それとも小笠原のせいなのか。小笠原がボールを触れない分,その近くで仕事をしていた鈴木も消えてしまった。とにかくボールに絡めないし,前を向いてボールを持てない。ワンタッチして,後ろの選手にボールを預けて前を向いて勝負,という形ができてなかった。シュートも撃てないのでは後半途中交代も仕方ないだろう。替わった玉田の出来も今ひとつ。ボールを貰うために下がりすぎていた感がある。かと言って,スペースを使ったドリブル突破があるわけでもない。玉田もコンディションを落としている。

で,カウンター一発で,坪井が裏を取られ,あっけなく失点してしまう。坪井の速さをもってしても,シュートコースを消すことすらできなかった。川口が届かない所にボールが飛んだのも不運。バーレーン相手なら,ああいうシーンがもっとでてくるかもしれない。あのシーンでは,守備のバランスが崩れていた。ボランチが仕事できていない証拠。小野が上がり過ぎていた分,福西に負担がかかっていたか。その後,坪井を下げ,本山イン。4-4-2になり,小笠原・本山は鹿島型中盤のラインに入る。でも,このテコ入れも,ガチで引いて守ってきたUAEになかなか通用しない。やはり小笠原の調子が悪い。本山もスーパーサブとまでは言えないので,あの程度の出来でもしょうがないのかもしれない。その後,田中に替えて茶野。この交代の前には友人と話をしていてピッチから目を離していたので,交代の理由が分らなかった。テスト?田中が怪我でもした?そして,福西に替え,稲本。より攻撃的に,ということか。しかし,その稲本も今日は今ひとつで,ボールに絡めない。この時点でUAEはベタ引きでほぼ相手陣内で攻め立てていたのだが,ゴール前を人数かけて守ってくるUAEを崩せない。両サイドからのクロスの質がなあ。ヘッドの打点の高い選手がいないのが痛い。中央からミドル撃っても弾き返されるし,結局うまくUAEに守られて,逃げ切られてしまった。アウェイの戦い方のお手本のような展開。しかし,今日の敗北は厳しいなあ。これまでの日本は勝負強かっただけに,ここに来てこの2連敗は本当に痛い。

FWは大黒が一人奮闘していたのが印象的だったが,有効なボールの供給がなかった。ただ,今のFW陣では大黒が一番好調なのは間違いないので,バーレーン戦でも是非彼をスタメンで使ってほしい。なぜここに来て柳沢なのか。大久保でも良かったのではないだろうか。久保は間に合わないとしても。ま,神様のお考えは僕ら凡人の及ぶところはなく,それなりの予感があるのだろう。中盤の組み合わせは,頭が痛い。今日は小笠原の出来が悪く,得点できなかったので,おそらく代わってこの位置に入るであろう俊輔のコンディションが上がっていることを祈るしかない。そして,ヒデはどこで使われるのか。小野とのダブルボランチはあるのか。今日の前がかりになり過ぎる小野を観てしまうとかなりリスキーだ。DFは中澤が間に合わないとかなりピンチだ。坪井があんな軽いプレーを観てしまうと,その他の巧いと思わせるプレイを観ても不安で仕方がない。中澤復活は,最終予選でのMustな事項だろう。

今の代表のチーム状態はかなり悪い。本来は勝負強いチームが勝負弱くなっているのが気にかかる。バーレーン戦は最悪でも引き分けで切り抜けたい。というか,引き分けが正直なところ精一杯と思う。2点獲られるとかなり苦しい。チームに決定力がないからだ。1点勝負に持ち込むことが絶対条件。あとはもうヒデ・俊輔に神の力が委ねられることを祈るしかないなあ。でも,信じるしかない。僕達はドイツに行くのだから。あれ,僕にとってはこれは既定路線?イラン戦までもつれて,久保の決勝ゴールで僕達はドイツに行く。いや確かにそれは夢だけど,そこまで引っ張らなくてもいいですから。心臓に悪いし,またイラン戦のチケットの当選確率がすごいことになって,市場で高騰するだろうから。

今日の両ゴール裏の応援は素晴らしかった。その応援に応えられなかったのだから,試合後の大ブーイングを浴びても仕様がないと感じた。来週はこのブーイングを歓喜の大歓声に変えてほしい。

|

« 本日発売のエルゴラ,オムさん特集 | Main | ナビスコ杯対東京V戦2-2 »

Comments

MIKIさん,コメントありがとうございます。
今の日本代表は纏まりがなく,バラバラですね。バーレーン戦が真剣に心配です。
サンフもまた情けない試合をしてしまいました。といっても,まだアウェイでは負けてないので,去年よりは気持ち的には楽なんですが…。長いシーズンを考えると,今のレギュラー以外の若手の台頭がどうしても必要と感じました。そういう目でキャンプ観て下さい。

Posted by: たつし | 2005.05.29 at 08:26 PM

昨日のキリンカップ、テレビで観てました。田中の交代ははっきり覚えてないけど怪我だったと思います。交代になるときに実況の人が「ここで無理をさせないのでしょう。」というようなことを言ってた気がします。
 ところで来月末サンフレッチェが僕の地元島根にてキャンプを張ることになりかなりうれしいです。キャンプ初日は見学に行くため休みの予約をいれました。
 オムさんが載ってるエルゴラッソ、是非読んでみたいですね。
 今日のヴェルディ戦、是非とも勝ち点3をGETしてくださいね!

Posted by: MIKI | 2005.05.28 at 12:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/4307726

Listed below are links to weblogs that reference キリンカップ,日本対UAE,0-1:

» バーレーン戦に暗雲 [スポーツ俳句(スポーク)]
「カウンター 食らふピッチの 夜露かな」  キリンカップの日本対UAE戦、0対1で負けてしまいました。最終予選のバーレーン戦を仮想し、失点をしないことがテーマだっただけに、カウンターから決められたゴールが残念でした。  収穫といえば、小野選手の動きに切れがあったことでしょうか。きっちり修正し、バーレーン戦に臨んでほしいものです。 ... [Read More]

Tracked on 2005.05.28 at 07:32 PM

« 本日発売のエルゴラ,オムさん特集 | Main | ナビスコ杯対東京V戦2-2 »