« キリンカップ,日本対UAE,0-1 | Main | 今週のAERA,ジーコ特集 »

2005.05.29

ナビスコ杯対東京V戦2-2

二夜連続の国立観戦。やっぱり代表より気合が入る。こちらの方がプライオリティが高い。サンフにとっては『絶対に負けられない』試合だ。しかし,スタメン発表とともにそのテンションも下がってしまう。ジニ出場停止で3バック選択は仕方がないとしても,大木,ベット,駒野をベンチで温存(と言っていいのか)。3-5-2のトップ下にはなんと桑田が入る。右WBに茂原が入る布陣。浩司がボランチ…僕的にはもったいない気がする。

前半序盤,その桑田になかなかボールが入らない。中盤でタメを作りたいが,縦へ急ぎすぎ。そうなると,ガウボン,寿人の2トップではボールキープできないので形が作れない。いやそれでも序盤に何回が決定的チャンスはあった(寿人のGKと1対1の場面等)。ああいうのを決めとかないと苦しい。相変わらず桑田,ボールに全然触れない。他のMF達も桑田に預けてどうにかしようという意思はないようだ。桑田自身もボールを呼び込む動きが足りない。なんとなく中盤を漂っている感じ。ヴェルディは,ゴール前でデンと張っているワシントンにボールが入った時がやはり怖い。リーグ戦では完璧に押さえたのだが,この日はチャンスボールが渡っている。一方,サンフは中盤が作れない。この日も浩司がやや下がり気味でカズを前に出そうという意識は見えるのだが,そのカズにボールが入らない。桑田が下がってこないので,3トップのようになっている。ヴェルディはDFの裏へどんどんパスを狙ってくる。ポゼッションは五分五分だが,自分の形ができないサンフが苦しい。19分,中央を突破され,ボールはゴール前のワシントンへ。ワシントン,完璧なポストプレイでワンツーで返して飛び込んで来た平本がフリーで下田と1対1。これは下田も止められず,ヴェルディに先制を許す。その後もサンフ,中盤の運動量が足りない。次第にヴェルディにポゼッションを許す。カウンターから桑田がPAすぐ外でフリーで持つも,シュートではなく,なんとパスを選択。そこを個人技でなんとかしてほしかった。桑田にはその技術があると思っていたが。サンフ,トップにボールが入らない。寿人が果敢に走り回っているが,裏を取ることはできない。前半,終盤のポゼッションは完全にヴェルディ。ガウボン,寿人の連携が今ひとつで,どうしても決定機まで持っていけない。とにかくマイボールになっても,大きな展開からの崩しがないので,余裕で守られてしまう。このまま前半終了。0-1。ヴェルディの方が攻守の切り替え速い。

後半開始時もメンバー変えず。桑田が全く仕事ができてないので,ここにベットを入れれば,問題なく巻き返せると感じたが。だが,流れがヴェルディのまま変わらないと観るや,小野監督は桑田に替え,ベットを投入。これで中盤の改善が図れるかと思ったが,簡単にはいかず,やはりベットにボールが入らない。これを観て,二の矢を準備する。池田に替えて,駒野。4バックへ移行。これで流れを引き寄せたい。いつもの形だが,それでもリズムが作れない。とにかく中盤勝負で負けている。しかし,33分,中央で得たFKをカズが素早く右サイドを駆け上がってきた駒野へパス。駒野のアーリークロスがゴール前のガウボンの頭にドンピシャでゴール。押されながらも同点に追いつく。その後も攻防は続く。ワシントンの強烈ボレーを下田が身体を投げ出してなんとか止める。39分,浩司に替えて大木投入。大木がトップ下に入る。やはりキムタツは観れなかったか。41分,コウタからのアーリークロスをゴール前でガウボンがトラップして倒れこみながらシュート,ゴール,逆転。ゲームを支配されながら,少ない決定機を活かして逆転まで持ってきた。こういう試合はなんとしても勝ちたい。ロスタイム突入,4分。サンフ,我慢の時間帯。入ってくるボールを次々に弾き返す。もう少しだ。ここで,なんと寿人が痛んで倒れてしまう。主審は試合を止めない。普通止めるだろ。切れ,切れ,大きく蹴りだせ,時間を稼げ~。なぜかそんな当たり前なことをサンフの選手達はやらない。なかなかゲームを切らない。寿人は戻れない。4分経った。もう数プレイで終わる。そんな中,ヴェルディ,右サイドからゴール前に速いクロスが入る。ゴール前は混戦。そんな中,一人別次元のプレイをした選手がいた。ワシントンが,胸でトラップしたボールを長い脚で強烈なボレーで叩きつける。ボールはそのままゴールネットへ。素晴らしいゴールが決まる。2-2,同点。守り切れなかった。この後,試合終了のホイッスルが。またしても,ロスタイムでの失点で勝ち試合を逃す。

今日みたいな苦しい試合をモノにしてこそなんぼでしょう。最後の失点は審判のせいじゃないよ。まだまだ地力が足りない。鹿島のような老獪さがほしい。特に決勝トーナメント進出には絶対に負けられなかった試合だっただけに。普通にウチの普段の形でやれば,もっとウチの力が出せたはず。試合の位置付けは難しかったと思うが,まだチャンスの残っていたこの試合はベストの布陣で臨んでほしかった。桑田があれほどまでに不出来とは予想もしなかったのだろう。彼らしい,正確なパス回しや2列目からの飛び出し,巧いシュート等が全く観られなかったのは残念だ。

今日分ったこと。浩司のボランチは効かない。浩司の長所が全くでないのでやめてほしい。キムタツは誰との交代を想定したオプションだったのか。ま,必要なカードを順番に切っていったら,3枚枠使ってしまったわけで,面白味も何もない。最後に寿人が痛んで,失点してしまったのは皮肉としか思えない。使う勇気のない選手をベンチに入れるな。コウタの不振が深刻だ。今日はアシストは決めたが,出来自体は褒められたものではない。特に駒野投入までは左から攻める形が主になるはずだっただろうに。ま,トップ下に入る選手の出来がアレではコウタも活き様がないのかもしれないが。駒野はやはり替えの効かないピース。この両サイドのバックアップをどう育てていくかがやはりウチの最大の課題かもしれない。桑田も今日の出来ではとても合格点は与えられない。正直期待外れ。なぜウチの若手は,殻を突き破る躍動感がないのか(俊は除く)。気負って結果が出せない。メンタルな面の仕込みが間違っているとしか思えない。

さて,ナビスコの残り2試合は完全に消化試合となった。どうぞお好きなように若手の選手試して下さい。しかし,勝利が前提なことはお忘れなく。(洋次郎使え(念))

|

« キリンカップ,日本対UAE,0-1 | Main | 今週のAERA,ジーコ特集 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/4328409

Listed below are links to weblogs that reference ナビスコ杯対東京V戦2-2:

« キリンカップ,日本対UAE,0-1 | Main | 今週のAERA,ジーコ特集 »