« ナビスコ杯対川崎戦1-3 | Main | クローサー »

2005.06.14

電車男

アミューズCQN。村上正典監督。山田孝之,中谷美紀主演。

22歳にして彼女いない歴22年の秋葉系ヲタク男(山田孝之)は,ある日,電車内で暴れる酔っ払いの中年から美しい女性を助ける。そのことを2ちゃんねるの掲示板に書き込むと,無数のネットの住人達から返信が…。一人のヲタクが男に成長して恋愛を成就するまでの,彼と彼女と彼のネットの友人達との物語。

血液検査の結果,『水痘(=水疱瘡)』ではないことが判明。発疹の原因は未だ不明だが,感染性はないとの診断で,会社に行ってもよいという許可をいただく。熱も下がったので,顔やら身体やら発疹だらけだが,明日から会社にいくことにした。そのため,2週間のはずの休みも今日までとなったので,映画でも観にいこうと休日は混みそうなこの作品をチョイス。平日の昼の回にも関わらず,20前後のカップル又は女の子同士の比率高く,キャパ200人の6割程度埋まっている。明らかに,この中で30代後半のサラリーマン(背広にネクタイ)は僕一人だ。なんか絶妙に浮いた感じ。たまらん!

なんでこの作品が観たかったかというと,原作(と言っても,僕は本は読んでおらず,ネットの簡略サイトしか読んでないのだが)のあの独特の世界観をどうやって映像化したのか,興味があったのと,撮影期間1ケ月,編集期間1ケ月という超タイトなスケジュールで一体どんなレベルの映画が出来上がるのか,確かめてみたかったからだ。原作の電車男には特別な思い入れはないので,わりとニュートラルな気分で観れたと思う。

で,感想。思ったよりヲタク色が薄く,万人がライトな感覚で楽しめる予想外の『純愛』映画になっていたのではないだろうか。『予想外の純愛映画』とまでなったのは,何と言っても電車男役の山田君の熱演の賜物だ。今作での,彼の成りきり演技ぶりは本当に素晴らしい。服装とか髪型とかそういう見た目の部分ではなくて,しぐさとか目の動きだとか,そういう部分の細かい心配りが本当に素晴らしいのである。その一般大衆から見た『痛さ』(という感覚)が電車男をこれ以上ないくらいストライクに表現できていた。そこに拍手を贈りたい。正直ね,この作品にはこんな熱演はいらんのですよ。それを彼はあえて電車男に自分の役者としての実力を全力投球した。だから,観る者全てが,電車男に知らず知らずに感情移入し,自らもネットの住人達といっしょに彼の恋の応援をしてしまうのである。ここまで観客を乗せることができたら,この作品の『勝ち』である。もちろん,僕は『乗った』方であるので,この作品の『勝ち』を素直に認めよう。そして,山田君の熱演に。

ちなみに,エルメス役に中谷美紀本人を持ってきたのはスタッフのグッドジョブだが,22歳の電車男に実年齢29歳の中谷が恋人役というのはちょっと苦しいが,中谷美紀も丁寧に柔らかくエルメスを魅力的に演じているので,こういう彼女がいたらなあ,と自然と思わせてくれるので,この問題もクリア。製作期間が短かったことによる粗もそんなに気にならなかった。

(ここから少しネタバレ)

原作は,ただのヲタク男からネットの住人達が電車男を一人前の男に育てていく過程,やりとりが魅せてくれるのだが,そこは映画では綺麗に整理されている。地下鉄のホームを挟んで対峙する電車男とネットの住人達という構図は映画的。告白の場所を秋葉原にして,恋愛成就後の周りのネオンの電飾をアスキーアートで彩るあたりの味付けは心憎い。この告白のシーンの山田君の演技が絶品。こんなに涙と鼻水にまみれながらの情けない告白って普通格好悪いよな。でも,山田君があそこまでやると許せてしまう。あれだから,ハッピーエンドになるわけだし。不思議だけど,僕も勇気をもらえました。電車男に感謝!

僕は劇中,ほとんど声に出して笑うことはなかったのだが,まわりの20前後の女性達はところどころで爆笑し,鑑賞後は『感動した~』,『おもしろかった~』という声が多く聞こえた。彼女達には,これくらいの作品がストライクゾーンなのだろう。ようはネタが面白ければ過剰な美術・演出は不要ということか。映画の作り手側には衝撃的な作品になるなあ。

|

« ナビスコ杯対川崎戦1-3 | Main | クローサー »

Comments

更紗さん,どうもです。
山田君,『セカチュー』よりも熱演していたと思います。そうですね,中谷美紀のエルメスは,母性本能のオーラ出まくってましたものね。でも,男はあそこまでやって女性に引かれると辛いですが…。とにかく電車男に乾杯!

Posted by: たつし | 2005.06.17 at 10:20 PM

山田孝之の演技よかったですね。
ああいいう告白はひきかねませんが
中谷美紀が年上っていう点でよかったのは
彼女の中に密かにですけど母性本能感じれるとこかな?
あんな鼻水だらけの男だけど笑顔で受けられるって
年上じゃなきゃできないっす。

Posted by: 更紗♪ | 2005.06.17 at 08:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/4554896

Listed below are links to weblogs that reference 電車男:

» 電車男 [ネットって便利だな!!]
ついに映画化された「電車男」。 私も映画見てきました。まあそれなりに面白いですよ。 ただ本に比べちょっと内容が薄いかな。 そこがちょっと残念。 念のため「電車男」の内容をまったく知らない人の為に説明。 電車内で酔っ払いに絡まれている女性を助けた、ひ... [Read More]

Tracked on 2005.06.15 at 01:12 AM

» 映画「電車男」 [★ヤフオク★起業★映画とか・・・]
昨日六本木ヒルズにて、映画「電車男」を観ました。 非常に面白かったです^^ 日本映画は、「笑う大学」以来劇場で観るのは久しぶりでした。 原作は、立ち読みで一通り読んでいたので内容は事前に知っていたのですが、 それでも、新鮮に楽しく見る事が出来まし... [Read More]

Tracked on 2005.06.15 at 03:28 AM

» 電車男 [「月の風」シネマ日記]
山田孝之、中谷美紀出演 笑わせてくれます。 「久々にコメディー観たーーーっ!!!」そんな気分にさせてくれた。 前半は本当に笑わせてくれます。 電車男のウジウジ感、オドオド感が何とも滑稽。ホントは笑ってはいけないのでしょうが。 ある程度内容分かっているか... [Read More]

Tracked on 2005.06.15 at 12:10 PM

» 電車男 ★★★ [cinema village]
監督/村上正典 原作/中野独人 脚本/金子ありさ  出演/山田孝之 中谷美紀  あらすじ/電車内で暴れる中年親父から若い女性を救った、オタク男22歳。 彼女いない歴=年齢という 見るからにオタを地でいくタイプですが、 電車で助けた女性からお礼に高級ブランドのエル..... [Read More]

Tracked on 2005.06.17 at 08:03 AM

« ナビスコ杯対川崎戦1-3 | Main | クローサー »