« 明日のナビスコ,G大阪戦 | Main | ナビスコ杯対G大阪戦2-1 »

2005.06.03

コンスタンティン

新宿ジョイシネマ1。フランシス・ローレンス監督。キアヌ・リーブス主演。

ジョン・コンスタンティン(K・リーブス)はエクソシスト。いつもの悪魔祓いの儀式の途中で,言い知れぬ恐怖を感じる。長い間保たれていた天国と地獄のバランスが崩れ始めているという予感。そして,彼の期待とは裏腹にその予感は現実となろうとしていた…。

もう1ケ月半も前に観た映画で細かいところは印象が薄れている。感想だけ簡単に。この作品は観る前は全く期待してなかったんだけど,良い意味で裏切られた。そこそこ面白かった。キアヌが,『マトリックス』のネオのキャラをどう拭い去るか,そこがポイントだった。魅力的なネオの面影を残しつつ全く違ったキャラの構築に成功している。ヘビースモーカーであるが故に陥った末期の肺がんという現実に苦しみつつも,タバコをやめないとか,過去の自殺歴のため地獄に堕ちるしかないという現実に向かいつつも,その罪を償うため,エクソシストを続ける姿とか。オカルト過ぎない味付けも一般大衆でも観れる作品になっている。しかし,地獄と天国の描写とか,CGの使い方が結構ありきたりで,この辺りをもっと工夫できていたら,もっとパンチの効いた作品になったかもしれない。映像的に驚けるのは,アンジェラがビルの壁をどんどんと突き破って地獄に連れ去られるシーンだったが,あれでは人間は死んじゃうでしょう,というのが,もう片側の冷めた自分が思っていた印象。とは言いつつも,コンスタンティンのキャラが立ったので,続編があってもいい雰囲気。小道具やサイドストーリーが凝っているだけに,広がる可能性がある世界観を感じる。続編があったら,観てもいいかな,という出来栄え。でも,これでキアヌのキャラが固定されないことを望む。40越えてキャリアはこれからですぞ,キアヌ。

|

« 明日のナビスコ,G大阪戦 | Main | ナビスコ杯対G大阪戦2-1 »

Comments

月の風さん,TB&コメントありがとうございます。
コンスタンティン,なかなか魅力的なキャラだと思います。ヒーロー然と描かれてないのがいい。原作モノらしいので,続編の期待はかなり大ですね。武器とか小道具とか凝ってて面白かったので,次作にもその辺のこだわりは貫いてほしいです。

Posted by: たつし | 2005.06.04 at 11:53 PM

あの終わり方は続編がありそうな感じですよね。
ブラックジョークも効いてて予想以上に楽しめました。
コンスタンティンの武器も面白かったですね。

Posted by: 月の風 | 2005.06.04 at 11:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/4396588

Listed below are links to weblogs that reference コンスタンティン:

» コンスタンティン [「月の風」シネマ日記]
キアヌ・リーブス主演 今までにないオカルト映画ではないだろうか。 エクソシストと言えば、そうなんだが、娯楽性を非常に高め、ホラー映画ではなく、エンターテイメント映画に仕上がっている。 聖書を引用したり、そこら辺は、今までのようなオカルト映画と同じような... [Read More]

Tracked on 2005.06.04 at 11:04 PM

» コンスタンティン [AML Amazon Link]
コンスタンティン [Read More]

Tracked on 2005.07.09 at 08:01 AM

« 明日のナビスコ,G大阪戦 | Main | ナビスコ杯対G大阪戦2-1 »