« ナビスコ杯対G大阪戦2-1 | Main | 交渉人 真下正義 »

2005.06.04

W杯最終予選,バーレーン対日本,0-1

勝った,勝ったよ~~。宿敵バーレーンをアウェイで1-0で撃破。ジーコジャパンが本来の勝負強さを見せた形。選手達,気合入ってた。自分達の手で『誇り』を取り戻した姿にTVででも感動。北朝鮮戦は,ヒデ,俊輔,アレックスが累積出場停止,小野も高原も怪我でいない。だが,きっと残ったメンバーでW杯への切符を勝ち獲ってくれると信じたい。ジーコがどうのこうの言うより,土壇場になって一枚岩になった選手達を信じたい。

システムは3-4-2-1。ボランチにヒデ,2シャドーに俊輔と小笠原。そしてワントップに柳沢という引き分けでもOKという試合でなぜ戦術を変えるの?って感じ。この布陣は,去年のサンフのチアゴのトップに森崎ツインズのシャドーという形が思い出される。柳沢に1トップが務まるのか。俊輔と小笠原が柳沢を追い越す動きができるのかが,ポイントと言えた。正直,不安でしょうがなかった。実際,試合が始まってみると,柳沢も含め,前3人がみんなボール受けに下がってしまって,全体が引き気味になってしまっていた。前半序盤はバーレーンにやや押されていた。シャドー二人が下がり過ぎ,裏を狙う動きがない。まあ,そういうタイプの選手ではないことは分っているのだけれど。こうなると,全体のバランスを見て引き気味のヒデが前でプレイするしかない。今日のヒデは落ち着いている。ポジショニングと緩急のアクセントの付け方が絶妙で安定感がある。とても,前回のバーレーン戦以降,ほとんど試合に出ていない選手の動きとは思えない。小野の誰もがため息をつく技巧とは違って,テキパキと正確に動くマシンのようだ。30分過ぎあたりから,日本が前線で形を作り始める。しかし,この時点まで,3トップは正直機能しておらず,全くボールに絡めていない小笠原を下げてFWを入れて,3-5-2に戻した方がいいと思っていた。それが,その直後の小笠原の右足一閃の先制弾炸裂。ヒデ→俊輔→小笠原と渡ったパスワークが見事だった。来てる,ツイテル。これだけの不安要素を吹き飛ばして先制したのだ。今日は勝てる!その後,前半終了間際,バーレーンのロングシュートを川口が弾くことができず,ゴールポスト直撃。結局これが最も危険な場面だった。後半も日本は攻めきることはできないが,安全にボールを回してポゼッションし,安定した守りを魅せる。やはり中澤の存在感・安定感は別格。最後まで運動量が落ちなかった日本に対し,ホームのバーレーンの方が逆に脚が止まってしまった。勝負あり。最後までフォーメーションを変えなかったジーコの根性には頭が下がる。戦術なんてないんだな。真に根性。根性で勝つ。熱いおっさんだ。それでいいとは言えないが,勝利という結果はついてきた。ああ,やっぱりこのおっさん(とはいえ,神)を信じるしかないのだな。

今日のMVPはやっぱりヒデかな。ダントツの貢献度。やはり日本の宝であることをしっかりと証明してみせた。北朝鮮戦でヒデがいないのは,本当に大きい痛手。数少ないオプションのひとつである俊輔のFKもなくなるわけで,守備はよいとして,攻撃の再構築があと4日でできるかが大きな問題になるだろう。ホームでの北朝鮮戦のような戦いになるか。不用意な失点だけは気をつけたい。引き分けでもW杯だ。みんなでいっしょにドイツへ行こう!

|

« ナビスコ杯対G大阪戦2-1 | Main | 交渉人 真下正義 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/4409112

Listed below are links to weblogs that reference W杯最終予選,バーレーン対日本,0-1:

« ナビスコ杯対G大阪戦2-1 | Main | 交渉人 真下正義 »