« 樹の海 JYUKAI | Main | リーグ戦,対東京V戦,3-0 »

2005.07.27

フライ,ダディ,フライ

新宿トーア。成島出監督。堤真一,岡田准一主演。

平凡で郊外に一戸建てを持ち,妻と一人娘に愛される日常に何不自由なく幸福を感じているサラリーマン,鈴木一(堤真一)。しかし,その幸福に突然の異変が。最愛の愛娘が石原という高校生に暴行を受け入院してしまう。愛娘には心にも大きな傷が。一は石原に復讐しようと後先考えず包丁を持って高校に乗り込んだのだが,そこは石原の高校の隣の高校で,一はその高校のスンシン(岡田准一)に一撃でのされてしまう。意識を取り戻した石原は,スンシン達の提案で夏休みの間に猛特訓し,石原に勝負を挑む決心をする。

この作品観る前に,『岡田准一に今更高校生役ってどうよ』,とちょっと不安に思っていたのだが,全然イケてだ。いいねえ,岡田准一。春クールのドラマ,『タイガー&ドラゴン』の役とは真逆の厳つい,シリヤスな役どころを年齢差を苦にせず見事に演じている。スンシンの役に成り切った雰囲気がものすごく良かった。剛と柔(優しさ)のギャップを何の違和感もなく演じきっていた。コイツにはやはり才能がある。この作品は岡田准一あっての作品だと思った。さて,その相手役であるもう一人の主人公,一(はじめ)役の堤真一も,岡田准一に負けず劣らず素晴らしい演技だった。堤真一が演技が上手いのは当たり前。でも,スクリーンを見つめる僕にそれ以上のものを魅せてくれた。まず,その平凡すぎるどこにでっもいるようなサラリーマン佇まいから始まって,スンシンが課す戦うための特訓のノルマをこなせないダメな中年っぷりから,次第にスンシンの人間性と発言を理解するようになり,どんどん高くなっていくノルマのハードルを楽々越えられる(最後には,路線バスとの終着停留所までの勝負に勝ってしまうという)『スーパーなカッコいいお父さん』に変身していく過程を見事に演じている。正直,序盤の情けない中年の姿を堤真一があんなにもリアルに演じれるとは思っていなかった。アクションが伴うこの難しい役を難なく乗り越えたこの二人の魅せた役者根性には本当に脱帽ものだ。

この作品には一般大衆に分かりやすい良心がある。屈辱→猛特訓→対決→勝利。その過程をスンシン,あるいは一のどちらにもに成り切って楽しめる。二人とも感情移入しやすいキャラに見事に立てた製作サイドの勝ち。『本当に戦うとはどういうことか』,『本当に勝つとはどういうことか』という作り手側のメッセージが直球で伝わってくる。確かにスンシンが一に父親(?)を感じ,受け入れるシーンとかもっと分かりやすい描き方があった方がもっと感動できたかもしれないが,それはあの一が石原との『本当のj戦い』に勝って,スンシンが一に無邪気に飛びついて喜ぶシーンで善しとしよう。

とびっきりの感動作でもないけれど,観て損はしない映画だと思う。岡田准一を観たい人(一部の堤真一が観たい人)は映画館へ走れ。

雑談。特訓のシーンで,木に垂れ下がったロープを登るシーンがあるが,あれを一気に登りきった岡田准一は見事。僕は高校の頃,部活であれの倍以上あるロープを練習で登らされたのだが,新入生の当初は,しがみつくだけで本当に精一杯だった。この辺,堤真一の演技はリアルだ。真にあんな感じ。但し,本能でどんなことがあってもロープは離さないが。あれは単純は腕力ではなくて,『コツ』があるんです。コツを覚えてからは,僕も難なく何往復も登れるようになった。登りたくても登れない…あの頃の若い自分の苦悩(笑)を思い出させてくれるエピソードだった。

|

« 樹の海 JYUKAI | Main | リーグ戦,対東京V戦,3-0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/5179993

Listed below are links to weblogs that reference フライ,ダディ,フライ:

» 岡田准一/おかだじゅんいち【V6】 [3BUNT]
タイガー [Read More]

Tracked on 2005.07.28 at 07:02 AM

» フライ,ダディー,フライ  [キム・シネマ・クリエイト情報ブログ!]
 たぶん、原作は面白いのだと、思います。  原作者が自ら、脚本を書き、今、旬のイイ俳優がメインキャストで、スタッフも最高級の方が多くメインを担当し、……完成した映画はどうだろう。  私的には、「少しずつ足りない部分」が、重なり合い、(足りない部分が、観客のイマジネーションを喚起して、名作や傑作となる映画もコレマデ少なからずあります)心に響いてくる物があまりなかった。  去年の「デ�... [Read More]

Tracked on 2005.07.31 at 10:24 AM

« 樹の海 JYUKAI | Main | リーグ戦,対東京V戦,3-0 »