« 本日発売のエルゴラ,俊の特集 | Main | 今夜の等々力 »

2005.08.25

ヒナゴン

シアター・イメージフォーラム。渡邊孝好監督。伊原剛志,井川遥主演。

広島の小さな田舎町,比奈町。この町の新しい町長になった一郎(伊原)は,幼い頃に山で謎の生物『ヒナゴン』に出会い,以来ずっとヒナゴンの存在を信じてきた。一郎は町役場に類人猿課を復活させ,再びヒナゴンを発見して,比奈町を日本一有名な町にすることを宣言。その昔,ヒナゴンの第一発見者を祖父に持つ信子は,失業して東京から比奈町に戻り,類人猿課に再就職することになる。ヒナゴンをめぐり,町中を巻き込んだ大騒動が始まる…。

広島県に一度でも住民票を置いたことのある人は,作品の良し悪しがどうであれ,mustで観るべき映画だろう。1年半前まで広島県人だった僕もその心意気で観た。折りしも,この物語のモチーフとなった謎の生物『ヒバゴン』で全国に名をはせた比婆(比婆山脈)は,僕がまだ若く,週末は登山やらキャンプやらに勤しんでいた春秋のシーズンには,何度もトレッキングやキャンプに通い,その山中を歩いている途中に『ひょっとしたらここでヒバゴンに遭遇するかも』などと思いをはせていた,とても神秘的な雰囲気の場所だ。余計に思い入れが深くなる。

だからこそ,この作品の『テーマ不明瞭』な不親切な作りには大きな不満を感じた。田舎の瑞々しい自然とその神秘性を尊ぶ作品なのか。過疎の町の合併問題を問題視する政治をテーマとした作品なのか。謎の生物『ヒナゴン』を心の片隅で信じる人々の良心を称する作品なのか。そのどれもを描いているようで,しかし,どれもが中途半端で的が絞りきれておらず,どの主張も観る側には強く響いてこない。そこが残念でならない。

その原因。謎の生物『ヒナゴン』(=信じる夢のような象徴)を町民達の心の拠り所にさせて,うつろぎな町民の心をひとつに纏め上げ,過疎の町を活性化し,隣接市との合併を阻止しようという一郎の狙いは分からなくはない。しかし,一見では,一郎の言動が,裏付けなきヒナゴンの存在主張に振れたり,利己的な合併阻止主張に振れたりするので,観ている側には一郎の真意は捉えがたい。一郎の一本気なまでの『夢を信じる心』の大切さこそが,この作品が一番訴えたかったテーマだったはずなので,一郎の描写が両極端すぎて,分かりづらかったのが,一番辛かったところだ。また,現実の生活と『ヒナゴン』(=夢)の橋渡し役となるべき信子の心理描写が圧倒的に足りない。これでは,作品に対して素直に感情移入していけない。これは,井川遥の演技力云々の問題ではなくて,完全に演出の失敗だと思う。一郎役の伊原剛志のキャラが際立って立っていただけに,井川遥という何色にも染められる素材を活かしきれず,観客を物語に感情移入させることに失敗したことは痛かった。井川を使って,観客に向かっていろいろな問いかけをしようとしている,作り手側の意図は伝わってはきたが,如何せんその力が弱い。それが,物語の主張が中途半端になった原因だと思う。

しかし,『おらが町,万歳』とか,『田舎町の情緒賛美』とか,『町起こし復興』とかを描いた作品として割り切って観れば,広島県人としては素直に嬉しい作品ではある。西城という町をとても魅力的に撮れている。映画という少なくない額の予算を要する媒体で,このような地方の謎の生物という狭いスポットに焦点を当てた映画が作られることはとても稀有なことで,貴重なことだと思う。比婆山のあの木の葉が降り積もった吸い込まれるような静かな山道をヒナゴンが彷徨っていることを想像しながら…そういう信じる心を大切に思いたい。

|

« 本日発売のエルゴラ,俊の特集 | Main | 今夜の等々力 »

Comments

たつし様、ご連絡ありがとうございます。
なかなかの感想で、是非たくさんの人に読んでいただきたいと思います。来週UPします。
本当にありがとうございます。

Posted by: みわりん | 2005.10.08 at 06:46 AM

こんにちは。先日メールさせていただきました。是非こちらのブログにリンクを貼らせていただきたので返信よろしくお願いいたします。

Posted by: みわりん | 2005.10.04 at 10:09 PM

更紗さん,コメントありがとうございます。
映画の題材になるような神秘的な伝説がある,ってだけでも地元について胸の張れる素晴らしいことだと思いますよ。
井川遥の演技は確かにナニでした…私,女優になる前からの彼女のファンでして,この問題に関してはこれ以上掘りたくありません…でも,密かに応援は続けます(笑)。

Posted by: たつし | 2005.08.28 at 05:55 PM

こんばんは、私は井川遥の演技力にも問題あり。と思っています。
井原に対してパンチがきいてないし、
まあ元々好きじゃない女優なんで地元の映画じゃなかったら
見てなかったと思います(笑)

Posted by: 更紗 | 2005.08.26 at 07:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/5636167

Listed below are links to weblogs that reference ヒナゴン:

» ヒナゴン ★★★☆ [cinema village]
あらすじ/物語の舞台は、広島県比奈町(ひなちょう) (実際にはありません。比婆郡西城町が舞台になってます) ○中電灯を照らして、森の中を行くイッちゃんたち悪ガキ五人組 「ヒナゴン」に会いたくて夜の森を探し回り ヒナゴンを発見したイッチャン。 そのイッチャンも3..... [Read More]

Tracked on 2005.08.26 at 07:46 PM

» ヒナゴン [★☆★ Cinema Diary ★☆★]
忘れている何かを思い出させてくれる作品。魅力溢れるキャスティングがとても良かった。 [Read More]

Tracked on 2005.11.02 at 12:23 PM

» 信じていないと見えない◆『ヒナゴン』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
11月8日(火)名演小劇場にて 累積赤字が重なり、隣町との合併が取りざたされている広島県の小さな町、比奈町。そこは30年前に、類人猿のような未確認生物、"ヒナゴン"が目撃され、全国的にも一躍有名になったのだ。しかし、その騒動にも終止符が打たれ、今は過疎にも悩ん...... [Read More]

Tracked on 2005.11.09 at 04:53 PM

» ヒナゴン [映画、言いたい放題!]
予告編が大変面白そうだったのと、 この予告編を観た時、舞台の仕事で広島弁の役を演った後で 何だかとても興味がわいて。 DVDで鑑賞 広島県の比奈町は 30年前に“ヒナゴン”で一躍大ブームになった小さな田舎町。 しかし最後にはマスコミに“嘘つき村”と叩かれた辛い歴... [Read More]

Tracked on 2006.03.25 at 02:24 AM

« 本日発売のエルゴラ,俊の特集 | Main | 今夜の等々力 »