« 今夜の等々力 | Main | 負けるな,浩司! »

2005.08.28

リーグ戦,対川崎戦,1-1

ナビスコの時は急病で行けなかったので,J2の最終戦以来,2年ぶりの等々力。あの時は,川崎が昇格を賭けた試合だったので,アウェイ席を除き,スタジアム中が水色に染まっていて壮観だったが,この日はバックホームよりのコアサポが陣取るブロックを除き,空席が目立つ。おかげで,アウェイチーム戦では珍しく,バックのセンターややアウェイよりの席に座る。もちろん周りで紫は僕一人。川崎の応援歌の歌詞カードを配っているサポのお兄さんに,『今日はよろしくお願いしますね!』といきなり握手されてびっくりする場面も。握手でよかったあ。川崎サポに好印象を持つ。

さて,試合開始。今日は,西河がスタメンで3バック,3-5-2。連戦で選手に疲れがあるのとジュニーニョ対策だと予想。しかし,川崎も同じシステム。ガチで中盤の戦いになることが予想される。その予想どおり,中盤でのボールの奪い合いになる。しかし,サンフは,マイボールになってからの無意味なロングフィードが多く,そのセカンドボールが奪えず,苦しい展開。もっとカズを中心に中盤をきちんと組み立てて,一列上がった両サイドを使って攻撃したいのだが,そのカズの動きにキレがない。カズだけでなく,全体的に中盤より前の選手の運動量が足りない。大木,今日も動きが悪い。次第に川崎にポゼッションを許し,低く構えて受ける形になる。ここからキレのあるカウンターでも観れれば,それも戦術,と納得できるのだが,全員の攻守切り替えが遅い。サンフの両WBの上がった裏のスペースを川崎に徹底的に突かれ,攻められる。左のアウグストにはいつも痛い目にあっているが,今日は右サイド長橋にもやられている。ジュニーニョが2列目まで下がって,持ったら必ずドリブルでつっかけ(これがなかなか止められない),守備陣系が乱れたところに2列目からマルクス等が飛び込んでくる。サンフ,やっとマイボールにしても,繋ぎの途中でミスを連発し,ボールを失う。中盤でタメが作れる選手がほしい。寿人のシュートがGKに弾かれるなど惜しいシーンもあるがそれも単発。カズのボールタッチが少ない。しかし,カズも調子が悪いながら,やはりフリーでボールを持つと前線へ鋭いスルーパスを配給するなど,やはりビッグチャンスを作ってくれるので,もっとカズを経由するようにして,リズムを作りたい。前半30分過ぎあたりから,やや押し返し,サンフにも良い形が観られるようになるが,やはり大木が効いていない。厳しい。終盤,ジュニーニョに左サイド裏のスペースへパスを通され,飛び込んで来たアウグストにシュート撃たれるも,下田ブロック。サンフ,攻守の切り替えが川崎に比べて遅い。中盤でボールを失っても,カズがちんたら走っているような場面もあり,ピンチが増えても当然か。やはり選手達は疲れているのか。このまま前半終了。後半のポイントは,システムチェンジと選手交代の判断だろう。恐らく,先制されるようなことがない限りは3バックで行くと思われ,交代選手のカードをどう切るかが勝負の分かれ目になると予想。

後半,大木に替わり,茂原。ベットがトップ下に入る。前半序盤,川崎にゴール前で決定的な危ない場面を何度も作られるも,必死の守りでゴールを割らせない。そんな中,スローインからの流れ,コウタが右足でクロスを入れ,飛び込んだ寿人,バックヘッドで流れたボールはゴール右隅に決まる。数少ないチャンスをモノにした貴重な先制点をゲット。寿人,左コーナーフラッグを握って,ゴール裏のサンフサポ達の前で仁王立ち,お得意のポーズ,超かっちょええ~。勝てる,勝てるかも~。その後,川崎に攻められ,ゴール前で混戦の中,ヘッドで押し込まれるシーンがあったが,ゴールの前にファールがあり,ゴール取り消し。助かる。勝てるかも。しかし,やはりそんなに甘くはなく,中央のプレスが甘くなったところ,ジュニーニョに右サイドにフリーで飛び出したマルクスにパスを通され,フリーのマルクスは難なくゴール左隅を射抜く。さすがの下田も及ばず,同点。その直後には,西河の軽率なプレイからゴール前,シュートまで持っていかれるも外してくれる。助かる。川崎は,黒津に替わり,我那覇を投入,勝負に来た。ウチも次の一手を打ちたい。相変わらず,ジュニーニョのドリブルは止められず,シュートまで決められないまでも苦しい展開。ここに来て,左右のDFラインを突破されピンチが続く。川崎のカウンターは鋭く,速い。絶対に負けられない戦い。この川崎の勢いを押し返すことはできないのか。34分,西河に替わり,ハンジェ。4-4-2,ベット,トップ下の中盤ダイヤモンドの本来のウチの形へ。しかし,ラスト10分で,しかもハンジェなのか。引き分けでも良しとする小野監督の真意が見えた交代。これを受け入れるのは悔しい。なぜ浩司を出さない。ここで切り札とされない今の浩司の力の無さを屈辱に思う。しかし,その直後,ゴール前のワンツーで完全に川崎DFの裏へ抜け出したガウボン,GKと1対1に。シュート放つも,GKブロック,惜しくも決まらず。これを決めていれば勝利を手繰り寄せられていれただけに悔しい。俊が来ない。引き分けでもいいのか。そんなことを考えているサポは一人もいないぞ。俊を出せ。そして,42分,ガウボンに替わり,やっと俊登場。遅すぎる。44分,右サイドFKからヘッドでゴール前に落としたところに,俊がオーバーヘッド。しかし,力なくゴール右に外れる。ロスタイム3分。しかし,サンフは寿人以外は自陣に下がって防戦一方。アウグストにシュート撃たれるも,下田,パンチングでクリア。最後にカウンター,茂原のロングフィードに抜け出した寿人がミドルシュート放つも外れる。ここで試合終了。死力を尽くした戦いも,痛恨の引き分け。選手交代の決断の遅さが悔やまれる。

コンディションを考慮した3-5-2はまだ良しとして,なぜ前半で諦めなければいけないようなコンディションの大木を使うのか。最初から全く走れてなかったし,チェイスすらできてなかった。本当にがっかりだ。しかし,あのカズですら久々に観る不出来で,カズも替えた方がいいかもとすら思ったくらいの試合だから,やはり引き分けでもやむなしなのかもしれない。しかし,そんな試合でも,ガウボンが1対1をモノに出来ていれば勝てたかもしれなかったわけだし…。しかし,浩司よ,こんな試合展開でも使ってもらえない選手になってしまったのか。大木の調子が落ちてきた今だからこそ,トップフォームの浩司が必要。もっと,『自分がサンフレッチェを優勝に導くのだ』というくらいの強い自覚を持ってほしい。現状のベンチメンバーで良しと考えているようなら,もうベンチにも座らなくていい。浩司の復活を待っているサポーターは俺だけじゃない。もっと強い気持ちを持って,ピッチに帰ってきてほしい。そして,その華のあるプレイを俺達に観せてほしい。これから強豪との戦いが続く。サンフには,浩司の持ち味である決定力こそが,今こそ必要なのだから。

優勝争いに残るには,次のホーム・ジェフ戦は必勝。そして,敵地でガンバに挑む。絶対に負けられない戦いは続く。もちろん行くよ,万博も。今度はナビスコのような情けない試合は観せてくれるな。そして,あの試合でスランプのどん底に落ちていった浩司のリベンジを強く希望する。

|

« 今夜の等々力 | Main | 負けるな,浩司! »

Comments

hadaken69さん,コメントありがとうございます。
川崎戦は内容では負け試合,もちろん勝ち点1でもよいとも言えます。ただ,現にガウボンは最後の1対1を外してますし,俊を早めに投入しなかったことなど,采配にはまだまだ再考の余地があるのではないでしょうか。そうしないと,今より上には行けませんから。

もちろんリンクOKですよ。今後ともよろしくお願いします。

Posted by: たつし | 2005.08.30 at 07:56 PM

忘れていました。
リンクしていただいているようですが、
私もリンクさせてもらってもいいでしょうか?

Posted by: hadaken69 | 2005.08.30 at 12:44 AM

先日はコメントをいただいたのにお返事するのを忘れてしまいました。すいませんでした…

川崎戦の参戦、お疲れさまでした。
勝ち点1は確保できたのですからよかったのではないでしょうか?
ただたつしさんがおっしゃるとおり、大木の起用はどうなんでしょうか? ただ大宮戦は、見る限り後半のはじめぐらいまではかなり効いていたように見えました(これも異論がある方もいらっしゃるとは思いますが…)。彼は波が大きいような気がします。浩司や高萩あたりにもっと頑張ってもらいたいのですが…

選手交代についてはよくわからないですね。
ただ今回は今後も考えられる3バックとその時の中盤のパターンをいろいろチェックしていたのかもしれませんが…

Posted by: hadaken69 | 2005.08.30 at 12:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/5677446

Listed below are links to weblogs that reference リーグ戦,対川崎戦,1-1:

» VS川崎戦 レビュー(プレ) [下駄をはくまで(裏)]
試合の映像を見ていないので何ともいいようがないですが… サンフレッチェ広島公式携帯電話向けサイト TSSサンフレッチェ広島を見る限りでは、 負けなくてよかった… といった感じでしょうか? 「暑さ」と「移動」が応えていたようですね。 ただ ゴール前でシンプルにシュートで終われなかったという ここ2〜3年ずっと言われている課題は克服できなかったようです。 くわしいことは改めて、試合を見たあとでコメントをしよう�... [Read More]

Tracked on 2005.08.30 at 12:33 AM

« 今夜の等々力 | Main | 負けるな,浩司! »