« 今日のカシマスタ | Main | リーグ戦,対大宮戦,2-1 »

2005.08.23

リーグ戦,対鹿島戦,2-1

土曜日の勝利にはしゃぎすぎたせいなのか,日曜に起きてみると身体中の節々が痛い。風邪か?体温計で計るとなんと39度の高熱が。合わせて,重度の食あたりのような症状がでて,全く飲み食いする元気もなくなる。もちろん,月曜に会社にも行けず,仕事を休む。結局,日・月と横になったまま,眠ることもできず,ようやく苦しみが軽くなった頃には今朝だった。辛い,辛いよ。独身者の急病。早く結婚しようよ,マジで…(オマエ,ソレダレニイッテイル?)。

と試合と関係ないことはこのくらいで。土曜日は関東サポのバスツアーで参戦。今回も,このツアー参加者への選手達からのビデオメッセージがバス内で披露される。クラブからのこういう気配りが嬉しいなあ。これを観るだけでバスツアーに参加する意義有り。広島からの参加者も多く,車内はとても良い雰囲気だ。そして,陸の孤島,鹿島国へ到着。

僕はバックアウェイの指定席で観たのだが,その他のツアーの方はゴール裏へ向かったようだ。試合開始前,それまで,アウェイゴール裏の一角を占めていた紫の人影が全くいなくなる。そして,そのうちスタンド裏から,大きな歌声が聞こえてくる。そして,紫のサポ軍団が,歌声を上げながらゲートから入場してくる。紫の旗をなびかせながら。それは,それぞれが応援場所の配置に就くまで続いた。数では,ホーム・ゴール裏の赤い軍団と勝負にならないが,『今日,俺達は負けない!』,そういう関東サポ達の特別な想いが痛いほど伝わってくる感動的なセレモニーだった。そして,選手入場時にゴール裏に関東で初めて広がるビッグオーレ!壮観!今日は特別な日だ。必ず勝つ。勝たなければ意味がない。

コウタが右肘脱臼の怪我をおしての強行出場。ぐるぐる巻きのテーピングとサポーターが痛々しい。システムは4-4-2,中盤ダイヤモンドのトップ下に大木。これが今のベストメンバーだろうか。浩司はベンチ入りも出来ず。やはり怪我からコンディションが戻らなかったのか。対する鹿島も移籍問題の絡みで小笠原がベンチにも入っていない。敵はベストな状態ではないが,勝つチャンスだ。

前半序盤は,やや鹿島ペース。上手くボールを回されている。だが,相手はここという攻めのパスがない。運動量ではこの日のサンフも負けていない。コウタ,駒野の両サイドも,果敢な攻め上がりを魅せる。ジニ・小村の安定感は相変わらず素晴らしい。前線のガウボン・寿人もキレのある動きでチャンスを作ろうとしている。が,ここで一人だけ取り残された男がいた。大木だ。中盤のスペースを埋めるために奔走しているだけで,全くボールに関われない。鹿島の本山が自在にポジションチェンジしながらボールを捌き,ゴールを狙う動きを見せているのとは対象的だ。10分過ぎからサンフ押され始める。FWまでボールが回らない。ピンチだ…その時,勝負を分けたあのプレーが出た。ハーフラインから手前の位置からのガウボンからの前線への縦パス一本に鋭い反応を見せた寿人がPA近くで一気に岩政を振り切ろうとする。あとは岩政,ファールで止める。これがなんと赤紙で岩政は一発退場。怒号が渦巻くスタジアム。鹿島ゴール裏からは物凄い音量だ。これで数的優位に立ったはずのサンフだが,逆に10人になってから丁寧にパスを回してくる鹿島にポゼッションで圧倒できない。そう,ここでも大木だ。大木が全くボールに触っていない。大木のところでボールが捌ければ,もっと押し込めることができるのに。ガウボンと寿人が好調なだけに,大木の不調(スーパーベンモードでないだけか)が目に付く。これなら10対10と同じだ。全く数的優位を活かせない。完全に崩せた場面は,寿人が前線に走り込んだガウボンにスルーパスを合わせて,ガウボンがシュートを曽ケ端に足でブロックされた場面だけか。2列目からの飛び出し,これが観れなかったのも不満。カズが底で頑張ってパス出ししているのだから,大木,ベット,シゲ,もっと思い切って前線へ飛び込んでいけ。そんな愚痴ばっかり言っていた前半ロスタイム,右サイド深い位置からのスローインからカズがPA内の大木にパス,大木が潰れてこぼれた球を拾ったガウボンが左足でシュート,ファーサイドに流れたボールに一人反応していたのは,寿人!滑り込みながらボールに合わせ,ゴール。ロスタイムに得点。鹿島の固い守備を崩せず苦しい展開だっただけに,貴重な得点だ。寿人,キレている。敵地の赤いサポーター軍団の目の前で,めちゃカッコええっ!

後半,今度はサンフがこちら(アウェイ側)に攻めてくる。もっといいシーンが観たい。大木の替わりは…今日はハンジェと桑田。たぶん,小野監督は終盤までこのカードは切ってこないだろう。浩司,早く本調子に戻って帰ってきてくれ…。後半もやはり大木が効いていない。対する鹿島もやはり小笠原の不在が大きい。ゲームメーカーのいない両チームの対決の勝敗はどうなる?中央からの攻めが少ない分,今日はサイドのコウタと駒野の動きが目立った。コウタは相変わらずベットとの相性が悪く,これは改善されていない。それでも,単独での仕掛けにいつもとは違う気迫が感じられる。コウタ,駒野からのクロスに寿人が飛び込む。迫力ある展開。次第に展開はサンフペースへ。ここに来てようやく数的優位を活かし始める。鹿島は,野沢に替わり,アレックス・ミネイロ。リカルジーニョに替わり,名良橋。流れを取り戻そうとする。ここから岡田主審,黄紙連発。コウタ,茂原が餌食になる。いつもは冷静なジャッジの岡田主審にしては珍しいゲーム裁き。余計に試合を混乱させている。鹿島が負けている分,スタジアムは一層異様な雰囲気に包まれる。この黄紙連発を受け,流れが鹿島へ。大木が効いてない。大木を替えたい。そんな中,左CKからのこぼれ球をアレックス・ミネイロに押し込まれる。同点。鹿島,本山に替わり,深井。次々に攻めの手を打ってくる。対するサンフは…俊だ。今日のベンチで勝負できるのは俊しかいない。同点では意味がない。勝たなければ意味がない。早く俊を出せ!そして,31分,ガウボンに替わり,俊登場。大木に替わり,桑田。大木に替えて俊を入れ,3トップにしてくると思っていたが,小野監督は冷静で理詰めだ。桑田が普通のプレイをすれば,今日の大木の穴は埋められるだろう。あとは俊で勝負だ。俊は,相変わらず1対1で勝負をしたり,曽ケ端のフィードミスを抜け目なくシュートを狙ったりと期待を抱かせてくれる。そんな中,茂原に2枚目の黄紙,退場。さあ,これでゴングまで撃ち合いだ。サンフ,中盤でボールを落ち着かせるところが欲しい。浩司~。42分,アレックス・ミネイロにドリブル突破され,ゴール前,逆サイドの深井へパスを通されるが,フリーのシュートを外してくれた。助かった。終盤,鹿島の怒涛の攻め。なんとか凌ぎたい。そこへ終了間際,大岩が2枚目の黄紙で退場。鹿島,9人に。そして,ロスタイム,左サイド,コウタからの横パスを中央でフリーで受けた俊,落ち着いて一人かわしてそのままゴールへ向けてドリブル一直線,PA進入,DFが詰めてこないことを冷静に確認し,ゴール左隅を明らかに『狙って』柔らかく左足を振り抜く。当然ここに決まる,というようにボールは緩やかな弧を描き,曽ケ端も届かず,ゴールイン。2-1,俊,またしても,ロスタイム決勝弾!真にファンタジスタ!ゴール裏,歓喜爆発!そして,試合終了。絶対に負けられない戦いを勝ち残った~。

俊,真に『神の子』だ。勝負強さと持ち運の強さをこの大一番で改めて証明。この1勝は大きい。この1勝が逆転優勝への夢の軌跡への序章となることを信じたい。

チームとしての連携は明らかに良くなっている。だから,これからどのくらい多くの試合をこのメンバーで戦えるかにかかってくる。レギュラーの怪我や出場停止はできるだけ避けたい。一番大きな課題はトップ下か。トップフォームの浩司がこのピースに入るなら,何の問題もないのだが…。今年の浩司にそれを望むのは酷なことかもしれない。トップ下で浩司が輝く日が来るなら,サンフの逆転優勝も夢ではない。そう思いたい。寿人,ガウボン,もっと得点できるぞ。二人ともキレている。2列目の各選手,もっと精度が欲しい。カズがもう10m高い位置でプレイできる機会が増えたら,すごいことになるかもしれない。期待は膨らむ。

明日はもう大宮戦。この流れを,自分達の手で手繰り寄せた優勝への挑戦者のチケットを手放すようなことはするな。ホームで,その僕達,関東サポを感動させてくれたサッカーを思う存分披露してくれ。絶対に勝って,土曜日に等々力に戻って来い。

もちろん,帰りのバスは祝勝会の宴~。祝いのコールなどして勝利の余韻に浸っていると,なんと一瞬,高速で隣車線に選手達を乗せたバスが並走。こちら車内,選手達に向け,爆発するコール。バスの窓越しにこちらの方を見て,口あんぐりの驚きの表情の選手達。僕達,関東サポだって分かってくれたかな。とりあえず,明日も勝て。

|

« 今日のカシマスタ | Main | リーグ戦,対大宮戦,2-1 »

Comments

Hello! Would you mind if I share your blog with my twitter group? There's a lot of folks that I think would really appreciate your content. Please let me know. Thank you

Posted by: gold watches | 2013.12.18 at 12:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/5606081

Listed below are links to weblogs that reference リーグ戦,対鹿島戦,2-1:

» さあ、「Road to Champ」をまっしぐらだ!!(2) [下駄をはくまで(裏)]
改めて書きたいと思います、先日の鹿島戦!! 素晴らしい勝利だったと思います{/hakushu/} まずはやっぱり 公式携帯サイト「TSSサンフレッチェ広島」を見てもらいたい! この試合は「内容」より「結果」だとは思っていた。 しかし、上記のサイトでは「内容」も求めた。 今年のサンフレッチェは正直ここまで健闘するとは思っていなかった。 内容も決していわゆる「強豪チーム」にも決して劣っていない。 ... [Read More]

Tracked on 2005.08.24 at 02:29 AM

« 今日のカシマスタ | Main | リーグ戦,対大宮戦,2-1 »