« 今日のビッグアーチ | Main | 双子愛 »

2005.09.20

リーグ戦,対浦和戦,3-4

えーと,まずはここにアクセス頂いている多くの浦和サポの皆様,本当にありがとうございます。先程帰宅しまして,昨日今日のアクセス数見て目玉飛び出ましたっ。あのー,自分でこんなことを言うのは何なのですが,ここはサッカーの素人で単にサンフレッチェ好きの管理人(=私)が感じたことを自己満足で書き残しておくためのブログなので,ここを基準にサンフレッチェとそのサポーターを評価するのはやめて頂きたいなあ,と。よろしくお願いします。

さて,先週の大阪遠征に引き続き,上位争い生き残りを賭けた今季最大の山場とも言える一戦を生で観るため,今週は広島へ帰る。今日はメインSS指定席ホーム側前から6列目。朝,少し遅く出て,今回は飛行機を使ったのだが,開門時間に間に合い,メイン側は余裕で入場できた。すぐにファンクラブサロンに向かい,最前列中央の席でサロンで合流したMIKIさんといっしょに中野編集長の前説を聞く。いつも思うのだが,この席に毎試合駆けつける熱心なサポの方々が軸になって,サンフの動員を支えているのだと思う。この試合のポイントは2点,『カズのリベロ起用』と『トップ下桑田起用』だ。正直,こんな大切な試合にこんな大博打を打つのは,真に強いチームがすることではないと思う。しかし,小村累積警告により出場停止,大木の怪我(腰痛)による離脱という危機的状況では,選手層の薄いウチのチームでは,限られた信頼できる選手で,その時々の試合を乗り切っていくしかない。チームの攻守の要をあえて一列下げるのだ。正直,カズがどれだけ上がりを見せ,前線へ効果的なパスを供給できるか,が勝負の分かれ目と考えた。カズが『スイーパー』になってはダメだ。『フォア・リベロ』のような役割になることを期待したい。浦和の攻撃力を考えると,前節ガンバ戦のような打ち合いになることは避けたい。天敵エメルソンがいなくなったとはいえ,田中達や永井のようなスピード系FWが苦手なうちのチーム。急造DF陣がどれくらい凌げるかがポイントになりそう。

スタメン発表は4-4-2だが,やはり中野編集長の予想どおり,カズが最終ラインに残って,3-5-2になっている。トップ下は桑田。浦和ゴール裏の赤い軍団は,客観的に観て,ウチのB6の紫の3倍はいる。今日はホームジャックはさせない。さあ,勝負だ。

序盤は両チームそれぞれの特徴を活かした攻めを展開。決定機を作る。浦和は,田中達,長谷部あたりが起点になって攻めてきている。サンフは,寿人が相変わらず前線で鋭い動きでゴールを狙っている。両チーム,カウンターからの速い攻めの応酬。しかし,シュートまで至るのは浦和の方が多い。やはり浦和はDFが強いので,流れの中で崩していかないとなかなか単純な1対1では勝てない。序盤は,ベットと茂原が走り回り,ポンテに仕事をさせていない。逆にサンフは桑田が全くボールに触れない。守備的な運動量はあるのだが,フリーのスペースで自分でボールを呼び込むところまでいけない。桑田がボールを触ってリズムに緩急がつかないと苦しい。どうしてもベットは攻め急ぐ傾向があり,桑田のところでボールが落ち着かないので,ボランチ2人が前目になり過ぎ,DFラインとの間にスペースができている。カズ,もっと押し上げないと。田中達がキレキレで,何度もドリブルで崩そうとするも,下田も含めて最後のところで得点は許さない。対するサンフは,全体に運動量が足りない。特にガウボンが動けていない。浦和は,中盤で丁寧に繋いで,田中達や永井に預けて勝負させるという攻め方を徹底。長谷部がリンクマンとして抜群に効いている。これにポンテが絡んでくると怖いがまだ決定的な仕事はさせていない。さて,問題の3バックだが,連携が今ひとつ。3人の意思統一が取れておらず,ギャップができてしまっており,そのスペースを田中達あたりに狙われている。特にジニーニョの不出来が目立つ。バランスを考えずに攻め上がったり,本来なら今日の試合はカズに任せるべき仕事をやってしまい,結局カズが最後尾でカバーする最悪の形になってしまっている。30分あたりでは,浦和の攻めの圧力にDFラインがずるずると下がり出す。頑張りどころだ。その直後,この試合でカズが初めてボールを持ってドリブルで中央を攻め上がり,35mロングシュート,ゴール右に外れる。この積極性がもっと欲しい。この後,サンフの右サイド,アレックスのスルーパスから田中達のドリブル突破を許し,PA進入,西河とジニーニョがカバーに走るが,あざ笑うかのように逆サイドにフリーで走り込んできた永井にパスを通され,永井難なくゴール。先制を許す。田中達一人にかき回され,マークがズレた。しかし,あそこで永井をフリーにするなんて。この後も田中達にダイレクトシュートを撃たれるも,下田正面で助かる。ラスト10分,サンフは前線にボールが繋がらない。桑田,相変わらずボールに絡めない。厳しい。両サイドからのクロスも少ない。ラスト2分になり,左サイドからのスローイン,珍しくベットがボールを持ち,ロングスローしたボールは,浦和DFと競ったガウボンの頭の上を抜け,GK前に。そこに飛び込んだのは,寿人!さすがのゴール前での嗅覚の鋭さを感じさせるゴールで同点,1-1。なんとかこのまま前半を終わりたかったが,なんとロスタイム,中央を田中達がドリブルで切り刻み,PAへ,DF振り切り,ゴール前へグラウンダーのシュート,走り込んで来たポンテが合わせてゴール,1-2,勝ち越される。得点直後のもったいない時間帯で,前節に引き続き,またも失点。このまま前半終了。前半,両サイドは崩されてはないが,田中達のドリブルでDFのマークがずれ,そこを突かれ失点を食らっている。相手FWへのパスの出所をもっと抑えたい。

後半,サンフは不出来の桑田に見切りをつけ,ハンジェ投入,カズもボランチに戻し,いつもの4-4-2の布陣に。トップ下には茂原が入る。立ち上がり,サンフがいきなり決定機を掴むも,浦和GK都築のファインセーブでゴールならず。その後,右サイド,ハンジェからのクロスをファーサイドに走り込んだ寿人がボレーで合わせる。素晴らしいシュートが決まり,また同点,2-2。この後,サンフはカズが積極的に攻撃参加し,ミドルシュートを放つ等,勢いに乗る。対する浦和も,CKから永井がフリーでヘディングシュートを放つも下田スーパーセーブで逃れる。後半は激しい打ち合いの様相となってきた。浦和,トゥーリオが故障で堀之内と交代。茂原のトップ下,効果的にボールに絡み,効いている。サンフ,4バックに戻して,本来の全員攻撃・全員守備の形ができてきた。アレックスに替わり,平川。この直後,カウンターから左サイド突破され,クロスを上げられる。このボールをフリーの状態だったカズがなんとトラップミス。ボールはそのままゴールへ。キャプテンの痛恨のミスにより大きな勝ち越し点を許す。2-3。26分,左サイドからクロス上げられ,ヘディングシュートを許すも下田止める。跳ね返りを田中達シュートもバーに救われる。CKへ。ここでベットから俊へ交代。大ピンチを凌ぎ,なんとか助かったと思った直後,なんとこのCKをネネにヘッドで決められてしまう。2-4,突き放される。しかし,サンフは諦めない。この直後,右サイドから駒野の低いクロスにニアに飛び込んだ寿人が合わせてゴール。寿人,ハットトリック!素晴らしい決定力と勝負強さ。点で合わせる技術に脱帽。3-4。あと20分を切った。なんとか追いつきたい。ガウボンに替わり茂木。俊がトップ下だが,ほとんど4-3-3のような攻撃的な形で追撃に出る。浦和は永井に替えて,岡野。後半15分あたりから雨が降り出し,32分には土砂降りに。激しい夕立だ。サンフが攻め,浦和が守る形になる。俊はボールを持つとドリブルで仕掛け,ファールを誘う。しかし,今のウチには決定的なFKキッカーがいない。この時間になっても,選手達は諦めてない。今日は足が止まってない。戦う『気持ち』を見せてくれる。いける,もう1点,どうしても欲しい。茂木はボールを受けるための動きがやはり今ひとつだ。今日も一本いいシュートがあった。ボールを持ったら輝けるので,ここを磨いてほしいのだが。俊の神懸り的な決定力に賭けたい。そして,俊,中央でボールを持った俊,ドリブルでDFを一人かわし,シュート放つも,左隅を狙ったシュートをGK都築が横っ飛びでこのボールを弾き出し,最大のチャンスを逃す。試合はロスタイムへ。ポンテが右サイドを駆け上がって,田中達にパス,シュートはDFがブロック。この後,タイムアップ。俊,茂木を投入後は怒涛の攻めを見せるも,浦和の固い守備を突き崩せず。3-4,壮絶な打ち合いの末,上位進出争いに敗れ,浦和は3位へ上がり,サンフは7位に沈む。

得点直後に失点した2失点目と,交代で集中が曖昧になった場面での4失点目が痛かった。結果論で言うと,今日の二つの大きな博打は失敗したと言わざるをえない。DF3人があんなにバラバラでは,どうしようもない。カズとジニの信頼関係がきちんとできていたのか,疑問だ。カズがボールを動かすのではなく,ジニや西河が攻め上がったり,ボールを蹴り込んだりしていた。完全な戦術徹底の失敗。更に,ダブルボランチのカバーリーング意識の低さがDFラインの前にスペースを生み,ここを田中達にいいようにかき回された。4バックに戻してからは,そういうスペースを突かれる場面も減ったが,今度はコウタのサイドでポンテに好きなようにやられてしまった。浦和は,戦術徹底ができているし,個人が強気で1対1の勝負に臨んでくるので,そこで負けてしまったのが痛い。悔しいが,今は浦和の方が優勝争いに相応しいチームということを結果が証明したことになってしまった。田中達,ポンテ,長谷部あたりに好きなようにやられてしまった。試合を分けたのが,カズの痛恨のミスだったということは…事故としか考えるしかない。これを引きずるなよ,カズ。

久々の2万6千人オーバー(うち浦和サポ,3千人)の観客の前で,死闘を演じるも,勝利には届かず,今日もジンクスを打ち破れなかった。これで完全に上位争いから脱落し,中位の混戦に巻き込まれることに。今シーズンもこれで終戦なのか。しかし,最後の望みはガンバ戦のように一部の選手だけが最後まで抵抗していたのとは違い,この試合では全員が前節足りないと感じた『気持ち』を前面に押し出し,最後まで走り,戦ったこと。そして,何よりも攻めの流れの中で3得点もしたこと。これをポジティブに考えたい。これまでなかった連敗してしまったここが踏ん張りどころ。次節は,4万人のオレンジ軍団が待つ新潟との対戦になるが,なんとか勝利をもぎ取って踏みとどまってほしい。僕も,3週連続遠征,関東サポのバスツアーに参加して,ゴール裏で応援する。

最後に,遠路広島まで遠征してきた3千人もの赤いサポーターの皆さんへ。今日の敗北を素直に認めるとともに,そのチームをサポートする強い姿勢と熱い気持ちを賞賛し,その反面で,まだ僕達サンフレッチェの選手とサポーターはシーズンを諦めず,必ず終了時には浦和より上位のチームとなっているよう,精一杯戦っていくので,これからもお互い優勝を目指して戦っていきましょう。

|

« 今日のビッグアーチ | Main | 双子愛 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/6025283

Listed below are links to weblogs that reference リーグ戦,対浦和戦,3-4:

» リベロ [瀬戸智子の枕草子]
先日のJリーグ第24節、広島Vs浦和戦は残念ながら広島は負けました。 しばらくは [Read More]

Tracked on 2005.09.20 at 02:08 PM

» 浦和戦 [MIKI'S,FOOTBALL-BLOG]
3-4敗戦惜しくも届かず… 優勝争いから置いていかれた感じです。試合前から両サポーター同志が激しくやり合う。広島のGK入場。当然広島サポーターはコールをスタート。それに反応した浦和サポーター、ものすごいブーイング。広島サポーター、それを見て浦和サホ...... [Read More]

Tracked on 2005.09.21 at 05:27 PM

« 今日のビッグアーチ | Main | 双子愛 »