« 親善試合,日本対ウクライナ,0-1 | Main | 容疑者 室井慎次 »

2005.10.18

リーグ戦,対FC東京戦,2-2

試合を観て,2日間いろいろと考えた。ビデオも含めて,映像は何も観ていない。何もユースの選手達に魂を魅せてもらった後,トップの選手は同じ魂を魅せてくれたか。今季何度も観せられた得点直後の失点。勝ち試合を逃す悔しさ。限りなく敗北に近い引き分け。首位ガンバに勝ち点差14。もう『優勝』は夢と消えた。下田は,『右膝後十字靭帯断裂』で全治4ケ月。チームの絶対の守護神が来季の開幕も危ない危機的状況になった。この試合は,いつもよりいっぱいメモを取ったのだけど,もう書く気になれないので,試合展開はせとさんのこの試合のレビューをそのまま使わせていただきます(せとさん,ごめんなさい).。

前半は,ポゼッションできていたのに,攻めあぐねていた。崩し方に工夫がないんだな。FC東京の中盤はガツガツ来なかったし,サイドにスペースがあったので,もっとサイドチェンジパスを多用してワイドに攻めたかった。この日は,大木と茂原がダメだった。ボールに全然絡めてなかった。大木はPA内,フリーでボールを持っても寿人にバックパスする始末。もう当分観たくない。茂原がダメということは,当然コウタも活きない。ちょっとこの日の茂原の不出来は深刻だった。代表の疲れを引きずりなららも,駒野は良く動いていたし,攻守に良く効いていたと思う。但し,2失点目は事故と考えるしかないのか。これはもう一度最後に書きたい。前半終盤になると,目まぐるしい攻守の切り替わりで両者譲らず,見応えのある試合になるが,どちらかというとやはりサンフが決定機が多かった。カズがもう少し前で攻めに加わりたいが,その前でボールが納まらないので,カズが上がれない。その前に,もっと大木とか茂原が仕事をしないと。前半はこんな感じ。

後半早々,FC東京の左CKに合わせた今野のシュートを下田,横っ飛びでセーブ。後半序盤,FC東京がやや攻勢。下田はもう一本決定的なシュートを止めている。10分,サンフ,カウンター,寿人?が持って前線に上がってきたカズにパス。カズ右に折り返し,俊へ。俊,ワンフェイント入れてDF振り切り,左足シュート,ゴール左隅に突き刺さる。先制,1-0。俊,この日もアウェイでゴールを決めた。FC東京は栗澤に替えて,鈴木規郎を入れ,左サイドのテコ入れを図る。この後,13分,下田が再び痛んで倒れる。そのまま退場してしまう非常事態。交代で,この日控えの佐藤昭大がリーグ戦初出場。あと30分,踏ん張れるか。この後,駒野のパスにファーで寿人が中央に折り返し,小村がダイレクトで決めるも,惜しくもオフサイド。これが決まっていれば。21分,FC東京,宮沢に替わり,金沢。左サイドバックに入れ,右サイドバックに入っていた今野をワンボランチに上げる。更に26分,ルーカスに替わり,ササ。鈴木規,ササ,阿部と3トップで並び,その下に馬場と梶山,その後ろに今野。4-1-2-3という超攻撃的布陣で勝負に出る。29分,FC東京のカウンターでゴール前ピンチ。昭大,シュートをブロック。昭大,必死のセーブ。29分,大木に替わり,一誠。左MFに一誠入り,茂原がトップ下へ。この采配はハズレだと思う。この日の茂原の不出来は明らかだったのに,なぜそんな茂原にトップ下を任せようとしたのか。31分,FC東京,縦パス一本,ササが頭で繋ぎ,ゴール前に駆け込んだ阿部が胸でトラップして,振り向きざまにボレーシュート。芸術的なゴールを許し,1-1,同点。33分,サンフ,ハンジェに替えて,ガウボン。4-3-3にシフトチェンジ。この交代は良かったのか。下田の怪我のせいで交代枠がひとつ使えなかったのは痛いが,もう一工夫あっても良かったように思う。茂原が最後まで残ったのは,ハンジェの疲労のせいか。この日はハンジェの方が効いていただけに惜しい。37分,サンフ左CKのクリアボールがルーズになったところを,右にいたカズが折り返し,寿人がダイレクトで決める。勝ち越し,2-1。得点後の寿人のフラッグ際でのパフォーマンスも出た。俊と寿人の決めるべき選手が決めての2得点。これは絶対に勝ちたい。しかし,そんな思いも束の間,続く38分,キックオフからの流れ,中央を経由し,左サイドへ展開され,フリーで鈴木規にクロスを上げられ,中央で待っていた馬場がダイレクトで合わせてゴール。また得点直後の失点。今季何度目か。失敗の経験は活きているか。選手の守備の入り方は間違っていないか。お互いの役割分担はコミュニケートできているか。これだけ同じシーンを観せられると,選手達のプロとしての自覚とメンタリティを疑いたくなる。これで失った勝ち点で,今,我々は優勝争いに加わる資格を失った,という現実をもっと直視してほしい。毎回,これが課題と言っているが,その課題が全く改善されていない。僕は守備的にしろと言っているのではない。まずしっかり守って,マイボールにしてゲームを組み立て,この勢いに乗って更に追加点を狙う。全員にそれくらいの気合がほしい。戦術的にはなぜ,あそこで駒野が鈴木規と1対1になってしまったのか。なぜ,あそこで,ゴール前にFC東京の選手になだれ込まれ,マークがズレてしまったのか。ちゃんと練習で検証して,対策を練ってほしい。セーフティファーストで整った陣形で相手の速攻を回避することは,決して難しい戦術ではないと思うが。同点のシーンから,FC東京サポの歌が鳴り止まない。その応援に後押しされるようにFC東京が攻め立てる。サンフ,なんとか守りたい。ここで,この日出来の良くないガウボンの起用が悔やまれる。西河として,守備を固める案もあっただけに。全ては結果論であるが。ともかく下田の退場がこの試合の勝負を分けた。昭大が良くなかったとは言わない。42分にも,FKを横っ飛びでセーブし,いきなりの代役を十分にこなした。これを経験にして,あと7試合のゴールマウスを守り切るのは自分だ,という気合を観せてほしい。

大木のコンディションは一時期よりは上向きになっているのは観ていても分かるが,大木トップ下では,頭打ちだと感じる。サテの試合で結果を出した,『俊のトップ下』というのを試してみてはどうか。最近は90分走れる体力が付きつつあるし,ある程度の時間限定なら,使えると思う。もう優勝はなくなったが,『何位で終わるか』という厳しいモチベーションを求められる戦いが7試合残っている。これからは絶対に勝てる試合は勝って,ひとつでも多くの勝ち点を上積みしたい。最近は守備が綻んでいるので,まず守備重視で,3-5-2に戻す手もありかと思う。寿人と俊がそれぞれ自分の得意の形で得点しているのが唯一の望み。失点を少なくして,2点獲って守り勝つサッカーを目指してほしい。その隠し技・最終兵器が,『カズのトップ下』起用ではないだろうか。やはりカズが前線に絡めばぐっと得点が近くなる。今のチームで,浩司を失った今,真にトップ下を務められるのはカズしかいないのではないかと,僕は考えている。

『優勝』は夢に消えた。だが,この順位がシーズン当初の目標ではなかったはずだ。ここでもう一度,リバウンドメンタリティを見せて,僕達に『魂の試合』を観せてほしい。僕は,7試合全部が『魂の試合』であることを信じる。そして,ガンバに一歩でも近づくことを,絶対に諦めない。次節,ホームに絶好調,6連勝中のC大阪をホームに迎える。胸に刻んだ誓いと誇りをホームのサポーターに観せてみろ。この試合,生でTV観戦できない(TREBLEの応援会にも行けない)が,勝利を信じている。

試合終了後,関東サポ有志約40名で,飛田給駅前の養老の滝の2階を貸切り状態で,大祝勝会ならぬ大反省会。シャイな僕も,この会に混ぜてもらう。みんなそれぞれ試合後に考えることがあるのか,この日は普段とは違って,試合の話にはならなかった。これが勝っていれば,『俊の素晴らしいアウェイ不敗神話ゴール5発目』が絶好の酒の肴になったことだろう。今度は,すっきり勝って,大祝勝会したいな。

最後に,FC東京のサポの応援は,ゴール裏だけではなくバックススタンド等も含めて,非常にアットホームで素晴らしい。コールや拍手がバックからもかなり出ていて,歌まで歌っている人が多い。この日20000人とそんなに多くはないが,しっかりと固定客が根付いていると感じた。

(結局,書き進めるうちに熱くなって,いつものスタイルになってしまった。反省。)

|

« 親善試合,日本対ウクライナ,0-1 | Main | 容疑者 室井慎次 »

Comments

僕も高校時代の部活で左膝の靭帯を損傷(断裂ではない)して,結局まともに競技できるようになるまで1年を使いました。しかも,治ったはずの左膝は,もう元あった瞬発力をなくしてしまっていて,そういうベストじゃないコンディションのまま競技を続けていくのは精神的に辛くて,僕は大学では競技を止めてしまいました。下田と僕を比べるのは愚かだし,下田は素晴らしいリバウンドメンタリティを持っていると思います。必ず復帰してくれることを信じてます。だが,その道は険しいことを僕達も認識して,サンフ守護神の復活を祈りましょう。

Posted by: たつし | 2005.10.18 at 10:11 PM

TB貼らせていただきます。下田さん、本当に悔しいでしょうね。さんまや上野にはしっかり頑張ってもらいたいものです。

Posted by: MIKI | 2005.10.18 at 09:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/6446398

Listed below are links to weblogs that reference リーグ戦,対FC東京戦,2-2:

» FC東京戦 [MIKI'S,FOOTBALL-BLOG]
残念ながら2-2のドローで勝ち点1に終わりました。前半は、小村・ジニーニョ・下田のトライアングルが安定し、無失点で終了。一方の攻撃ですが、駒野がフリーで上がる場面も多くクロスでチャンスを演出したものの決められず無得点。後半何分か忘れたけど、下田と小村と...... [Read More]

Tracked on 2005.10.18 at 09:31 PM

» Jリーグ バトン [MIKI'S,FOOTBALL-BLOG]
浦和サポーターさんのブログ「事務局だより」@たかはしさんからJリーグバトンが回って来たので、書いてみようと思います。(文中にうまくリンクが貼れない、というかやり方知らないので、たかはしさんのブログには僕の記事、駒野が・・・のTBから入ってみて下さい。たか....... [Read More]

Tracked on 2005.10.27 at 10:39 PM

« 親善試合,日本対ウクライナ,0-1 | Main | 容疑者 室井慎次 »