« 高円宮杯,準決勝,対ヴェルディユース戦,2-3 | Main | リーグ戦,対FC東京戦,2-2 »

2005.10.13

親善試合,日本対ウクライナ,0-1

すまん,駒野。先週ずっと体調悪くて,それを引きずってユースの試合を土曜日に観にいって,その壮絶な試合内容に,俺の体内のエネルギー全て燃焼してしまい,ダウン。日曜の試合は観ていない。ビデオには撮ったけど,このまま塩漬けの可能性大。

そんなわけで,シェフチェンコにも逃げられ,小野リタイアでせっかくのダイヤモンド型の黄金の中盤シフトが観られないこの試合の注目はただ一点。『駒野の出来だけ』。

で,全体の感想。4バック自体は良い。やはりアレックスが左SBに入る限り,日本の勝利は遠いかと。全然守れないじゃんか。マジで,あんなんなら,サンフ的にはコウタの方がまだ守れるし(これ,あくまでも比較の問題),よっぽどマシだって。W杯で,相手国にちょこっとスカウティングされただけでもうおしまいですから。中田コを左SBに使っておけばいいのに。アレックスが左SBでいる限り,ワンボランチは無理。とても守備でカバーしきれない。と言うか,サイドが上がったらボランチがカバーする,という当然の約束事がこのチームにあるのかが疑問。中田コのワンボランチの適正も疑問。福西とか遠藤の方がよっぽど攻守にバランスが取れると思うが,どうか。この試合の中田コは,とにかくダイレクトで叩くことが目立ち,前へ急ぎ過ぎ。タメが作れてなかった。しっかりキープして,両サイドが上がる時間をかけるという,ウチのカズがいつも当然のようにやっているプレイが観られなかったのは残念。ウクライナのプレスがきつかったのは分かるが,無理なタイミングでヒデや俊輔,稲本にボールが入って,形が作れていなかった。ウクライナ,あれで1軍半のメンバーとは。世界ランクなんてアテにならないなあ。強い。日本はDF4人はゴール前に貼り付け状態。両サイドは全く上がれない。前半の俊輔はなんとか魅せてくれた。かなり後方まで下がって組み立てに加わるなど,攻めの構築に苦労していたのがよく分かる。が,FWにボールが納まらない。高原には失望。もっと走れよ。こんなヘタレはいらん。この程度の出来なら大黒の方がずっと良いし,ゴールの匂いがする。柳沢もこの試合はシュートも(たしか)なかったし,これでは辛いなあ。本当,こういうヨーロッパのそれなりのチームと当たると,どんなに中盤にタレントがいても,一発のある強力なFWが絶対に必要と感じる。ベストコンディションの久保ならばそれを望めるかもしれないが,今の久保は出口の見えない怪我との闘いの中。久保マニアの僕も,正直,W杯はもう無理かも,と思い出した。W杯どころか,キャリア存続の危機に瀕しているのだ。久保が間に合えば,この不安は少しは和らぐのだが。

日本,後半頭から,高原に変わって鈴木が入る。え,それちょっとどうなの。この遠征では大久保を試すんじゃあなかったの。手詰まりの状況の中,この交代でかなりテンションが下がった。後半になって,俊輔は疲れたのか,消えてしまう。そんな中,7分の中田コの赤紙一発退場となってしまう。やや厳しいジャッジだったが,軽率なプレイだった。これで,より守備的になり,カウンターでしか攻めることができなくなった。ジーコは柳沢に替えて,箕輪を投入,3バックに変更。ウクライナ,日本をあざ笑うかのような素早いボール回し。日本,守備に走り回るが追いつかない。3バックというよりは,両WBも最終ラインに押し込まれてしまう。このベタ引きの5バックはジーコの指示ですか?本当に勝ちを狙っているのか,疑問の采配。22分にアレックスに替わり,村井。23分,消えていた俊輔に替わり,松井。

ここでやっと駒野,来る。24分,中央で持ったヒデから右サイド駆け上がった駒野にパスが通る。駒野,DF一人かわしてクロス上げるも,惜しくもファーで待つ選手に届かず。続いて同じような形で,ヒデ→駒野の攻め上がりが観られるようになる。ヒデがボランチに下がって,サイドにスペースができたからか,駒野が上がれるようになった。しかし,駒野にとっては,中盤ダイヤモンドの4-4-2はチームでもやっている形。右MFとの連携で攻め上がることは当たり前にできなければいけない。今日のような押し込まれた試合で,しかも隣が安定感のない坪井では,安心して上がれないのもよく分かるが,それができなければダメだ。しかも,その相棒は日本最高のプレイヤー,ヒデなのだ。ヒデに合わない選手は試合では使われない。ヒデとのコミュニケーションをもっととって,ヒデが上がってほしいタイミングとかパスの狙い等をもっと理解してプレイができないと,今のままでは加地を超えられない。加地に劣っている部分は何もないが,今のままではジーコは加地を使うだろう。とにかくこの試合では及第点で,スーパーな部分は観せることはできなかった。あれだけ守備にミスなく奮闘したのに,最後のPK取られたシーンが,駒野が伸ばした足に触ったボールが不運にもゴール前へ流れた結果というのも皮肉な結末だ。

この試合で満足のいくレベルの出来を90分続けたのはヒデだけだったような気がする。衰えない運動量とキープ力と判断力。とにかくボールを失わないので,一人少ない中でチームのバランスをなんとか保っていた。急造のCBコンビも,稲本も今ひとつ。4バックのCBの一人は中澤として,もう一人を誰にするかは頭が痛い悩みだな。宮本も今ひとつだし。稲本は,前半が良くなかった。後半,守備一本になってからの方が効いていたというのも皮肉だ。いずれにしても,稲本のワンボランチは無理だと思う。福西か遠藤かどちらかでお願いしたい。

試合は試合終了間際にPKを決められて負け。引き分けなら,勝ち点1を狙いにいく試合という位置付けで納得できるが,負けてしまっては何も残らない。ジーコが大久保というカードを終了間際まで切らなかった以上,ウクライナの猛攻を耐え切れなかったのは痛い。『耐え切った』のと『耐え切れなかった』のとは違うのだ。その詰めの甘さ,したたかさの稚拙さが気にかかる。このチームが持っていた勝負強さが薄れている。心配だ。

ヒデと小野の融合は今回も叶わず。そろそろメンバーを固定して戦いたいのだが。あ,何度も言うけど,4バック使うならアレックスには見切りつけて下さい,ジーコ様。

あー,強力なFWが欲しい。W杯で勝利を目指すためには,久保はどうしても必要な最後のピースなのに…。

|

« 高円宮杯,準決勝,対ヴェルディユース戦,2-3 | Main | リーグ戦,対FC東京戦,2-2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/6384851

Listed below are links to weblogs that reference 親善試合,日本対ウクライナ,0-1:

» 小野がウクライナ戦のピッチにいたらなぁ・・・・。 [SHINJI ONO 2+DVD]
ウクライナ戦から一夜明けました。 かなりのみさなんが試合に関するコメント、感想を... [Read More]

Tracked on 2005.10.13 at 10:26 PM

» 今のままでいいの? 〜日本vsウクライナ戦 [下駄をはくまで(裏)]
書き込みがかなり遅れましたが… 「決意のヨーロッパ遠征」って何を決意したのよ! 結局わけが分からないまま、終わってしまいました。 たしかにジャッジの不可解さはありましたが(箕輪かわいそう…)、それを差し引いてもあまり見どころはなかったと思いました。 ・サイドが機能しなかったこと。特に左の三都主は全くダメ! これに尽きますね! そのため、右サイドの駒野が最終ラインのカバーに追われた�... [Read More]

Tracked on 2005.10.14 at 11:35 PM

« 高円宮杯,準決勝,対ヴェルディユース戦,2-3 | Main | リーグ戦,対FC東京戦,2-2 »