« 今日の神戸ウィング | Main | ALWAYS 三丁目の夕日 »

2005.11.29

リーグ戦,対神戸戦,3-2

去年に続き,神戸ウィングに遠征。今年はゴール裏の紫が多く感じる。広島からバス4台でやって来てたとか。僕はいつものごとくバックスタンドアウェイ寄りに座って観戦。僕の周りもレプユニとか紫の格好をした人が多い。神戸はJ2降格が決まっているので,消化試合っぽいが,ウチはそうであってはならない。あと2つ,勝つしかない。絶対に負けられない戦いなのだ。

しかし,いきなりスタメン発表で萎える。この試合も大木をFWに使っている。大木のスタメンはもういいよ。お願いだから他のFW使ってくれ。なぜ俊を使わん。この辺の小野采配はいつまで経っても理解できない。

前半序盤,いつものように中盤まではボールを持てるのだが,FWへのくさびのパスが入らない。FWのところで相変わらずボールを失うシーンが繰り返される。よってシュートまでいけない。ポゼッションできてるのに攻めきれない,いつものパターン。この日の桑田は守備は悪くはなかったが,全くリンクマンとしての働きができてなかった。前線でタメが作りたいが,その役割を果たすべき,大木と桑田の出来がこれではなあ。神戸の中盤があまりガツガツ来ないので助かっている。そんな中,この日はカズが積極的に前に上がって組み立てようとするが,やはり前線で起点が作れない。30分前後には神戸の圧力に押されて,全体的に下がり気味になり,危ない予感が漂う。そんな中,駒野FK,神戸GK徳重が弾いたところ,左から折り返し中央へ。そのボールを寿人がヘッドでゴール,先制。悪い流れになりつつあっただけに,このゴールは助かった。これで落ち着き,今度はコウタ・駒野の両サイドが高く位置取りし,2バックのようになり,両サイドが積極的に攻撃参加し攻撃的になる。しかし,40分,神戸左サイドからの単純なクロスを上げられ,ゴール中央で待っていた栗原にヘッドを許し,ゴールを奪われる。守備軽すぎ。集中の欠けた一瞬の隙を突かれ,最近のウチの悪いところがモロに出た場面での失点。この日も厳しい試合になると覚悟を決める。前半終了,1-1。ポゼッションは7:3で取っており,この試合は勝たなければならない。俊のカードをいつ切るかが勝負を分けるような気がした。

後半,今度は一転して神戸にボールを回される。中盤のチェックが甘い。9分,神戸に攻め込まれ,中央にボールが入ったところ,ジニがトラップミスしたところに,残っていた北本が走り込んでシュートを決められ,逆転を許す。1-2。これもミス。守備が軽すぎる。13分,桑田に替わり,俊。大木がトップ下に下がり,寿人と俊の2トップへ。16分,ジニが負傷,担架で運ばれる。ベットとハンジェ,パスミスが多い。19分,ジニがダメ,西河に交代。20分経過,サンフ,神戸にポゼッション許し,苦しい展開。逆転を許し,このまま崩れていくのか。しかし,今日は駒野が積極的に攻め上がり,コウタもキレている。なんとかサイドから活路を見出したい。しかし,今日は俊が全然ボールに触れない。もっと簡単に俊に預けてもいいのに。28分,駒野からのクロス,寿人に合って,寿人がトラップしてシュート,ゴールで同点。押されていた展開で寿人が決定的な仕事をしてくれた。29分,大木に替わり,ガウボン。俊がトップ下に入る。30分,神戸,栗原に替わり,北野。FWを投入して勝負に来た。33分,中央ベットからスルーパス,ガウボンがシュート放つもGK正面。後半,この時点でポゼッション五分五分。どちらに転ぶか,トップ下の出来に関わる。33分,カウンターから俊が中央へスルーパス,ガウボンが合わせたところに寿人が飛び込むも,惜しくも合わず。この後も両チーム攻め合うも,決定機には繋がらず。神戸にシュートを撃たれるシーンがあったが,アキがストップする。ロスタイム突入。中央ベット?からのパス,左サイド全くのフリーのコウタへ。コウタ,落ち着いてクロスを上げた先にファーから飛び込んできたのは寿人!ヘッドで合わせ,逆転弾をぶち込む。勝ち越し。寿人,今季2度目のハットトリック達成!このままタイムアップ。後半,五分五分の苦しい展開になるも,寿人のスーパーな活躍により,勝利を納める。早めの選手交代が功を奏した格好。

絶対に負けられない戦いを一人のリアルストライカーが救った。寿人は凄い。そのパフォーマンスだけでなく,ピッチの外の言動も常に前向きで向上心旺盛,サポーターへの感謝の念も忘れない。人間的にも素晴らしいヤツだ。久保を失ってから,久しく感じなかった観る者に感動を与えてくれる選手だ。僕は今日から彼を誇りに思い,こう呼ぶことにする。『サンフレッチェのエースFWは佐藤寿人だ』と。そして,サンフのエースFWとは日本代表のエースFWの系譜。これで,単独での勝負にもっと強くなれば,本当に代表のFW狙える。この日で大黒を抜いて『日本人得点王』となったわけだが,寿人はそれに満足はしていない。天皇杯も大爆発してもらって,是非とも代表のFW争いに食い込んでほしい。今の『11番』も寿人に似合っているが,『10番』を付けてほしいとも思う。『10番』もサンフレッチェのエースFWの系譜なのだから。(俊とどっちが10番付けてほしいか,サポには難しいところだ)

ジニの怪我が全治3週間というのは痛い。恐らく天皇杯も厳しいかもしれない。しかし,西河も4バックでも安定してきた。ここは西河の頑張りに期待したい。あと,もちろん小村にも。ここが限界でないところを僕達に見せてほしい。最終節は無失点を狙おう。

問題は中盤の構成だな。タメが作れて,ボールを散らせるトップ下。ああ,浩司がいればなあ。カズを上げるというのも手だが,カズ以上にバランス感覚に長けたボランチは他にはいないので,一気に守備が崩壊してしまう危険性がある。最終節はどうしても勝ってほしい。若手の台頭を望みたいが,両方の願いを叶えることは難しい。桑田も随分良くなったのだが,まだ自分でゲームメイクできる域にはいない。勝ちながら成長していかなければならない。ひとつひとつ勝っていくこと。そして,本当の『自分達のサッカー』を見つけること。その先にあるのは,元旦の国立。天皇杯のファイナリストとしてピッチに立ち,今度こそ天皇杯をスタンドの僕等に向かって掲げてほしい。

|

« 今日の神戸ウィング | Main | ALWAYS 三丁目の夕日 »

Comments

hadaken69さん,コメントありがとうございます。バックスタンドでご覧になっていたのですか?それにしても,寿人のハットトリックには久しぶりにご満悦な気分にさせてもらいましたね。やはり勝利が一番です。
清水戦も気合入れて広島に帰ります。リーグ戦の最後も勝利で締めてほしいと願います。

Posted by: たつし | 2005.12.01 at 08:26 PM

アップしていらっしゃる写真から見ると
私のすぐ近くにいらっしゃったみたいですね。
最終戦も広島にいらっしゃることを楽しみにしています

Posted by: hadaken69 | 2005.11.30 at 10:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/7384576

Listed below are links to weblogs that reference リーグ戦,対神戸戦,3-2:

» サンフレッチェ関連放送、延期のお知らせとおわび [下駄をはくまで(裏)]
11月30日(水) に放送が予定されていた フジテレビ系列&TSS 「めざましテレビ 〜トロと旅する」(森崎和幸選手、駒野友一選手、上野秀章選手出演) は、 12月7日(水)に延期になりました。 また同じく30日に予定されていた TSS「ひろしま満点ママ!!」 フットサルで天野アナウンサー“超天然”プレイ連発 (スタジアムDJ石橋さんと私もたぶん映ってる)は、 広島市女児殺害事件関連のため同じく来週12月7日に放送延期となりました。 な�... [Read More]

Tracked on 2005.11.30 at 10:34 PM

« 今日の神戸ウィング | Main | ALWAYS 三丁目の夕日 »