« 親善試合,日本対アンゴラ,1-0 | Main | 春の雪 »

2005.11.20

リーグ戦,対横浜戦,1-3

まだまだ試運転中の久保一人にやられた。久保は運動量も裏への飛び出しも少なかったが,ポイントポイントでミスをせず決定的な仕事をし,それがマリノスの得点に繋がった。サンフは,中盤の激しい競り合いからお互いが主導権を握りきれなかった序盤で,駒野のFKから先制というラッキーさを活かせず,軽率なプレイから同点とされてしまう。田中のなんでもないアバウトなクロスに西河は久保をフリーにしてしまい,久保らしい高い打点からヘディングシュートを食らう。あそこでフリーを許すか。ここであわてずに落ち着きたかったが,小村?がパスミス。これを久保がカットし,中央へ走り込んだグラウに落ち着いてパス。グラウ,難なくシュートを決める。逆転。守備が軽率すぎる。あっさりとミスから逆転を食らったのは痛かった。これで,サンフのテンションが一気に下がる。めっきりと運動量が落ち,攻守の切り替えが遅くなってきた。中盤でボールの落ち着けどころがない。一誠は空回り気味だし,大木は上野のマリノスDF陣に完全に寸断されている。一誠が効いてないので,コウタも活きない。右サイドも,駒野はドゥトラ番で精一杯でなかなか攻め上がれない。もっと両サイドを使って揺さぶりをかけたいのだが。マリノスでは,マグロンとドゥトラが効いている。特にマグロンは攻守の要所に顔を出し,シンプルにボールを捌いてチャンスメイクしている。32分にも,久保とグラウコンビで完全に崩され,グラウに枠内シュートを浴びるも,昭大が横っ飛びでスーパーセーブで失点を防いでいる。サンフ,2失点目から完全に自分達のサッカーができなくなっている。中盤で組み立てて,両サイドに展開する攻めができない。大木が消えているのが痛い。FWに全くボールが供給できない。寿人がかなりワイドな動きでボールを引き出そうと動き回っているが,そこまでボールが届かない。ガウボンはハイボールで競り負け,起点になれない。単独でドリブルで切り込んではボールを失う場面が目立つ。37分,右サイドFK,駒野が蹴ったボールをカズがヘッドで合わせゴールかと思われたが,判定はオフサイド。あそこで同点に追いついていれば…惜しいプレイだった。40分経過,サンフ,脚が止まっている。もっと全員で動かないとダメだ。41分,マリノスのカウンターから久保がドリブルでPA侵入,カズが倒してファールを取られ,PK献上。これも微妙な判定だったが,このPKをグラウが難なく決める。1-3。決定的な3失点目を献上してしまう。このまま前半終了。

両サイドが全く攻撃参加できていないので,ここは4バックは捨て,吉弘を入れて3バックにして,両翼を1列上げたい。あと,大木が効いていないので,これを誰かと替えたいが…。俊にトップ下をやらせても面白いと思うが小野監督は俊をトップ下で使いたがらない。

後半,やはりメンバー交代なし。この時点で,『この試合を絶対逆転して勝つ』という強い気持ちでピッチにいた選手がどれだけいたのだろうか。ここで新しい選手を投入できなかったことで勝負が決まったような気がしてならない。17分に,一誠に替えて俊,ガウボンに替えて桑田。やはり俊が入るとタメが作れるので,全体的な押し上げができる。とにかく勝負する姿勢が何よりも欲しいので逞しい。ドリブルで3人抜きしようなんて強気の発想を今のウチの他の選手がするか。マリノスも単発でしかチャンスを作れなくなり,ややサンフが押し返すも,やはりFWがシュートまでいけない。31分,駒野からのクロス,中央で落としたボールを寿人がシュートもゴール左に外れる。31分,久保が大島と交代。3得点全てに絡み,存在感を披露。これでまだコンディションが万全でないとは。この試合を視察に来たジーコはさぞや満足したことだろう。絶対的なFWの怖さ。寿人を得て,ウチも決定力のあるFWを手に入れたと思っていたが,やはり現時点では久保は寿人と格が違う。屈辱的ではあるが,認めざるをえない現実。36分,山瀬に替わり,奥。37分,ハンジェに替わり,茂原。交代が遅い。40分,上野に替わり,那須。40分を過ぎてから,俊にボールが回らなくなる。ロスタイム3分。最後にCKのチャンスもあるも,GKにキャッチされ万事休す。このまま試合終了。終盤は何もできずに完敗。

自分達のストロングポイント,見失っている。上手く両サイドをマリノスに消されたと言うべきか。大木を上野がきっちりマークし,仕事をさせなかった。山瀬はそれほど効果的に機能したとは言いがたかったが,中盤勝負で負けていたのだから,彼も効いていたのだろうか。カズが本当にいろんなバリエーションのパスを両サイドに散らして形を作ろうとするのだが,如何せん後ろ過ぎる。トップ下がもっと仕事をしなければダメだ。大木を90分近く使わなければいけない現状は厳しい。ジニのいない4バックは,久保一人にやられた感はあるが,前半は集中力に欠けていたと言わざるをえない。特に前半の終盤はかなりヤバかった。後半よく集中力を取り戻して,無失点で切り抜けたと思う。昭大のスーパーセーブも2度ほどあった。しかし,今日も3失点している。どれも軽率なミスから。その辺りを高めていってほしい。残り3戦,下位チームとの対戦が続く。8位の座も危うくなってきた。これ以上,下に落ちるわけにはいかない。ここでしっかりと勝ち点3を取って,ひとつでも上の順位を目指してほしいと思う。プロならば,プロらしい試合を観せてくれ。今日は,点差ほど一方的にやられたわけではない。何が勝敗を分けているのか,選手達にはもっとよく考えてほしい。あと,監督に,もっと積極的な選手交代を望む。ガウボンにこだわる必要はないと思うが,いかがか。

|

« 親善試合,日本対アンゴラ,1-0 | Main | 春の雪 »

Comments

いろいろみてますと。いろいろ知る事ができて勉強になりますね。
私はコメントを書く時は、みさせていただいている変わりに、私のお気に入りに入っているサイトを紹介しています。
参考にしていただければと思います。

〇無料占い集 http://uranai.sakura.ne.jp/
・無料占いの宝庫です。

〇あるある大辞典 http://www.ktv.co.jp/ARUARU/
・健康の事については勉強になります。

〇窓の社 http://www.forest.impress.co.jp/
・無料音楽作成ソフト、無料ペイントソフト、無料オフィスソフト、無料ダウンロードの宝庫です。

〇キッコウマン http://www.kikkoman.co.jp/homecook/index.html
・料理作りなどのレシピが豊富です。

〇無料生活 http://ckn.fc2web.com/
・辞書を探したり、地図を探したりするのに役にたってます。

〇ストアーミックス http://storemix.michikusa.jp/
・いろいろな商品があるみたいで、欲しい物買う時に役にたってます。

みさせていただいて、ありがとうございます。

Posted by: miho | 2005.11.23 at 01:36 PM

tb&コメントありがとうございました。
しかしウチは・・・。守備がダメだと攻撃もダメ。
本当に降格争いに絡んでなくて良かったと言うしかないですね(悲)。全て後手後手に回ってた感じはします。

残り3試合は今までとは真逆で、スタートからガンガン行かずにゆっくりやって見た方がいい結果出るかもしれませんね。

Posted by: hbk_boshoot | 2005.11.22 at 08:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/7232036

Listed below are links to weblogs that reference リーグ戦,対横浜戦,1-3:

» プリンセスニャンコー?? [よろしゅぅ~~にぃ。ヽ(*^0^*)ノ ]
みてくにぃ☆ [Read More]

Tracked on 2005.11.20 at 08:58 PM

» まずはサッカーネタから [自記公開書]
いやァ、疲れました。 おととい昨日の報告は改めてアップしますが まずはサッカーネ [Read More]

Tracked on 2005.11.21 at 01:14 PM

» Here Comes My Anger. [Foot Days]
バルサ完勝^O^&アンダルシアダービーの異常なテンションを見届けて(クラシコは起きたら完勝だったんで、録画したのを見て改めて・・・)、日産スタへ行ったのはいいのですが・・・。そこで待っていたものは、怒りと悲しみと憐れみだけでした・・・。東京の先輩(マリサポ2...... [Read More]

Tracked on 2005.11.21 at 09:51 PM

» 顔を上げてやるしかない [鴎3矢〜栄光へ・・・〜]
さっきまでJスポーツの録画中継を見ていました 同点になるまでの立ち上がりは前節のトリニータ戦と同じくよかったと思う しかし小村のミスから許した逆転以降顔を下げてしまっていた感じがしました ここで顔を下げてしまいスタンドから見ていても一気にテンションが低....... [Read More]

Tracked on 2005.11.21 at 11:58 PM

« 親善試合,日本対アンゴラ,1-0 | Main | 春の雪 »