« November 2005 | Main | January 2006 »

2005.12.31

ウェズレイ期限付移籍他

ウェズレイをチョイスしたのは驚きですね。確かに寿人とは全く違うタイプのFWで単独での突破力もあるし,決定力も高い。J1での実績も申し分ない。しかし,小野監督が全員に求める守備はできないのでは?7月末までの契約なので,果たして,チームに良い化学反応を起こしてくれるか,楽しみではあります。おそらく,相当チームにフィットしないとレンタル期間の延長はしないと考えられるので,後釜にどんな選手を探してくるか,フロントの腕の見せ所ではあると思います。

槙野・柏木のユースコンビの昇格もようやく正式発表になりました。槙野には1年目からレギュラー争いに絡んでほしいと思うし,柏木は,サンフの一番のウィークポイントのトップ下を埋める重要なピースに成長してくれるのではないかと期待しています。浩司の最大のライバルは,浩司の持っていない単独での打開力を持っている柏木なのではないか,と感じています。浩司と柏木のレベルの高い競り合いを来年は観たいと思います。槙野・柏木とも性格的にもプロ向きなので,期待せずにはいられません。

あとは,茂原を失ったボランチの補強ですかね。とにかくボール奪取しまくって,前線にどんどんボールを供給するタイプのファイターを希望。できれば,それでカズを一列上げたい。ウェズレイを獲得しただけに,彼とのホットラインは確立したいところなんだよな。その第一候補はやはりカズだから…。これは年明けのニュースに期待することにしましょう。

さて,今年は瞬間風速的に,『2位』の座を楽しむことができました。しかし,今のJ1は,トップ5以外は実力は横一線。いつまた降格争いに巻き込まれるかもしれない。とにかく目の前の1勝にこだわってプレイするように。もう来年は『気持ち』を言い訳にするような試合は観たくないと強く思う。それができれば,本当の意味で優勝争いができると思うし,トップ5を追い越すことも不可能ではないと思う。とにかく来年に今から期待しています。

みなさん,今年はお疲れ様でした。来年こそ,終盤まで『優勝を目指して』ホームでも,アウェイでも戦いたいですね。選手達と共に,我々サポーターも。最低でもタイトルひとつは奪取する強い気持ちで,サンフレッチェをサポートしていきましょう。どうかよいお年を!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.26

寿人,A代表初召集!

寿人,キタ~~!!

久保との2トップが観られるか。今回のFW陣は,久保は別格として,あとは正直どんぐりの背比べ。是非,ゴールを決めて,しっかりアピールして,次回も召集されるよう,ジーコの固い頭にその名前とプレイをインプットしてきてほしい。おめでとう。しかし,目指すゴールはもっと先,ドイツまで続いているんだぞ。頑張れ。

しかし,ジーコ,この期に及んで鈴木を選ぶか…信じれん。寿人,鈴木には負けるな。.

| | Comments (3) | TrackBack (4)

2005.12.21

茂木が神戸に完全移籍

SANFRECCE HIROSHIMA OFFICIAL HOMEPAGE.

このニュースにはかなり驚いた。未完の大器である茂木を4年で切るのか。久保に匹敵するくらいの才能の秘め,久保が去った後,『サンフの10番』の系譜を引き継ぐはずだった茂木…なんと言ってよいのか,言葉が浮かばない。ショックだ。

シュートレンジでフリーでボールを持ったら,その強烈なシュート力でゴールネット突き刺す,その迫力が魅力だった。一方で,ボールを受けるまでの動きや自力でシュートに持っていく技術には確かに物足りなさを感じた。それさえ掴めば,絶対ブレイクすると信じていた。神戸では,必ずこの技術をモノにしてレギュラーの座を掴んでほしい。

『サンフの10番の系譜』は誰が引き継ぐのだろう。久保がいなくなってからは外人枠になってしまったが,近い将来,必ず日本人FWに引き継いでほしい。名実ともに日本人のエースFWに。寿人か,俊か…それとももっと先,平繁あたりになるのか…。

本当に茂木には頑張って闘ってブレイクしてほしい。そして,もう一度,J1の舞台で相対する日が来ることを信じている。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

2005.12.19

トヨタカップ決勝,サンパウロ対リバプール,1-0

東京へ来た思い出のひとつにと,今年はトヨタカップの決勝を観にいくことにした。3位決定戦とセットのチケットは,カテ1が3万円。ちょっと考えてちょっとぐらい観えにくくてもいいかと思い,カテ2の2万2千円のチケットを買う。

しかし,この3位決定戦,デポルティボ・サプリサ対アルイテハドもガチのマジバトルで最高に面白かった。アルイテハドは強い。もっとフィジカルでグイグイ押すのかと思えば,きちんと組織立った攻守の切り替えはJ1のクラブでも見られないもの。これはアジアを制するのは大変だわ。で,そんなアルイテハドをサプリサはいなして勝ってしまう。老獪な試合巧者のイメージ。最後の決勝点の壁をぶち抜きゴールネットに突き刺さった弾丸フリーキックには本当に驚いた。

決勝のサンパウロにはもっと驚いた。1点獲るとガチで守りに入る。これをマジモード全開のリバプールがこれでもか,と攻め立てる。サンパウロはただ引いているだけじゃなくて,マイボールになったら,スピード抜群の両サイドに展開してカウンターを狙っていた。それは,J1の試合等では観られないハイレベルな攻防。リバプールは3度ゴールネットを揺らしたが,惜しくも3度ともオフサイド。どれも僕の観ていた位置からはそうとは思えないような微妙な判定だった。3本ともオフサイドトラップ狙ったとは思えないが,この辺の駆け引きがリバプールの3バックは巧かった。しかし,あれだけ圧倒的に攻めたリバプールがたった1本の4バックの真ん中を通されたパスに沈んでしまうとは非情だ。4-4-2のお手本のような守備でほとんど破綻はしてなかっただけに,あれが決勝ゴールになったなんてあっけなさすぎて信じられない。

激戦の末,耐えに耐えたサンパウロの頭上に栄冠は輝く。表彰式までみたが,トヨタカップを掲げるその姿は,真に『地球一』に相応しい。いつかサンフもこんな舞台に立てるようになれるかな。まずはアルイテハド越えを狙おう。目指す山は高いぞ。

無茶苦茶寒い中,15時から22時まで7時間もスタジアムでいたのだが,途中で寒さを忘れてしまうくらい感動した。こんな素晴らしいイベントが来年も日本である。来年も必ず観に来ようと今から密かに心に誓う。

しかし,この試合の裏で行われたJユースカップで,サンフユースはガンバユースにPK戦の末,惜敗…。勝っていたら,3連休は大阪だーという勢いだったのだが(しゅん…)。これで僕の今季のサッカーシーズンは終了。天皇杯?もう適当にやっといて下さい。この大寒波で降った雪を目当てに年末はゲレンデを目指し,スキーシーズンに突入しま~す。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

2005.12.18

今日の横浜国際

トヨタカップ決勝に来ました。カテ2で2万2千円。う〜ん、長居までユースの試合見に行った方が良かったですかね。結果が気になります。051218_161442.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.12.11

天皇杯5回戦,対清水戦,0-3

映像も観てないんで,なんとも言えないんですが,公式記録から読むと,押されていたのは間違いないし,携帯公式サイトの中野編集長のレビューを読むと寂しい試合内容だったようだ。それが今季最終戦,それもホームでの試合になってしまったのは本当に寂しい。やはり,メンタルな部分での成長がこのチームにはもっと必要だし,それを引き上げ,纏め上げる強いキャプテンシーを来季のカズには求めたい。これで今年のサンフは見納め。

反対の山のマリノスも,久保の2ゴール大活躍も及ばず負けてしまい,これから年末年始のサッカーの楽しみもなくなってしまった。(トヨタカップ決勝は観に行くが)

さて,来年。W杯の組み合わせも決まり,いよいよ気持ちも高まってくる。来季スタートダッシュを決めた選手がW杯のピッチに立てる。サンフの選手が一人でもメンバー入りできますように。そして,サンフが来季こそ,本当の『優勝争い』ができますように。

最後に,『浩司,期待して待ってるぞ!』

| | Comments (3) | TrackBack (3)

2005.12.05

リーグ戦,対清水戦,3-1

複雑な気分のホーム遠征。9月に『ここが勝負どころだ』と意気込んでホーム遠征した浦和戦では寿人ハットの大活躍も,浦和の攻撃力の前に屈し,『ホーム最終戦こそは優勝を決める試合を』と願いを込めてあの時に遠征することを決めた。今思えば,ガンバに負けた直後であったが,あそこで勝っておけばまだ上を狙えたかもしれない。ホームであの負け方は厳しすぎた。もう優勝も,残留も関係ない。だが,ひとつでも上の順位を目指すという魂の試合をホームで見せてくれるのか。それだけを祈った。

この試合で感じたこと。アキはまだ判断と動き出しが遅い。だからいつも危なっかしいプレイになる。ユースの時はもっと余裕があったと思うが。やはり緊張しているのか。オムさんが最近だんだんスーパーな存在ではなくなってきているのが気になる。まだまだ頑張ってほしいが,西河の台頭もあり,来年は勝負の年になると思う。西河のここ数試合の成長ぶりは本当に素晴らしい。高さと強さと速さを兼ね備え,それに自信と落ち着きが加わった今の姿には文句なし。今年一番の成長株。来年はオムさんからCBのポジションを奪いとることができるか。駒野もここ何試合かで,やっと本調子が戻ってきた感じ。FKが驚異になってきたことには驚き。3点目の壁を突き破り,GKも吹き飛ばしたパワフルなキック力は来年も大きな武器になること間違いなし。コウタはウチの最大の武器であり,反面弱点なんだよな。守備に難があるのに,4バックを良くこなせたと思うし,それはやはり本人の努力と探究心があるからだと思う。最後の方になってようやくベットとの関係も築けてきたようなので,来年が楽しみだ。サッカー選手として,今が一番脂がのる年代。またアシストを量産してほしい。しかし,コウタのバックアップの育成が急務なのも確か。ともかく3年連続フルタイム出場おめでとう。カズは今年,本当にチームの柱になった。カズが自在にプレイできれば,得点に近づくし,勝利することもできるようになった。逆にカズが輝けないとウチは勝てないチームになった。それは,今年は怪我で浩司を欠いたせいもあるだろう。3年前にカズがワンボランチで行けるなんて考えてもみなかった。来年はカズを中盤の底ではなく,一列前でプレイさせたい。そういうカズを観てみたい。この試合でもそうだったように,ゴールに近いところでカズがプレイすれば,得点に繋がるのだ。カズにはもっと自分での得点を意識してほしい。そうすれば,もう一回り偉大な選手になれる。初のフルタイム出場,おめでとう。ハンジェはW杯予選を経験してから,プレイにアクセントが付けられるようになった。がむしゃらに突っ込むばかりでなく,いなすプレイも身につけてほしい。来年は柏木が上がってくる。運動量なら間違いなくハンジェだが,技術と展開力は現時点でも柏木の方が上だと思う。ベットは自分で行くところと周りを使うところの判断と切り替えが足りない。確かに上手いんだが,最終節で今季初ゴールとはやはり寂しい。コウタをもっと上手く使って,前線にスペースができればどんどん飛び込んでいく姿がもっと観たい。大木は,調子に波がありすぎて評価し辛い。悪い時の球離れが遅く,相手に潰されボールを失うイメージがどうしても強い。しかし,前半戦,連勝して上位に行けたのは,『大木トップ下』がハマったことは確かだし,評価はしたい。しかし,もっと自分で得点してくれないと。浩司が帰ってくれば,来年のMFは今以上に激戦区になる。僕的には,やはり浩司トップ下でいってほしいが,それには,浩司は並大抵の努力ではポジションは掴めないと思う。この2年で,カズと浩司との間には本当に大きな差がついてしまった。去年,五輪に行ったのは浩司の方なのに,どうしてここまで浩司がどん底に落ちてしまうことを想像できただろうか。プロはまずメンタル。その部分をもっと鍛えて帰ってきてほしい。ガウボンは再契約しないので省略。後半は試合に出れなかった茂木。茂木の足りないところは,ボールを受けるまでの工夫と動き。ボールを呼び込む動きが足りない。がむしゃらに走り回れというのではない。寿人をよく見てほしい。シュートできるポイントに合わせる嗅覚のようなものが備われば,茂木はスーパーなストライカーになれる。俊はこの試合はベンチにも入れず,スタジアムでサイン会をしていた。1年目の選手にコンディションのレベルを保てというのは難しいのかもしれない。しかし,俊にはサンフの生え抜きの選手として,寿人とエースを座を争うような存在になってもらわなければ困る。サンフのファンタジスタになれるのは俊しかいないのだから。そして,寿人。前半戦の不調から見事に立ち直り,ゴールを量産し,ついに日本人得点王にまでなった。有言実行のスタイルと常に自分の目標を明確に位置付けし,それに向けての努力を怠らない姿勢。試合では常に100%の心・技・体で勝負する。そして,点で合わせてゴールを奪うあの技術の高さとサッカーセンスには脱帽。寿人こそ,久保を失って以来,久しくサンフが欠いていた『エースストライカー』だ。来年はもっとゴールを量産して,外国人FW達を押しのけてJ1得点王を目指してほしい。来年はもっとコーナーフラッグを掲げる寿人が見たい。その先にあるのが『日本代表FW』なんだと思う。寿人がサンフに来てくれたことを誇りに思う。ありがとう,寿人。

前節までベンチに入れていた木村をこの日は使わず,桑田と高柳を入れていた。それまでの試合で木村が結果を出していたら,木村と再契約したのだろうか。それとも,切ると決めていた選手を使う理由が他にあるのだろうか。恭平の時もそうだった。結果を求めるなら,それなりの使い方をしてやらないと可哀想(プロには甘い言葉かな)だ。

この試合は,清水の拙攻に助けられた勝利。これまでと違い,少ない決定機を確実に決めて3-1という完勝をモノにした。だが,試合を圧倒的に支配したわけでは決してなかったし,清水は完全に天皇杯のスカウティングにこの試合を使ったとも言えるわけで,土曜日は要注意だ。このチームはまだ,絶対に天皇杯を獲る,という気迫は見えない。残念だが現実はそんなところだろう。そこをつけこまれると危ない。必ず勝ち上がって,元旦に国立まで来て欲しい。サンフレッチェになってから,過去3度の決勝戦全てを観戦に行った。そして,3度とも悔しい思いをして帰路に着いた。今度こそは,キャプテン・カズが天皇杯を大空に掲げて,紫に染まったゴール裏が歓喜に包まれることを祈っている。

ちょっと観戦記と違うタッチの反省文にしてみた。今年を振り返るのはまだ早いが,一応リーグ戦は締めということで。残りの選手の反省文は天皇杯が終わった後で。準決勝,エコパには遠征いきますぜ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.04

7選手を解雇

サンフレッチェ公式HPより

プロの世界は厳しいな,と毎年この時期になるとつくづく思う。ガウボンは,スーパーな選手ではなく(まだ若いので仕方ないが),ハイボールに競り勝てない等,起点になれないところがマイナスだったかな。キムタツは好きな選手だったので,頑張って次のチームを見つけて,山形恭平のように努力でチームの主軸になって,またJ1の舞台に帰ってきてほしい。ジョルジーニョはまだ若いので,興味を示すチームがあるかもしれない。メグさんには本当に苦しい時に助けてもらった。まだ十分プレイできると思うので,まだまだ現役を続けてほしいと思う。高木・田中・河原には,それぞれ今所属しているチームに残れるように願う。
みんな夢を持ってこの厳しい世界に入ったはず。夢を叶えるために,これから今以上に努力して,大きな選手になって,『あの選手はサンフの選手だったんだよ』と僕達を喜ばせてほしい。.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

『お疲れ様の会』に参加して

昨日の試合終了後に,並木通りのとある店で盛大に開かれたサポーターのリーグ戦打ち上げ会,『お疲れ様の会』。広島のサポーターグループ主催の会に,関東サポのバスツアー参加者が便乗した格好の会に,所用で今回のツアーに参加できなかった僕も混ぜてもらった。なんとその人数,80人以上。ひょっとしたら,主要メンバーはずっと立っていたので100人いたかも…すごい大宴会になった。サプライズゲストが来るとは噂に聞いてたが,『GOA~L』いまおかゆう子さんとか,お天気キャスターの波田さんとかでも十分サプライズだったのですが,本当に『ビッグサプライズ』なゲストが途中から登場!会場の盛り上がりは頂点へ。いろんなコールが大爆発(お店の人ごめんなさい)。誰が登場したのかは,BIG FLAGのマスターが『内緒にね』と言っていたのでここには書かないけど,いっしょに来ていた奥様が噂にたがわず物凄く『美人』でした。各テーブルにも挨拶に来られて,直接お話しできただけでも感動モノでしたが,その人柄の良さを垣間見ることができて本当に嬉しかった。その後,サンフOBの吉田安孝さんや,紫熊の中野編集長も来られて,小野監督のサポーターへのメッセージ等,聞かさせてもらえた。最後,中野さんと個人的に少しお話しもできて(僕のこと覚えてくれていて本当にありがとうございます),今回広島に帰ってきて本当に良かった。きっちりと宴会の締めも,きっちりサプライズゲストの方のコメントで盛り上がり,終了。素晴らしい会になった。幹事の方,お疲れ様でした。本当にありがとうございました。

関東サポの皆さんと別れた後,満足感に浸りながら,ホテルへ帰る。朝も早かったので,疲れて,ベッドにゴロンと横になった途端に寝てしまった。スーパーサッカー観ることもできず,大混戦の優勝争いは別の世界ということで。来年は,マジで優勝狙うぞ,と。

その前に天皇杯。元旦まで東京で待ってるから,絶対に勝ち上がって来いよ。おっと,レプユニ,今の『7番』の他に違う番号のヤツを発注しなければな(笑)。浩司,すまん。

(清水戦のレビューは明日書きます)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.03

今日の広ビ

天気も良い。ビッグオーレと共に関東のビッグフラッグが広がる。しっかり勝ちたい。

051203_135902_m.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« November 2005 | Main | January 2006 »