« ナビスコ杯対清水戦,2-2 | Main | 浩司,頑張れ! »

2006.04.14

映画はどうなった?

ここは映画ブログでもあるのだが,もう1ケ月以上も映画の記事をアップできていない。3月は転勤が決まっていたせいもあり,仕事が忙しかったせいだが,それにしてもサボリ過ぎだよね。ぴあも広島に帰ってきて買えなくなったので,観る映画をチョイスできない。今週末は飲み会と磐田遠征があり,またも観にいけないのだが,来週はタウン誌でも買って次の作品をチョイスしよう。しばらくレビュー書かないと自分のスタイル忘れてしまいそう。

2月と3月初めまでで観た映画と一言コメントを。

『男たちの大和 YAMATO』…戦闘シーンの視覚効果は『プライベート・ライアン』そっくり。大型セットを使い迫力を演出したが,もっとCGを使って大和全体が見えるカットもあった方がよかったかも。この点は『タイタニック』は上手かった。しかし,これ観て泣けるかね。結構人が入っていて,多くの人が泣いていたが,俺は泣けなかったな。

『THE有頂天ホテル』…すっごい期待して行ったのに,ほとんど笑えなかった。小ネタの連続で,どこが爆笑のツボなのか逆に分からないような印象。僕の好きな松たか子のシーンではことごとく彼女が滑っていて軽いめまいがしたほど。役所広司は大奮闘だったけれど,オダギリ・ジョーにああいう役させて,それがハマっていて面白い方が印象に残った。豪華出演陣のわりには普通の出来栄え。もうひと工夫ほしかったな。

『博士の愛した数式』…爽やかな鑑賞感の作品だった。前向きな姿勢の作風が良かった。しかし,深っちゃんがついに『お母さん』ですよ。デビューの頃から彼女を知る世代にとっては超衝撃の設定。でも,彼女の素の良さが作品の中で上手い具合に料理されていた。吉岡秀隆は役にとらわれない演技が出来ていて着実にいい俳優として成長していると思う。

『フライトプラン』…ジョディ・フォスターの主演作とあってかなり期待していたが,サスペンスとしては今イチの出来。J・フォスターがもっと飛行機の設計者としての知識を駆使した活躍&謎解きを期待したが,この辺のパンチが弱い。特にラストのクライマックス(オチ)があれでは…観てる方は納得しかねる。なぜ母と娘は助かったのか?その辺が説明不足で,すっきりした気分で帰れなかったのが,この作品の評価に繋がるのかな。

『ミュンヘン』…とてつもなく重く,暗い作品。何の救いもない。だから鑑賞後もどーんと落ち込んでしまう。スピルバーグが言いたいことはなんとなく分かる気もするが,主張もクリアでなく他面的なのでどの様に解釈したらよいのかに苦しむ。このテーマで2時間44分もの大作が撮れるのはスピルバーグだからこそ?世界の不条理に悩んでいる人にだけお薦めできる作品。でも,家でDVDで観る作風ではないわな。

『県庁の星』…キタよ,織田裕二の成りきり空回り全開演技大爆発の作品。どんな作品も自分独自の『演出』で役作りしてることを観客にこれだけ押し付けがましく主張できるのは,良くも悪くも織田裕二の凄いところと言うべきか。その演技が上手いかどうかは彼の場合は関係ないか。柴咲コウがほどよくアク抜きになっていた。ラストのエピソードがやや爽快感に欠けるのも,コメディとしては今イチの評価になるか。いや,織田裕二は俺ら同世代の星かもしれない。矢田ちゃんとか柴咲コウとか,一回りも違うトップ若手女優陣といい関係になれる…そういう意味では,福山雅治と並んで尊敬するし,もう何年かその位置でいてほしいと願ってしまう。

以上,1ケ月以上溜めていた一言レビューでした。

|

« ナビスコ杯対清水戦,2-2 | Main | 浩司,頑張れ! »

Comments

KIMさん,コメントありがとうございます。現役の監督さんからコメント頂いて恐縮しております。
次回作,楽しみにしています。興行的にも成功されることをお祈りしております。

自分の鑑賞記のスタイルを改めて考えたことがないので,『現象学的』と言われるとなんかくすぐったい気がしますが,これからも,自分の感動をストレートに伝えられる文章を心がけたいと思います。これからもよろしくお願いします。

Posted by: たつし | 2006.04.24 at 08:26 PM

2004年にたつし’s くま・シネマ倶楽部に私が監督・脚本をした「千の風になって」に対するあつい感動の思いをお書きこみいただき、それ以来、たつしさんの「本質的割って見せ」の<現象学的>ともいえる、映画の書き込みを楽しみにさせていただいています。久しぶりの的確な書き込み、楽しませていただきました。もちろん、サッカーの書き込みも愛読させていただいています。
http://ww6.tiki.ne.jp/~min-86/

Posted by: KIM シネマクリエイト | 2006.04.21 at 10:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/9590198

Listed below are links to weblogs that reference 映画はどうなった?:

» オダギリジョー [芸能人・マスメディア名鑑]
1976年2月16日生まれ。本名は小田切 譲(おだぎり じょう)鈍牛倶楽部所属の俳優。岡山県津山市出身。血液型はO型。身長176cm。独特の雰囲気で若者からも多くの支持を集めている。最近では映画等でも頻繁に活躍している。... [Read More]

Tracked on 2006.04.17 at 03:23 PM

« ナビスコ杯対清水戦,2-2 | Main | 浩司,頑張れ! »