« 小野監督辞任 | Main | ナビスコ杯対千葉戦,3-4 »

2006.04.24

リーグ戦,C大阪戦,1-1

望月サンフレッチェは『ポゼッションサッカー』を捨てた。土曜日のピッチで展開されたのは,小野監督が目指した『人もボールも動く流動的なサッカー』ではなく,両WBが最終ラインまで下がり,5バックになってゴールを死守し,ボールを奪ったらとにかく前線のFWへロングフィード。それが何度も撥ね返されても,決してショートパスで繋ごうとしない。目の前で繰り広げられているのは,リーグ16位とほぼ同等の戦力と思われるセレッソにポゼッションを自ら譲る戦術。FWまで自陣に戻って守備に回るハーフコートゲーム。弱い。今のサンフは弱い。だからと言って,この方法しか勝ち点3を獲る方法が本当にないのか。俺達は,こんなにもプライドをズタズタに切り裂かれながらも,サンフの勝利を信じて観戦しなければいけないのか。望月監督が選択したのは,プライドを捨てた『弱者のサッカー』だ。本当にこの方法しか,勝つ手段はないのか…。

この試合も勝てなかった。いや負けなくて本当に良かったと思う。これで負けていれば,選手達のメンタル的なダメージは相当なもので,長く尾を引いたに違いない。

俺達は希望が観たいんだ。上野交代のファーストチョイスは誰が考えても浩司だろう。ウェズレイを引っ張りたいなら,浩司をトップ下に入れて,ウェズレイを一列上げれば良かったのに。今,最も気力が充実している浩司を使わないなんて,信じられない。ベットと戸田のパスミス連発は見苦しかった。ハンジェとか一誠を使う手もあったと思う。そして磐田戦で魅せた希望の光,俊をベンチに入れておいてほしかった。みんな,『たられば』だが…。

相手のクロスバー直撃のシュートもあり,運よく1失点で食い止めることが出来た。だが,このサッカーがJ1上位のチームに通用するとはどうしても思えない。カウンターを狙うには,最終ラインからのフィードの精度が悪すぎる。中盤からのクサビのパスはことごとくカットされ,ボール奪取されている。裏のスペースを狙う,速く正確なミドルパスがほしい。カズがいれば…悔しさを噛み締めるしかない。

さて,水曜のナビスコ,ジェフ戦でもこの弱者のサッカーでいくのか。盛田のところは徹底的に狙われると思っていい。持ちこたえることができればいいが。槙野が代表を辞退したので,ここで槙野を使う可能性もある。浩司と俊は絶対に使ってほしい。彼らの爆発なしにサンフの浮上はありえない。弱者のサッカーはもう観たくない。コウタと駒野にはガンガン攻め上がってもらい,ばんばんクロスを上げてほしい。ウェズレイと寿人には常に相手DFと駆け引きしながら裏を取ってゴールを狙ってほしい。浩司には糸を引くような素晴らしい弾道のミドルシュートを。俊には相手GKをあざ笑うかのような美しいループシュートを…。

みんな夢じゃない。それが可能な選手の集まり。俺達は弱くない。俺達は強い。それを早く思い出してほしい。弱者のサッカーでは,強者のプライドは取り戻せないと思うのだが。望月監督は小野監督以上に頑固そうなので,あと7試合はそういうサッカーは観れないかもしれない。弱者のサッカーで勝ち点をいくつ上積みできるか。とにかく僕らには良い結果に繋がることを祈ってスタジアムに通うしかなさそうだ。

|

« 小野監督辞任 | Main | ナビスコ杯対千葉戦,3-4 »

Comments

鴎さん,コメントありがとうございます。
明日のナビスコは,若手が多く登場しそうな気配ですね。未だにテストしてるのが,いいような悪いような…。若手がベテランを押しのけるくらいの結果を残してくれればよいのですが…。

Posted by: たつし | 2006.04.25 at 08:18 PM

中断期間前の7試合で前向きに戦う気持ちであったり強者のプライドを取り戻して後任監督に繋いで欲しいですね
俊介のベンチ外もそうですが浩司はベンチにいただけに使って欲しかった・・・

Posted by: | 2006.04.24 at 10:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/9748858

Listed below are links to weblogs that reference リーグ戦,C大阪戦,1-1:

» サンフレッチェ広島−セレッソ大阪 [鴎3矢]
共に新監督同士の一戦となったゲームでしたが結果は引き分け 今シーズンは先制点を取れなかったゲームが続きましたが僅か開始9秒で寿人が先制ゴール 新記録だそうだ しかしそれ以降は防戦一方のサンフレ DFにコンバートされて初スタメンの盛田らの3バックは落ち着い....... [Read More]

Tracked on 2006.04.24 at 10:21 PM

» サンフレッチェ広島−セレッソ大阪 [鴎3矢]
共に新監督同士の一戦となったゲームでしたが結果は引き分け 今シーズンは先制点を取れなかったゲームが続きましたが僅か開始9秒で寿人が先制ゴール 新記録だそうだ しかしそれ以降は防戦一方のサンフレ DFにコンバートされて初スタメンの盛田らの3バックは落ち着い....... [Read More]

Tracked on 2006.04.24 at 10:26 PM

« 小野監督辞任 | Main | ナビスコ杯対千葉戦,3-4 »