« ナビスコ杯対千葉戦,3-4 | Main | 今日の駒場 »

2006.05.01

リーグ戦,対横浜戦,1-2

雨の日産スタまで行って来た。僕はいつものとおりバックスタンドからの観戦だったが,ゴール裏には声出しサポが約100人,その他,紫のグッズを身に付けているサポが100人以上いた(200人くらいはいたかも)。声出しサポの奮闘ぶりは凄かった。吉田さん最前線真ん中で必勝しゃもじ掲げて『ラ』になって爆発している。その他,数では比較にならない鞠サポにも負けない迫力で選手達をサポートしていた。

で,そんなにまで応援しているピッチの選手達が繰り広げているのは,望月サンフレッチェの基本戦術となった『5バック,カウンターサッカー』。怪我人だらけで戦力が落ちているマリノスに対してもそれですか。ベタ引きの真に『弱者のサッカー』。観ていて情けなくなる。何でウェズレイにトップ下なんてやらせてるの?もっと前でプレイさせて,素直にトップ下に浩司を入れればいいじゃん。上野の守備能力と運動量は認めるよ。でも,点獲らんと勝てんのよ。守備に走り回って体力浪費しているウェズレイが可哀想だ。この試合はベットがいないので,中盤でのサプライズなプレイはなかったが,戸田と一誠は堅実に守備重視の仕事をしていたと思う。しかし,このボランチ二人が攻撃に絡むことは少ない。中盤省略の放り込みサッカーが続く。戸田は一誠をもっと上げたかったようだが。

そんな中で,寿人が下田からのキックを左サイドを駆け上がり,全速力で走りながらキープ。DFを振り切り,左足一閃。ゴール右隅に突き刺さる。寿人らしい技術の高さを魅せたシュートでサンフ待望の先制点をゲット。実はこの後,同じような展開で寿人がシュートまでもっていった場面があったが,今度はマリノス榎本哲が横っ飛びで弾き出した。あれが決まっていれば,もっと楽な展開になったのだが。問題はこの1点を守り切れるかどうか,だったが。

後半,岡田監督が動く。後半早々に交代でFW大島を投入。焦るマリノスに集中を保って身体を張った守備で最後の壁は破らせないサンフ。圧倒的に責められながら,カウンターで惜しい場面もあった。あと10分近くになったところで,岡田監督が勝負に出る。マグロンに替えてハーフナー・マイク。FW4人並べて,パワープレイに来た。これを見て望月監督は戸田に替えて八田投入。最終ラインでの攻防となる。しかし,この交代で流れはマリノスへ。PA内右でのハーフナー・マイクのダイビングヘッドを盛田が身体を被せて阻止したとして,なんとPK献上。遠目で観た感じでは,もうハーフナー・マイクはシュート体勢に入ってヘッドしてから,盛田が上に被さったようにも観えた。微妙なジャッジ。またも,主審は岡田だ。ジャスティスよ,お願いだから,俺らの攻めの時に笛吹いてくれ。しかし,こうなると,マリノスは押せ押せ。ウチにもう1点獲りに行く力はもう残ってなかった。なんとか同点のままで勝ち点1は死守したい。そう観てる側も思うくらいだから選手達は余計だろう。43分,寿人に替えて浩司。なぜ今頃になって浩司?それも寿人に替えて?上野だろう,それは。セットプレイ要員として上野を残しておきたいのか?この交代は謎だ。ロスタイム入れて5分で浩司に何をしろと?そんなこと考えているうちに,右サイドからクロスが上がり,中央で,ハーフナー・マイクが物凄い高さのヘッドで落としたところに飛び込んだのは吉田。ダイビングヘッドが決まり,痛恨の失点。あと数分だったのに。何のための八田投入だか。てか,八田どこにいた?みたいな感じ。このまま無抵抗のまま無情のタイムアップ。逆転負け。10節目も勝利の勝ち点3を挙げることができなかった。

DF7人状態で新人のハーフナー・マイク一人にやられた。確かにあの高さは久保を越えるかもしれない衝撃の規格外のものだったが,無抵抗の小村が上に乗られるように最後のヘッドの落としを許したシーンは世代交代を感じるものだった。(あとでビデオ観たら,競り負けていたのは吉弘だった。ホンマ何しとるねん)

岡田監督の執念が勝った格好。放り込みサッカーはこうやるんだという皮肉なお手本になった。てか,ウチのFWはウェズレイにしても寿人にしても,高さで勝負するタイプではないのだから,今のサッカーやってるうちは得点できないと思うが。カウンターの場面での後ろからの押し上げがなさ過ぎる。ベットはもういらんことは分かった。上野は本当に頑張っているが,今のままでは得点は望めない。寿人の次に決定力のある浩司をなぜ使わないのか,悩んでしまう。ウェズレイにトップ下をやらせ,守備も強要するような今の戦術が最良のものとはどうしても思えない。

ただ,型にはめられた中で,選手達は良くやっている。今日もカウンターから何度か決定機は作れていた。ただ,このサッカーは観る側にとっては苦行でしかない。本当にこんなサッカーを我慢してやらなければならないくらい俺達は弱いのか。勝てばまだ良かったが,負けてしまっては,こんな試合,わざわざ横浜日帰りして観る価値もない。現地ライヴだと絶望感が増大するのよね。帰りの新幹線でのビールも旨くなかったわ。

とか言いながら,3日は浦和駒場に遠征します。お願いだから,今度こそ勝って!3日は東京泊なので,試合後は関東サポさん達に合流したいと思います。今季初の祝勝会といきたいところだが,さて,どうなる?

|

« ナビスコ杯対千葉戦,3-4 | Main | 今日の駒場 »

Comments

>hadaken69さん,鴎さん
そうですよね,何で素直に浩司を使わないのか謎です。ウェズレイにトップ下やらせるなんて可哀想ですよ。というか,明らかに起用法がおかしいですよ。と言いつつも,鞠戦で最後に田中にクロスをフリーで上げさせたのは浩司の責任なのですが…。

とにかく現地駒場で応援してきます。勝ってホームに帰ってきたいな…。

Posted by: たつし | 2006.05.02 at 07:27 PM

なぜ好調な浩司を活かさないのでしょうか?
本当にわかりません。
守備だってもっと中盤を活かせば、もっと守備でも攻撃でもチャンスができるのにと思います。

ベットはしばらく本当にいいですね。
大宮戦のメンバー、ある意味興味深く待っていようと思います

Posted by: hadaken69 | 2006.05.02 at 02:34 AM

今日、録画中継を見ていましたが浩司をスタメンで出して欲しかったし途中交代にせよ追加点を狙うためもっと早く出して欲しかったです
あのタイミングで寿人を代えるにしてもその前に戸田を下げているからボランチの選手(ハンジェor青山)を入れて中盤に厚みを持たせて欲しかったな、と思います
最後は放り込まれてやられてしまっただけに余計に・・・
完敗の後、帰路につくのって辛いですね
去年のFマリ戦観に行きましたが新幹線で食べた駅弁の味、忘れてしまいました(笑)

Posted by: | 2006.05.01 at 11:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/9849443

Listed below are links to weblogs that reference リーグ戦,対横浜戦,1-2:

« ナビスコ杯対千葉戦,3-4 | Main | 今日の駒場 »