« リーグ戦,対大宮戦,1-0 | Main | キリンカップ,日本対ブルガリア,1-2 »

2006.05.08

リーグ戦,対福岡戦,1-0

後半も残りわずか。PAすぐ外で,一誠のドリブル突破から得たFK。長い間合い。蹴る気満々のベットと静かに壁を見つめて立つ駒野。『ベット,蹴るなよ~』と心の中で念じている。ベットが助走してスルーしたところを駒野が蹴ったボールはグラウンダーで壁の間を抜け,GKの脇をかすめてゴールネットに突き刺さる。その瞬間,スタジアム歓喜爆発。僕も立ち上がって踊りながら言葉にならない歓声を上げる。その後の福岡の反撃をなんとか逃げ切り,今季ホーム初勝利の瞬間がやってくる。試合後,スタンディングオベーションで選手達を迎えるのはやはり嬉しい。素直に嬉しい。こんなサッカーでも勝ち点3を獲れたことが本当に嬉しい。

浩司を下げた時点では引き分け狙いやったはずや>望月監督。その替えた一誠が指示を聞かんかったからか,何度も呼びつけて指導するが,一誠も言い返しており口論となっていた模様。あの会話聞きたいわあ。その一誠のリスクチャレンジのドリブルから最後のFKを得たのだから,一誠の根性が手繰り寄せた勝利とも言える。

この試合は,浩司を単純にトップ下とせず,戸田の前にベットと横並びにして3ボランチ気味にしていた。浩司の攻撃参加や飛び出しは求められてないようで,すぐ望月監督にポジション修正される。浩司が光ったのは,CK等のセットプレイの時。キックの精度・キレはさすがで数少ないチャンスを演出していた。

しかし,ホームで福岡相手に引分け狙いのサッカーってどうね。勝ったから良かったものの,あれで負けたりしてたら,どうなったんだろうね,ゴール裏は。

これで望月監督は,リーグ戦4戦を,2勝1分1敗で乗り切り,順位も15位としてとりあえずは降格圏を抜けた。最低限のミッションは達成したと思う。しかし,失ったものも,大きいぞ。それは選手達のプライド。こんな試合を強制的にさせられて傷つかないはずがない。望月監督が,ナビスコの残り3戦はノーマルな戦いをして,それを取り戻させるチャンスを与えるのか。それとも,これまでどうりの戦いで,『お前達は弱い』という意識を徹底的に叩き込むのか。いずれにしても,観る側にも,夢を与えてくれる楽しいサッカーをやってほしい。そうは言え,恐らく戦術的にはそんなに変えてこないだろうなあ。まあ,ナビスコ,新潟戦を楽しみに待ってますよ。望月監督と一誠がどんな口論していたか,情報入手された方は教えてくださいね~。

|

« リーグ戦,対大宮戦,1-0 | Main | キリンカップ,日本対ブルガリア,1-2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/9962882

Listed below are links to weblogs that reference リーグ戦,対福岡戦,1-0:

« リーグ戦,対大宮戦,1-0 | Main | キリンカップ,日本対ブルガリア,1-2 »