« 新監督決定! | Main | ドイツW杯,日本対クロアチア,0-0 »

2006.06.13

ドイツW杯,日本対オーストラリア,1-3

負けた。しかも圧倒されての完敗。正直,オーストラリアの荒っぽいだけのプレイはいなせると思っていたし,俊輔のラッキーなゴールが決まった時は,この1点で勝てると思っていた。しかし,この試合は,常に主導権をオーストラリアに握られてしまい,中盤省略のロングボール放り込み,最終ラインでの戦いになってしまった。中盤省略の戦いを強いられ,ボールを持っても荒っぽいファールで止められてしまう。ヒデも俊輔も輝けない,本当に苦しい展開。頼みの高原・柳原の2トップもボールキープもままならず,連携も今ひとつ大胆さに欠けていた。2トップで全く崩せなかったのは辛かった。もっと貪欲にシュートを狙って欲しかったが,これはヒデや俊輔にも言えることだが,目先のパスに逃げてしまった。両サイドは駒野は頑張った2度,3度とサイドを突破し,クロスを上げた。が,精度が足りなかった。最後で力んでしまったのかもしれない。いずれも駒野だから出来た突破で,加地ならば同じように出来たとは思えない。左のアレックスは…相手に押し込まれて全く仕事が出来なかった。駒野のサイドよりはFW陣と成熟していたであろうアレックスが全く機能しなかったのは痛かった。あそこを押し返して攻め上がる勇気がほしかった。日本の中盤と前線は,せっかくマイボールになっても単純なパスミスが多く,シュートに行く前にボールを失っていた。ヒデがあんなにミスが多かったのはショックだったし,中央・前と急ぐのではなく,両サイドをもっと効果的に使ってほしかった。俊輔は,最後20分消えてしまった。厳しいマークに合い,常に削られてはいたのだけれど,もう少しスタミナが欲しかった。

1失点目の場面は,川口のミスだとは思うが,川口が行かなくても,あそこは競れてなかったし,同じようにこぼれ球を叩き込まれたと思う。川口は直前のFKをファインセーブで止めている。良くも悪くも『気持ちが乗っていた』状態。そういう状態なら,あのロングスローに飛び込んでいったのもしかたないと思う。

このあと日本は,悪夢のような2失点目,3失点目を食らうのだが,目の前の勝利が崩れ落ちたところで,もう一度戦う気持ちを奮い立たせることができなかったのだから,仕方ない結果だろう。高原・柳沢が疲弊した時に,ジーコは交代にFWのカードを切らなかった。信頼を託せるFWが他にいないことを自白してしまったわけで,期待をかけて投入した小野が全く実力を発揮できずに機能しなかったことは皮肉としか言いようがない。

今でもオーストラリアのようなパワープレイ1本のチームに完敗を喫したことが信じられない。必要以上に受けて勝負をしてしまったことが,予想外の結末を導いた不運としか言えない敗戦。次に戦う時は絶対に同じやられ方はしないと信じるが,一次リーグ初戦の勝敗はついてしまった。日本としては,とにかく切り替えて,次のクロアチア戦に臨むしかない。受けて立たないこと。自分達のストロングポイントを信じて中盤勝負のパスサッカーで勝負を挑むこと。そして,何よりも勝利を渇望すること。奇跡を起こせる力は日本にはあると信じている。頑張れ。

呆然として,日本戦の後のチェコ対アメリカの戦いを流し観した。美しいパスサッカーの応酬。その中で,美しすぎる得点を重ねるチェコ。こういう試合を日本はしたい。そして,勝ちたい。今日のようなガツガツした面白味のないサッカーはなかったものとして忘れ去りたい。

|

« 新監督決定! | Main | ドイツW杯,日本対クロアチア,0-0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/10511097

Listed below are links to weblogs that reference ドイツW杯,日本対オーストラリア,1-3:

» オーストラリア戦・・・ [鴎3矢]
最後にああいう形でやられてしまうとかなりショックです。 前半は立ち上がり守備的なゲームを強いられるもそこを耐えて中村俊輔の虎の子の1点で先制すると、後半は積極的に攻めるも追加点が入らない。 後半途中まではフィニッシュ以外はいいサッカーをしていたのですが....... [Read More]

Tracked on 2006.06.15 at 09:16 PM

« 新監督決定! | Main | ドイツW杯,日本対クロアチア,0-0 »