« ドイツW杯,日本対オーストラリア,1-3 | Main | ぼちぼち更新再開します »

2006.06.19

ドイツW杯,日本対クロアチア,0-0

8年前の6月18日,僕はフランスのナントで日本対クロアチア戦を観戦した。あの日も日差しが眩しくてとても暑い日だった。日本はよく善戦した。しかし,素人目にも,日本選手とクロアチアの選手には体格も技術も差もあって,まるで大人と子供が試合をしているようだった。そんな感じで日本はFWまで全くボールが回らず,中山がゴール前で惜しい形で絡んだのを覚えている。あの日,日本のゴール前,左サイドに開いたシュケルにボールが渡り,放たれたシュートは川口の左手の先をかすめ,ゴールに転がっていった。その1点を当時の日本は取り返す体力も技術も持ち合わせていなかった…。世界は遠く高い。受け入れざるを得ない実感。行き場のない疲労感だけが残った…。

そして8年後の6月18日。ドイツのニュルンベルグで日本は再びクロアチアと対戦することになった。あの時と同じ状況。第1戦で敗戦し,この試合に敗れるとグループリーグ敗退という土俵際で。

8年前と違い,日本がボールキープしてチャンスメイクする機会が増えている。体格差をもろともしない球際の激しさもある。川口も8年前の憂さを晴らすように見事にその左手一本でPKを止めてみせた。8年前のあの日,周りの選手とかみ合わずに孤立していたヒデが,この日は素晴らしい運動量とパスセンスで周りの選手を動かし,惜しいミドルシュートまで放った。ヒデ自身の成長と周りの選手達の成長を実感できた。日本は成長している。世界が8年前よりずっと近くなっているような気がした。

だけど,やはり得点は奪えなかった。数少ない決定機を日本のFW達はゴールに結びつけることができなかった。日本にはまだ世界に通用するFWがいない。その切実な事実を痛感させられる結果となってしまった。やはりまだ世界は遠い。4年前,決勝トーナメントに進出して,世界の強豪の仲間入りをしたはずだったのに…また一歩後退してしまったのだろうか。

しかし,8年前とは違い,日本は負けなかった。勝ち点1をなんとか死守し,首の皮一枚でグループリーグ突破の可能性を残した。最後の相手はブラジル。恐らく主力は温存してくる。先制点さえ奪えば,1軍半のブラジルを食う可能性は全くないとは言い切れないではないか。不振のFW陣達よ,奮起せよ。奇跡を夢みることができるこの大切な『勝ち点1』。運命の大一番まであと3日。当日は恐らく寝られない夜になりそうだ。

それにしても,毎晩遅くまでテレビに噛り付きで寝不足。金土日と朝まで観ていたので,昼夜逆転現象。とてもまっとうなサラリーマンのすることではない。特に今日はキツカッタよ…。

|

« ドイツW杯,日本対オーストラリア,1-3 | Main | ぼちぼち更新再開します »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/10598034

Listed below are links to weblogs that reference ドイツW杯,日本対クロアチア,0-0:

» 勝てた試合だっただけに・・・ [鴎3矢]
この引き分けは勝てた試合だっただけに悔やまれます。 攻撃面ではミドルシュートを打っていたのですが、ゴール前で決めきれない。 特に後半開始直後、柳沢・・・ あと後半終了間際はパワープレーを仕掛けて欲しかったです。 守備では川口がオーストラリア戦に続いて....... [Read More]

Tracked on 2006.06.20 at 07:51 PM

» お願い!!アフィリエイトしてください!! [タイトル何にしようかな]
ご迷惑でしたらすみません! みなさんにお願いです。 うちの化粧品をアフィリエイトしてください。 たくさん売ってくださった方には御礼もします。 [Read More]

Tracked on 2006.07.09 at 02:43 AM

« ドイツW杯,日本対オーストラリア,1-3 | Main | ぼちぼち更新再開します »