« リーグ戦,対名古屋戦,0-0 | Main | 浦和戦! »

2006.09.13

ラフ

広島宝塚1。大谷健太郎監督。長澤まさみ,速見もこみち主演。

亜美(長澤まさみ)と圭介(速見もこみち)は,同じ和菓子屋の商売敵の家に生まれたが,同じ高校に入学し,亜美は高飛び込みの選手,圭介は競泳選手として出会う。初めはいがみあっていた二人だが,学生寮生活や水泳への情熱を通し,次第に惹かれあっていく。しかし,亜美には幼馴染で年上の婚約者がいた。それは圭介の憧れ,競泳自由形日本記録保持者の仲西弘樹だった…。

公開わずか1週間で不人気のためか,広島では夜の上映がなくなってしまい,仕方なく大スクリーンで観るために,朝の9時からのこの上映一回に合わせ,前日2時まで飲んでいたにも関わらず,自宅からタクシーまで使って(笑)観にいった作品。それもこれも長澤まさみの水着姿を大スクリーンで観るため,といういかにもオヤジらしい理由だった。広島でたぶん2番目に広い映画館に,僕の他は高校生友情割引使用の女子高生達(もこみち狙い?)20人ほどしかいなかった。

作品については,あだち充作品の最大の魅力である『間の美学』が全く表現できていないし,主人公二人がなぜお互いを好きになっていくのか,という最も重要な部分がすっかり抜けていて(これがこの原作の一番魅力的なところ),原作ファンとしてはダメ出しせざるをえない出来栄えの作品になっていて残念だった。速水もこみちの圭介は,やっぱりイメージ(主に外見によるもの)が全く違って感情移入できなかった。これはもこみち君のせいではない。キャスティングの失敗だ。

但し,長澤まさみのアイドル映画と観れば,その評価は変わってくる。それはこの作品が,恐らく彼女の最後の水着姿が拝める作品になるだろうからだ。彼女はとにかく手足が長くスタイルが抜群に良い。終盤で,グラドルの市川由衣と競泳水着で並んで映るカットがあったが,両者のスタイルの差が歴然。長澤まさみの方が遥かに美しい。とにかく脚長い~。こんなビーナスみたいな長澤まさみと比べられる市川由衣が可哀想だよ。この美しい姿が今後観れないかと思うと本当にもったいない。彼女に演技力がついて,もっと大女優になった時に,違った意味で価値が上がる作品になるかもしれない。この作品のDVDを発売する時は,長澤まさみの水着シーンのみをピックアップしたメイキング特典別ディスクを付けるべきだな。てか,その方が絶対売れるって。しかし,東宝のガードは固い。『タッチ』の時は発売されていた作品のオリジナル写真集等というものは,この『ラフ』では発売されていない。 東宝としては,『まさみの最後の水着姿が観たいのなら,映画館へ来い』ということなのだろう。(今回僕はまんまとその思惑に釣られたのだが…)

その代わり,水泳と高飛び込みのシーンは,とても迫力あり,綺麗に撮れていた。カメラワークも各カットもアイデアに溢れ,この部分においては,クオリティは高いと思った。圭介と仲西の最後の対決まで描くとは思っていなかったが,この競泳シーンはとても良く撮れていた。確かに漫画では表現できない世界だと感じた。ただ,圭介の最後のガッツポーズの最終カットはいらないと思った。どっちが勝ってたかなんて,みんな原作の連載の時から分かっていたんだから…。

速水もこみちの熱狂的なファンの女の子と,長澤まさみの水着姿目当ての方以外にはあまりお薦めできない作品だ。しかし,長澤まさみの持つ今後の可能性の大きさ,伸びシロの大きさを十分に感じさせてくれる作品ではあった。『タッチ』からもグンと伸びていた。秋クールのドラマ,『セーラー服と機関銃』は絶対観なければ(当然,水着姿目当てではありません),と心に誓う。長澤まさみのファンになってしまったようだな(バカ)。

|

« リーグ戦,対名古屋戦,0-0 | Main | 浦和戦! »

Comments

月の風さん,本当にご無沙汰してます。
ちょっと事情があって,劇場で映画を観れない期間が長かったのでネタがなく,アップしてませんでしたが,これから少しずつアップしていきますので,またよろしくお願いします。

そうですね,この作品は原作の持つ魅力という部分は巧く引き継げてはないですね。やはり,もこみち君が原作の圭介とはイメージが違いすぎるのもひとつの要因かも。もこみち君自体は頑張っていたんですけどねえ。

なるほど,長澤まさみと市川由衣の2ショットはそういう見方もありますか。僕はただただ長澤まさみの脚の長さとスタイルの良さに感嘆していたので(笑)すいません。でも,本当に恐らく彼女の最後の水着姿が拝める作品。DVD買うかもしれません(バカ)。

Posted by: たつし | 2006.09.22 at 03:51 AM

どうも、ご無沙汰しております。
TB有り難うございました。

それなりに雰囲気は出てたのかなとは思いましたが、そうですか、原作とは比べてはいけないのですね。
3年間を2時間ちょっとで納めたのは無理があったってところでしょうか。

長澤まさみと市川由衣と競泳水着で並んで映るカット、確かに長澤まさみの方がスタイルは良いのですが、見方を変えると市川由衣の方が小柄で可愛い感じでしたね。
ではでは。

Posted by: 月の風 | 2006.09.21 at 11:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/11882392

Listed below are links to weblogs that reference ラフ:

» ラフ [「月の風」シネマ日記]
長澤まさみ、速水もこみち主演 例によって、原作を読んだことはない。 よって、勝手な思いこみになってしまうが、原作の雰囲気が出ていたように思う。 あだち充は恋する人を非常に巧みに表現する。 例えば、真っ直ぐな思いであったり、不器用さであったり、自分自身気づ....... [Read More]

Tracked on 2006.09.21 at 11:47 PM

« リーグ戦,対名古屋戦,0-0 | Main | 浦和戦! »