« October 2006 | Main | December 2006 »

2006.11.28

リーグ戦,対新潟戦,2-1

長いこと放置してすいません。なにせ,仕事で福岡戦も,京都戦も,千葉戦も観戦できなかったもので…。ビデオ録画したけど観てないし…。

で,日曜開催でやっと観戦できたホーム最終戦。この試合は,ディフェンスリーダーであり,ビルドアップの起点でもある戸田が出場停止で,厳しい試合となった。ダバツには破綻はなかったが,ややライン下げすぎ。新潟にポゼッションを許すきっかけになった。押し込まれながらも,コウタの素晴らしい突破からのクロスにどフリーでゴール前まで飛び込んでいた駒野が丁寧に合わせて先制したところまでは良かった。ただ,最終ラインでのボールのチラシは良かったが,今日はクサビを打ち込む選手がいない。青山と柏木の動きが今イチ。特に青山の攻め込んだところでのパスミスが多いので,そこからカウンターを何回も食らうことに。今日の柏木にはがっかり。判断が遅い。ペナ内でシュート撃てるところまで持ち込んでそこでボールこねてチャンス潰すし。青山は前半最後に凄いドライブシュートがあったが…。後半,ミシャはすっぱりこの二人を交代させたしな。やっぱりこの試合の出来は悪かったということか。しかし,交代した中里(だったかな)が中盤で無理な体勢からバックパスし,それをかっさらわれてシュートまで持っていかれ,あっさり失点。あそこでミスがでると辛い。

俊はやはりゴール近くでボールを持てると仕事はできる。でも,ゴール前でなかなかボールが貰えない。あとは課題のボールを持っていない時の動きだなあ。今日は全くダメだったよ。寿人が代わりに下がってボール受けてるようじゃダメだよ。まあ,寿人-浩司-コウタの関係で何度もチャンス作っていたのも事実だけど。今日は,浩司と柏木が押されて下がりすぎて,3ボランチのようになっていた。これではFW2人のサポートは難しい。

後半は攻められて,何度もクロスバーに助けられたりして,こりゃ引き分けでOKかな,と諦めかけたロスタイム。中盤でボール奪取,中央(浩司だったようだ)から右サイドでどフリーの駒野へ展開。駒野,ゴール前に選手が詰めていることを確認し,早めのクロス。低いクロスはGKとDFの間に落ちる。DF引き連れて中央に飛び込んだサンフの選手(クワシンだったようだ)に合わない。あー,と思ったら大外から寿人が飛び込んで来て,バウンドしたボールに巧く合わせてゴールに流し込む。スタジアム総立ち歓喜爆発!俺はタオルマフラー振り回して叫びまくっていた。苦しい試合だったが,最後に寿人の決定力が爆発し,ホーム最終戦を勝利で飾ることができた。

この試合は,青山・柏木が悪かった分,コウタと駒野がキレキレだった。ウェズレイがいたら,もっと得点できていたかもしれない。今の俊よりは寿人と組ますなら大木の方がまだいいかも。その方が寿人が活きるし。でも,大木もどフリーのシュート外すし,相変わらず決定力ないしなあ…。 頭痛いですわ。

正直,鬼門日本平で今の清水に勝つことは,今のメンバーでは難しいと思う。ただ2点勝負になれば,今日のように勝機もあるので,戸田が復帰するであろうDF陣と,青山の代わりにボランチに入る中里と柏木の奮起に期待したい。あと,浩司ね。絶対に中盤勝負になると思うので,後手に回らないように,積極的に攻めてほしいと思う。久しぶりに浩司の糸を引くような素晴らしいミドルが観たい!若手達もそうだが,浩司が爆発しないと勝てない。バランス取ってるばかりじゃあダメだぞ。もっと頑張れ。期待してるんだから。

ファン感は,晴れてたら行こうかな。吉田でユースの試合もあるしなあ。でも,その頃にはさよならになる選手も決まってるんだよね。やっぱり行こうかなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.04

夜のピクニック

品川プリンスシネマ。長澤雅彦監督。多部未華子,石田卓也主演。

年に一度,全校生徒1000人で一緒に24時間夜を徹して,80kmを歩きとおす高校最大のイベントであり,伝統行事である『歩行祭』。それは,生徒達にとっては体力的には辛い行事でもあったが,高校生活を彩る絶好のイベントでもあった。3年生となり,今年で最後の歩行祭を迎える貴子(多部未華子)はこの歩行祭の間に密かな賭けをしていた。それは,一度も話したことのないクラスメイトの融(石田卓也)に話しかけること。そんな簡単なことがこれまで出来なかった秘密が二人にはあった。貴子と融は,同じ父親を持つ血の繋がった異母兄妹だったのだ。この最後の歩行祭で,なんとか融と話がしたい…そんな貴子との想いとは別に,一歩一歩進む毎に歩行祭は終わりに近づいていく。果たして,貴子の賭けの行方は…。

第2回本屋大賞を受賞した恩田陸のベストセラー青春小説の映画化。そして,主演の多部未華子は,去年公開の『HINOKIO』で好演した映画界期待の若手映画女優。期待しなかったわけがない。しかし,広島では不入りで,公開2週目にして朝1回の上映に縮小されるという映画館もあった。つまり,結論として面白くないのである。

元々,貴子と融の,父親の不倫のせいで異母兄妹になってしまったという回避しがたい事実と,そのことに対する長年の内面での葛藤が,歩行祭というかけがえの無いイベントを媒介として浄化されていく物語である。原作でも,二人の心理描写がポイントとなっている。つまり,二人の主役は,難しい貴子と融の心の揺れ,ズレを台詞なしで表現しなければならない。この二人の心の葛藤を乗り越えて浄化させていくステップの表現がこの作品では未消化で物足りなく,説得力がない。これが感動に繋がらない理由だ。正直,多部未華子演じる貴子は原作の貴子とは少し合ってなかった。一方で,融役の石田卓也はまあまあイメージは合っている。しかし,台詞のないシーン(心理描写のシーン)での演出が下手だ。特に,多部未華子はダイヤの原石のような素晴らしい魅力を持った素材。これだけの素材を演出力不足で殺してしまったのは本当にもったいない。演出の仕方次第ではいかようにも輝いたであろうに。彼女が輝かないから,作品に魅力が出なかったのだ。それが残念でならない。

しかし,良いところもあった。まずは,歩行祭をなんとか『特別なイベント』として描き出そうとした努力。大勢がぞろぞろと力なく歩くバックに雄大に広がる自然を捉えたカットの数々。特に秀逸だったのは,海辺の堤防を列をなして生徒が歩くシーンで,クレーンを使った高い視点からの遠望で,生徒達の長い列の向こうに光る海を見事に捉えていた。こういう,おっ,と思わせるカットがあるのだが,単発的で繋がってなかったのが残念だ。この作品のもうひとつの軸である歩行祭のスケールの大きさを描ききれていなかった。

そして,一番良かったのは,なんと言っても終盤,やっと貴子と融が打ち解けて,二人きりで並んで歩きながら語り合うシーンだ。長回しで撮られたこのシーンでは,お互いのわだかまりや葛藤を乗り越えて,ついに話しができたという二人の喜び,汚れなき心の高揚,開放感がスクリーンの隅々まで溢れていて,素直に心が引き込まれ,感動できた。このシーンの二人の演技には文句のつけようがない。この作品の良心と,真に目指したかったものも分かった。だからこそ,それまでの二人の心の葛藤の描き込み不足が残念でならないのだ。脚本と演出の稚拙さ…全くダメ作品ではなく,魅せるものもあっただけに,本当にもったいなく感じた。

それにしても,,多部未華子。透き通った瞳がとても美しく,笑顔が素晴らしい。存在感も抜群だ。これから間違いなく旬を迎える女優さんだ。今作では失敗したが,演出次第で演技ももっとできるはずなので,これからどんな魅力的な映画女優に育っていくか本当に楽しみだ。次回作に期待したい。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2006.11.03

リーグ戦,対横浜戦,3-0

先週は会社が休みとなったため,サンフ対マリノスの試合を生観戦に行けた。前日は飲み会であったが,土曜は2万7千人の動員作戦が決行されるというので,試合開始5時間前の朝9時には駐車場に到着。先週,大阪まで遠征して,あんな腹立たしい試合を観せられたので,正直全く期待してなかった。

試合が始まってみると,案の定,マリノスのハーフコートマッチになり,サンフは自陣に押し込まれる。しかし,マリノスは序盤の久保の決定的なシュートを決められない。止めた下田も凄いが,自分で中盤でパスをドゥトラに出してゴール前まで走り込んでいた久保の勝負どころを掴んだ動きに感服。でも,久保が輝いたのはこの場面だけ。反対にサンフが初めて迎えたウェズレイのFKのチャンスを決めてからは,サンフが主導権を握る。後半も,序盤はマリノスのペースになるが,効果的なカウンターから寿人とウェズレイが確実にゴールを決めてマリノスを突き放す。ウェズレイ,本当に凄いや。重戦車のようなドリブル,寿人が走り込んでいることを信じて出したノールックパス,コウタからの折り返しを信じてスペースに走り込んでのシュート。本当,ハシェック以来の『当たり外国人FW』だ。今季初の3-0というスコアでホームで快勝。横浜には4年ぶりの勝利だとか。だが,セレッソと福岡も勝ったため,勝ち点差は広がらず,降格争いは続くことになった。

でも,いいことばかりじゃなくて,前節後,自身のHPでチーム批判をしながら,ミシャの温情(いや,それとも他にスタメンで使える選手がいなかったからか)でスタメンに名を連ねたハンジェは,90分出場を意識した省エネプレイで攻守の切り替えが遅く,言葉にできないくらいにがっかり。お前は口ばっかりじゃ。そんなハンジェが省エネプレイにも関わらずガス欠して交代した一誠も,思い切りに欠けるプレイぶりで,柏木のような躍動感は感じられない。柏木の代役候補二人の出来の悪さを目の当たりにして頭を抱えたくなる。あと,心配なのはカズだね。1対1でマルケスに徹底的にカモにされ,何度もブチ抜かれっぱなし。本当にスピードがない。抜かれた後のマルケスのクロスに全く精度がなかったため助かったが,普通なら3点くらいやられているところ。最近の試合では,攻め上がりや前線へのパスの供給も減っている。戸田とか盛田の方が目立つくらい。どんどんカズがこじんまり纏まってしまうようで,観ていて辛い。自信持って出来ているのかなあ。かなり不安。とは言っても,黄紙累積とかで欠場になっては困るピースには間違いないのだが。戸田は良かったな。左右のWBへのロングフィードが気持ちよくぴしゃりと決まる。本当はカズにその役割をしてほしいんだけどなあ。あと,青山が良かった。前節は結果的に失敗してしまった,やや前目の積極的なポジショニングが成功。嫌な山瀬兄の動きを完封し,ほとんど仕事をさせなかった。とても中2日で試合している選手の運動量じゃなかった。これだけの働きを見せられると,青山がいなくなるラスト2試合(だったっけ?)の代役が心配だ。

さて,これからの最低限のミッションは,今週の天皇杯でセレッソの連勝を止めて追い上げの勢いにストップをかけることと,その次の週の福岡戦で絶対に勝ち,福岡の息の根を止めること。おそらく福岡に勝てば,自動降格圏からは脱出できるだろう。問題はセレッソのマクリをかわして入替戦を回避できるか,だが,ここはもう寿人とウェズレイの好調2トップの決定力に賭けるしかない。今のままだと,入替戦は柏が相手となり,分が悪い気がするから。それにウチはメンタル面に問題があり,受けて立つ試合に弱いので,なんとしても入替戦は避けたい。福岡に勝てれば,残留はほぼ確定だと思うが,セレッソの追い上げを止めるためにも,最低でももう1勝,京都にも確実に勝って,なんとしても残留を決めたい。あとは負けないでなんとか引き分けて,勝ち点1でも積み上げておくことかな。いずれにしても,しばらくは胃の痛い気分で観る試合が続きそうだ。キーポイントは,最強2トップの得点力と,中盤でバランスを執る浩司の出来(できれば得点),そして柏木と青山の代役の期待以上の頑張りだろうか。

今週の天皇杯は行かない。来週の福岡戦は仕事で行けない。再来週の京都戦も仕事で行けない。世間は祝日のはずのフクアリ・千葉戦も,仕事で遠征に行けない。もう今年生観戦できるのは新潟戦のみ。願わくばそれまでに,残留が確定していることを祈るばかりだ。福岡・京都には絶対に勝て!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« October 2006 | Main | December 2006 »