« March 2007 | Main | May 2007 »

2007.04.30

東京タワー オカンとボクと,時々,オトン

サンフがボロ負けしてるので現実逃避です。でも,心配はしていません。ミシャを信じましょう。

さて,今日は『東京タワー』を観たので,それをアップします。あらすじは省略。

僕は,先に本を読もうとしたが,映画化されると知り,買わなかった。SPドラマも連ドラも観なかった。先入観が入るのが嫌だったから。オダジジョーがいかにリリーさんを演じるか。しかし,冒頭の病室でのシーンでやややつれた表情のオダジョーが,『全く似てないのにリリーさんに見えた時』に,この作品は成功した,と確信した。しっとりとした観応えのある作品だった。意外と演技ができ,存在感のあった内田也哉子に驚き。見た目も似ている親子で一人の『オカン』を演じる贅沢なキャスティングに唸る。樹木希林の自分の色を前面に出しつつも押さえた演技がいい(息を引き取るシーンにヨーダの死に際を重ねてしまったのは僕だけではあるまい,って話は置いといて)。映画らしい豪華な脇役・カメオ出演陣に支えられ,オダジョーが入魂の演技を魅せる。それだけに,要所に彼女役の松たか子に突然の割り込みのように重要な台詞を言わせ,アップカットで抜く,その芸のない軽い演出が際立って下手糞な技法に観えた。この映画の欠点は真にこの一点である。こんな役をやらされる松たか子がかわいそうだ。泣ける映画を目指しつつも,『泣け泣け』の過剰演出はなく,自然と涙がこぼれ落ちる作品になっている。母への親不幸への懺悔とそれ以上の愛情の念に溢れるなかなかの佳作であった。エンドロールに流れる福山雅治の主題歌とのマッチングも秀逸。是非,エンドロールが終わり,劇場の照明が点くまで席を立たないで余韻に浸っていただきたい。

リリーさんと同年代から,僕の年代(30代後半)までの人が観れば,真にツボの映画になってます。是非,劇場の大画面で観ていただきたい一本です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.04.18

柏木,A代表初召集他

先日のナビスコ杯千葉戦@フクアリでアウェイゴール裏に広がる関東ビッグフラッグです。観戦記は気分により省略…すいません。

さて,表題について。びっくりしたなあ。まあ,合宿だけなのであんまり喜びすぎてもいかんのですが,サンフからA代表が3人も出るなんて,いつ以来でしょうかねえ。柏木もアジアユースの時くらい大活躍したら(もちろんサンフで,ですが),代表に選ばれてもおかしくないとは思う。でも,彼の性格上,天狗になってはいけないので,当分ここでの表記は『柏木』のまま(笑)。スタジアムでの声援とかは既に僕も『陽介』だが,ここで陽介と親しみをこめて呼ぶためには,もっともっとサンフで大活躍してもらわないと許さない!(って,既に洋次郎とか一誠とか下の名前で書いてますが,それは言わないで)。まずは次も呼んでもらえるようアピールせよ。

さて,甲府戦ですが,ウチにいた時はシュートを撃っても撃っても全然枠にもいかなかったシゲに2得点もされて,勝ちきれず(ニュース映像しか観てないのですが)。まあ,僕の希望としては『第6節までは五分の戦績で』が最初からの最低ラインだったので,あんまり焦ってませんけど。勝負はここから。さて,まずはどうやって失点を減らしますかね。『ダブルボランチにして守備を固めてカウンターに徹する』→これ,ミシャは選ばないだろうなあ。でもねえ,現実的に局面では守れてないわけだし…。悩ましい。あと,ダブルボランチの時,浩司を下げて柏木をトップ下にするのはどうかと。確かに柏木の才能はサンフのダイヤモンドだが,なんだかんだ言って,ウチのMFの中で一番得点力があるのは浩司なわけで。彼の使い方が今年のサンフのキーになると思う。どっかで『今年浩司が10得点くらいしないと上位進出は難しい』って書いたけど,本当にそれくらい活躍しないと,3年後は浩司はサンフにいないかもしれないと考えてしまう。『7』番のレプユニを着ている僕でもそう思う。後方でバランス取ってる場合じゃないよ,きっと。

さて,今週末の新潟戦はようやく,ようやく今季ホーム初参戦です。ナビスコ千葉戦の時の生観戦の印象は『動きが固いなあ』というものだったので,あれから去年の終盤のような流動性がどこまで復活しているか,期待して観戦したいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.04.10

蟲師

広島バルト11。大友克洋監督。オダギリジョー主演。

サンフの試合を観てなく,記事が書けないので,お茶濁しに久しぶりに映画のレビューを書きます。あらすじ省略。しかも,お決まりのネタバレですいません。

感想。映像はとても綺麗。VFXの使い方が邦画にしては自然で巧く処理できており,これが木々の緑の色とよくマッチしている。しかし,それをぶち壊すくらいプロットがハチャメチャ。ひとつひとつのエピソードや登場するキャラクターは発想が面白いし,とても魅力的なのだが,これが作品にストーリーとして組み込まれるとなぜか消化不良で…魅力大半減。ギンコ(オダジョー)の過去も掘り返したつもりでも,全く解明されてないわけだし(原作読んでから観に来い,とか言われる?)。導入部の話は蟲師の個性的なキャラを際立たせるにはまあOKだが,もっとテンポよくできたはず。次の淡幽(蒼井優)の話が画も含めて一番面白いのだが,ブッツリ終わってしまう。次の虹の蟲を探す話も中途半端。それで終わりかい,って感じ。虹郎はなぜ虹の蟲を探してたの?誰か教えて。そして極めつけが,全編に渡って少しずつ明らかになるギンコの過去と謎の女蟲師の正体の真相が明らかになる話だが,これが本当に謎。映像と話の筋があまりにもかけ離れてしまって,観ている方はラスト近くになって迷子になることに。そしてラストシーン,川原を歩くギンコが突然…(驚愕),そしてエンドロール!!おいおい,そんなのわかんねえよ。エンドロールが流れる間,ずっと自分を責めていた。何か見逃したシーンや聞き逃した台詞はなかったか。う~ん,やっぱりわかんねえや。一本の作品として2時間も観て来た観客にこんな思いをさせていいわけ?結局,何が言いたかったわけ?作り手のメッセージが全く伝わってこない。何の感動もない。大友監督に特別の思い入れがある人やオダジョーファンや蒼井優ファン限定の作品。デートムービーになんかで使ったら,帰りに結末の解釈で相方と絶対喧嘩になります。ご注意を。

オダジョーは確かにこういう役もできるけど,個人的には『時効警察』の主人公のようなちょっと三枚目入った役の方がいい味出ると思うなあ。蒼井優は本当にノってるねえ。役毎に何色でも染まりながら,しっかりと自分の核は守っているところは凄い。もう少し歳をとった彼女の悪女役が観てみたいなあ。江角マキコはあんなに熱演したのにあんな使われ方で可哀想な感じ。

映像はとても良いが脚本が全くダメな映画の典型的な作品でした。オリジナルがあるんだから,もっと上手く本書けよな。

あ,役者さんは脇役の方も含めて皆さんとても良い演技をしてたと思う。それがこの作品の唯一の救いかな。

(パンフレットを読んだら,ちゃんと解釈できたかもしれないけど,『売切れ御礼』だったので…すいません)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »