« 07年邦画ベスト5発表 | Main | 『サポカン参加はがき』来た! »

2008.01.09

アイ・アム・レジェンド

この作品を観て思った。なんでも高画質なCGで表現する手法はどうかと。『ロード・オブ…』3部作では感動できたこの手法も,そろそろあきてきた。なんせ『キモ』が全部CGなので(この作品の魅力も含めて)余計にそんな思いになってしまう。このハリウッドのこの流れが正しいのかまだ判断できない。でも,基本的に映画ってものは『アナログ』な魅力を堪能するものではないだろうか。脚本・映像・演出…どれも本来はアナログなものが基本であるはずだ。去年末に観た『ベオウルフ』もそう。アンジーのヌードでさえCG処理。完璧すぎて全く魅力的に見えない。

その想いを強くしたのは,本作の前の予告編上映で『マッハGO GO』のハリウッドリメイクの予告編を初めて観た時。『なんだ,期待してたのにただのCGアニメじゃん』って。僕はオリジナルを知っている世代だが,この予告編を観る限りはオリジナルの方がよほど魅力的で面白そうである。

もうCG(オンリー)映画は見飽きた。これなら,TVチックな邦画作品の方がまだ『アナログ的』(これは,古い,という意味も含むが)で面白い。去年,僕が本来好きなはずの洋画をあまり観なかった遠因もそこにあるのではないだろうか。

もし,この流れが今年も続くようなら,僕がアメリカ発の洋画を観る機会は激減するだろう。『アナログな脚本・映像・演出』でかまわない。その工夫で唸らせ楽しませてくれる映画が観たい。CGアニメなら,日本の作品の出来栄えの方が圧勝だから。日本では,アニメは今でもアナログな部分を意識的に残している。実写との住み分けを作り手がよく分かっているからだ。

そんなこんなを考えながら,劇場を出て駐車場でクルマを乗り,帰路に発ったところで,僕はこの作品のパンフを買ってないことに気付いた。社会人になって以来,売切れの時以外は必ず買っていた鑑賞作のパンフを…。

だんだんハリウッド大作に飽きてきた自分を発見した作品となった。

|

« 07年邦画ベスト5発表 | Main | 『サポカン参加はがき』来た! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/17628340

Listed below are links to weblogs that reference アイ・アム・レジェンド:

« 07年邦画ベスト5発表 | Main | 『サポカン参加はがき』来た! »