« March 2008 | Main | January 2009 »

2008.12.30

フツーの仕事がしたい

横川シネマ。土屋トカチ監督。

過酷,いや過労死寸前の労働条件の中,労働組合に助けを求めた一人のセメント運送運転手が『フツーの仕事』を労働争議の末,勝ち得る過程を追った迫力満点のドキュメンタリー作品。

下請のまた下請で働くこの主人公の労働条件は最悪で,月552時間にも及ぶ労働(仕事以外の一日当たりの時間は5.7時間)による過労が原因で瀕死の重病にも侵され,真に命懸けで働いて月給は30万円,社会保障無しという信じられない労働条件である。

映像は多重下請構造による数々の法違反や影の暴力をあぶり出していく。それがリアルを超えたリアルさで,恐ろしいくらい。淡々と事実を撮影してそれにナレーションとインタビューを重ねているだけなのだが,題材のリアルさがとてつもない迫力を作品に与えている。

この主人公は度重なる凶悪な会社側の脅迫にも屈せず,闘い続け,それを労働組合がバックアップして,その結果,『労働条件の改善』という勝利の報償を勝ち取るわけだ。この主人公の人が,どこにでもいそうな気弱そうな普通の人というのがミソである。決して,会社と闘う姿勢を前面に押し出したパワフルな人ではない。だからこそ,僕らのすぐ近くで起こっている問題だというリアリティが生まれるのである。

映像にインパクトと迫力があり過ぎて,これはとてもテレビのドキュメンタリーでは使えない。映画だからこそ実現できた企画と言えよう。本来ならこれをテレビで流すくらいの気骨のあるテレビ局があってもいいような気がするが,スポンサーの顔色を伺わなくてはならない民放では無理,NHKでも無理だろう。

ちなみに限られた条件と予算内で作られた作品であり,フィルムではなくビデオ作品である。ビデオカメラ一台で世相をバッサリ斬り捨てるのだから,そのポテンシャルの高さを改めて思い知った次第である。

世の中の矛盾,本当,たくさん他にもあるよね。こういったドキュメンタリー作品もたまには観なければと肝に銘じた作品になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ボーン・アイデンティティー

WOWOWビデオ観賞。ダグ・マーリン監督。マット・デイモン主演。

『ボーン』シリーズPART1。実は劇場で観てなくて,4年前に撮ったビデオをやっと観た。

で,感想。う~ん,微妙。『ボーン・スプレマシー』や『ボーン・アルティメイタム』の方が格段にアクションが面白い。やっぱテレビの画面で観ると迫力も足りないのかなあ。追いつ追われつの知力戦という意味でも観応えが薄い。ちょっと楽しみにしていたので,少し肩すかしを食った気分だ。まあ3部作の後になるほど面白い作品というのはそうないので,それはそれで凄いことだとは思うんだけど。それでも,僕はこのシリーズが大好きなことは変わりないけれどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.27

アラトリステ

サロンシネマ2。アグスティン・ディアス・ヤネス監督。ヴィゴ・モーテンセン主演。

宗教戦争時代の英雄剣士の冒険活劇かと思いきや,全く違ってかなり泥臭い重いヒューマンドラマだった。

予想外に暗く重い展開が続くので,やや脚本にメリハリがなく,2時間25分の上映時間がとても長く感じられた。

剣士としての『誇り』を縦軸に,長年想いを寄せる女性への紳士的な『愛』を横軸に描いていくのだが,登場する女性が困ったことに『浮気者』ばかりで,権力に逆らえない悲しい立場とはいえ,単なる身勝手に感じてしまうのは残念なところだ。女性側の想いが軽いので見応えがない。ラスト近くで,その『軽さ』=『裏切り』を女性側は懺悔し,男達の純粋な『愛』が強調される結果となるのだが,それにしては前振りが長すぎる。

剣士としての『誇り』と戦友に対する『義』はラストシーン近くの終盤に凝縮されており,この信念を支えに生きる男達の哀歌をこの作品は伝えたかったのだろうか,とやっとこの作品の本質が分かった気がした。それを伝えるのに,はたして本当に2時間半近く必要だったのかと。もっとシンプルに描けなかったのだろうか。そこが残念なところ。中盤までは権力に翻弄される下層階級の人々の話なのかと思うくらいダルかったのがマイナス要因だ。

ラスト30分で作り手が伝えたかったことが,バンバンと突き刺さってくるだけに,それまでの2時間は何だったんだ,という話。そこをもっと上手く作り込めていたら,立派なヒューマンドラマになったのに。

あとヴィゴ・モーテンセンも全編スペイン語でセリフをこなすのだが,そこにもやや違和感が残っていたことは否定できないかな。頑張ってはいたけれども。僕は彼を買っているので,この作品を観ると観逃した『イースタン・プロミス』が是非観ておきたかったと残念に思えた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

僕らのミライへ逆回転

シネツイン新天地。ミシェル・ゴンドリー監督。ジャック・ブラック,モス・デフ主演。

最初はただのブラックコメディーのつもりで観ていてたんだけど,さにあらず。最後には一本思想に芯が通って,しかもホロリとさせられるという粋なエンディングで締めくくる。心が暖かくなって,ウルルンとなってしまった。

事故で記録が消えてしまった名作のレンタルビデオの代わりに,『手作り』でハチャメチャなリメイク版を作っていくという発想が面白いし,これが町の人々に大ウケで,次々とリメイクを重ねていく(しかも町の住民の観る側も楽しみながら協力して)って展開もウケる。ブラックユーモアと遊び心に溢れているが,その徹底的に安っぽい作りが逆に新鮮ですらある。

最後の『町のみんなで自分達の映画を作ろう』と団結する姿は,『本来映画ってこんな映画好きな人が集まって作るもの』っていう原点のような純粋さを感じた。素直に感情移入できる。

そして,ラストシーンは秀逸。本当に心温まるエンディングだ。映画って本当にいいものですねえ。こういう毛色の変わった作品があってもいい。なかなかの佳作だと感じた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ワールド・オブ・ライズ

スカラ座。リドリー・スコット監督。レオナルド・ディカプリオ,ラッセル・クロウ主演

作りも本格的な王道路線の社会派作品。ディカプリオの熱演で魅せる。騙し騙されの応酬の中,あのような結末になるとは…。イスラム教の思想は分からないけれども,アメリカ思想を見事に皮肉った結末であり,痛快でもある。本当はラッセル・クロウがもっと魅せてくれたら,もっと面白い作品になっただろうけど,本作では彼に全く魅力がない。そこが残念なところ。でも,『ブラッド・ダイヤモンド』といい,本作といい,ディカプリオ,一皮むけましたな。演技に渋さがでてきていい感じになっとる。観て損はしないハードボイルドな作品でそれなりに面白く,『K-20』観るくらいなら,こちらをオススメする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

K-20 怪人二十面相・伝

広島宝塚1。佐藤嗣麻子監督。金城武,松たか子主演。

実はこれ,予告編観て面白そうで楽しみにしてたんですよ。なのに,結論から言うとハズレだった。前半の格差社会の描き方が中途半端で正直だるい。必要ないじゃん。目玉のアクションシーンも,スパイダーマンとバットマンのパクリじゃん。まあ,建物を身体ひとつで飛び越えていくシーン等は確かに痛快であり,よく撮れていたとはは思ったが。結末(二十面相の正体)も読めてしまっていて,尚且つ凄まじい破壊力を持つ最終兵器が炸裂したにも関わらず,帝都が崩壊するでもなく,ビル一個が半壊ってどういうこと?って感じ。金城武の日本語下手(笑)にはもう慣れてしまったので,批判の対象にはならないが。まあ僕的には年齢的にお姫様役はどうかと心配していたお松さんがわりと可憐だったので,救われた気分ではあったが。まあ,お気楽に観るデートムービーですな。同じ金城武のパクリものでも『リターナー』は面白かったけどなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.26

罰ゲーム終了~更新再開します

サンフがJ2の舞台で闘うという長い長い罰ゲームも終了しました。ずっと更新していませんでしたが,これを機会にこのブログを再開したいと思います。

しばらくお休みしていたので,以前のスタンスを取り戻すのに少し時間がかかるかもしれませんが,少しずつ慣らしていきたいと思います。

全く更新していないのに,ここに訪問してくれていた方々にお礼を言いたいと思います。ありがとうございました。また皆さんに楽しみに読んでいただけるような記事を書くことを目標に頑張りたいと思います。

今までと同じように,サンフレッチェ広島とサッカーと映画についてマイペースに書いていきますので,よろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | January 2009 »