« 青い鳥 | Main | 遠征計画妄想中… »

2009.01.28

誰も守ってくれない

広島宝塚。君塚良一監督。佐藤浩市,志田未来主演。

ちょっと期待していたんだけど,肩すかしを食らったような気分だ。もっと奥深いテーマを内在した作品だと考えていたが,意外と底が浅い。加害者の妹が受ける仕打ちにしても,敵が『マスコミ』とか『ネット』とかステレオタイプで描かれているだけで,深みが全くない。志田未来が抜群の演技で泣いたりわめいたりするのだが,ただそれだけである。こちらには何も伝わってこない。主人公の沙織がこんなだから,これに絡む刑事,勝浦との交流にも深みがない。本当に予告編が全てのキモを表していて,それ以上何もない作品だった。総じて演出が下手。この作品のどこがいいのか,僕にはさっぱり理解できない。加害者の側も,被害者の側も描かれ方が中途半端なんだな。真面目に観たつもりだったのにとても残念だ。ただ佐藤浩市はいい役者になったな,とは思った。僕には合わない作品だった。

|

« 青い鳥 | Main | 遠征計画妄想中… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/43883848

Listed below are links to weblogs that reference 誰も守ってくれない:

« 青い鳥 | Main | 遠征計画妄想中… »