« ロボコン | Main | リリイ・シュシュのすべて »

2009.01.03

エターナル・サンシャイン

DVD鑑賞。ミシェル・ゴンドリー監督。ジム・キャリー,ケイト・ウィンスレット主演。

喧嘩別れした恋人同士のお話。彼女は彼のことを忘れるために,彼との記憶を全て消去してしまう。彼はそのことにショックを受け,自分も彼女の記憶を消去しようとするのだが…。

冒頭のエピソードが大切。ここが真にキモである。ここを軽く観逃すと後で後悔することになる。

記憶を消去するクリニックの面々も加わって,物語に厚みを上手く出している。そして,後半のどんでん返しの展開に繋がっていくのである。この脚本は良くできていると思う。

記憶が消去される順番も,最近の喧嘩続きだった毎日から,だんだん過去に遡って,幸せの絶頂だった頃へ。そして,運命の出会いの日へと続いていく。彼はもがく。彼女のことをやはり忘れたくないと。

だけど,抵抗もむなしく,彼女の記憶は消去されてしまう。だが,それでも,記憶の残像を辿って二人は再会し(ここが冒頭のシーン),そして再び惹かれあう。だが,通常ならそのままハッピーエンドなのだが,この物語ではもうひと捻りあって…。この捻りがまたたまらなくいいのだ。

大切な人との運命の出会いというものは約束されていて,その第一印象は決して揺るがないものだとこの物語は教えてくれる。二人は記憶を失くしたことで,お互いの欠点が気になり喧嘩ばかりしてたことを飛び越えて,第一印象の直感で感じたことの大切さに気付く。それは運命の出会いだったと。この人こそがかけがえのない大切な人なのだと。その愛の絆の強さに拍手したくなる。これは恋愛関係の難しさを描きながら,実は純愛の物語である。100%ピュアなラブストーリー。この物語を観ると,きっと恋がまたしたくなる。そんなハートフルなラブストーリーだった。これもなかなかの佳作であると感じた。

|

« ロボコン | Main | リリイ・シュシュのすべて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/43622899

Listed below are links to weblogs that reference エターナル・サンシャイン:

» 映画『エターナル・サンシャイン』(お薦め度★★★) [erabu]
監督、ミシェル=ゴンドリー。脚本、チャーリー=カウフマン。原題『ETERNAL [Read More]

Tracked on 2009.01.03 at 03:49 PM

« ロボコン | Main | リリイ・シュシュのすべて »