« イースタン・プロミス | Main | 大阪ハムレット »

2009.02.12

ラースと,その彼女

サロンシネマ2。クレイグ・ギレスピー監督。ライアン・ゴズリング主演。

シャイで真面目な好青年がある日突然『僕の彼女を紹介するよ』と言って,『リアルドール』を連れて現れたら,あなたはどう彼と接しますか?

この作品は,そういうふうに観る人の人間性を問いかけるものになっている。この作品には悪人は出てこない。家族も,そして町の人達もみんな彼とその『彼女』を優しく受け容れるのだから。

そういう意味ではこの作品は現代のおとぎ話である。しかし,投げかける問題はもっとリアルで切実だ。主人公のラースの孤独に対する葛藤と苦悩が生んだビアンカというその『彼女』とどう向き合うか。町の人達はラースの幻想につきあい,向き合うことで,人を思いやる優しい心を呼び覚ましていく。その描き方が優しく,ハートウォーミングな物語である。

しかし,ラース自身がその幻想に破綻してしまう。最愛のはずのビアンカよりも『現実の女性』に知らず知らずの間に心を奪われてしまうのだ。幻想と現実の間で苦悩するラースが痛々しいが,その小さな心の綻びも主演のライアン・ゴズリングが素晴らしい演技で丁寧に演じてくれるので,我々は客観的に観て『変人』のラースに嫌悪感を一切抱くことなく,この物語に引き込まれていけるのだ。

ラースには『現実の女性』と恋をする予行演習としてビアンカとの恋愛が必要だったのだろう。そして,ビアンカとの別れも…。

本当の恋を知るには,痛みと勇気が必要だ。ビアンカを愛した心優しいラースの言動が静かに僕達に語りかけてくれる。その囁きを聞き洩らさないように,この作品の鑑賞感の余韻に浸りたいものだ。そして,ラースの新しい恋の成就を願わずにはいられなくなるのだ。

|

« イースタン・プロミス | Main | 大阪ハムレット »

Comments

Cougar sexe video masturbation playlist

Posted by: films porno | 2013.02.15 at 02:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/44040498

Listed below are links to weblogs that reference ラースと,その彼女:

« イースタン・プロミス | Main | 大阪ハムレット »