« カフーを待ちわびて | Main | ダウト~あるカトリック学校で~ »

2009.03.15

リーグ戦,対大宮戦 2-3

夢から覚めて,現実を見た日。やはりJ1は甘くない。まさか大宮に3失点するとは考えていなかった。今日は2点勝負と考えていた。やはり根本的に守備の問題は解決されていないということになる。今日はセカンドボールが拾えなかった。陽介と洋次郎が良くなかった。アオが交代したのも痛かった。やはり一誠ではアオの代役は無理。パスの出所がストヤノフ一本になってしまった。そのストヤノフの凡ミスでの2失点目が本当に痛かった。カズがもう少し前でプレーできていたら…。

今日の試合は槙野のPKのところで勝負を決めておかないといけなかった試合。真ん中に蹴ることは読まれていた。槙野に蹴らしたことがチームとしての『甘さ』が出たと言える。その甘さのために勝てた試合を落とした。選手達には猛省してほしい。

今日は右サイドに固執し過ぎた。もっとクサビを打ち込んでから,押し上げて両サイドを上手く使いたかった。そういう意味では陽介と洋次郎の不調は痛かった。一誠の交代はてっきり洋次郎だと考えていたが…アオは怪我でもしたのだろうか。あの采配が全てになってしまった。やはり浩司がいないのが本当に痛い。

やはりミシャは勝負弱い。選手達がなんとかしないといけないのに,自分達で試合を壊してしまった。みんなのコンディションも良くなかった。このままでは今季も厳しい試合が続くと診る。

もし,鹿島にボコられるようだと,せっかく積み上げてきた自分達のサッカーに対する自信が崩れてしまう。なんとか引き分け以上の結果を持ち帰ってほしいものだ。1週間で修正できるのか。

今日の負けは本当にショックだ。大宮レベルの守備力を崩せなかった。確かにマトはスペシャルだったが…。ということは,J1上位のチームには全く通用しない不安も出てきた。たった1敗と考えるべきなのか。いや,もっと根本的な部分がJ1上位を目指すには足りないように感じる。やはり守備の強化。攻守の切り替えの部分をもっと早くしないとJ1では通用しない。もう少しコンパクトなスペースで勝負したいが…。カウンターを恐れて引き過ぎてしまうのも怖い。

今日の試合でいうとアオと陽介の出来がカギを握っていた。この二人のバックアッパーが今はいない。マリノス戦に快勝して,夢を見ていたが,J1を闘うには層が薄いことが,やはり今季を闘う上でネックになりそうだ。ナビスコは若手に試合経験を積ませる場と割り切った方がいいかもしれない。

今日は自滅の形で負けた。大切なことはこんな負け方を繰り返さないことだ。自信を失わず,修正していってほしい。

しかし,せっかく2万人動員したのに,こういう時に勝てないのは本当に痛い。これだけのサポーターのバックアップがあって勝てないのは本当に痛い。2年前の悲劇を繰り返してはならない。僕らサポにも甘えがあったのかもしれない。選手もサポもこの甘えを払拭して,これからの厳しい闘いに臨みたい。

|

« カフーを待ちわびて | Main | ダウト~あるカトリック学校で~ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18273/44357883

Listed below are links to weblogs that reference リーグ戦,対大宮戦 2-3:

« カフーを待ちわびて | Main | ダウト~あるカトリック学校で~ »