« March 2009 | Main | May 2009 »

2009.04.27

リーグ戦,対川崎戦 1-1

両者ともミスから失点。またしても『安い失点』。ノーガードでの撃ち合いを予想するも,予想外にしっかりと守り,1失点で抑える。

この試合内容を称えるべきなのか,自分的には悩ましい。決定機は圧倒的にサンフの方が多く,勝てる試合をまたしても勝ち切れなかったという印象。カズのミドルが決まっていれば…。残念極まりない。

ミキッチの退場は痛かった。あれがシミュレーションなんて判定が厳し過ぎるよ。まあ1枚目のカード貰ったのが安易だったのだけれども。

ミシャは引き出しが少なすぎる。確かに残った10人でベストトライしたけれども,本当にあれがチームとしてのベストトライだったのか。久保や平繁は何のためにベンチにいるのか。良いサッカー,楽しいサッカーは出来ているけれど,やはり勝てなければ上位には行けない。勝つためにもうひと皮むけなければいけないのだけれど,それはやはりミシャの采配だと感じてしまう自分がいる。

川崎相手に10人で闘って同点に追いついての引き分け。やはり選手達の奮闘を称えるべきなのか。そこは納得できても,やはりどこか引っかかっている自分がいるのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.19

リーグ戦,対新潟戦 3-3

1-3となったところで,もう2点くらい入れられての惨敗を予想した。

先制するまではこちらのペース。アオと寿人のホットライン爆発。素晴らしい速攻だった。

が,アキがペドロ・ジュニオールと交錯して負傷退場。十字靭帯を負傷したらしい。長期離脱となるだろう。痛過ぎる負傷退場。同点に追いつかれたよりも痛い。慌てて交代で出てきた中林がファーストタッチでファンブル。これをまたペドロに詰められる。1-2,逆転。完全にチームが浮き足立っていた。3失点目は右サイドで矢野をフリーにしてしまい,中央へ。またペドロにダイレクトに叩き込まれる。新潟相手にまさかの3失点。素直に負けを覚悟した。

が,後半,選手達は意地をみせる。落ち着いてポセッションするようになり,両サイドを高く貼り付け,超攻撃的に。ミキッチが持ったところ,中央の陽介へパス。陽介切り返してシュートコースを作ると迷わず左足一閃。素晴らしいゴールが決まる。2-3。新潟は引いてカウンター狙いに絞る。サンフどんどん押しこむ。左CK獲得。洋次郎が蹴ったボールはゴール前で大島に当たりオウンゴール。同点!

さあ,勝ちに行くぞ。しかし,GK交代で一枠使っている交代枠が重くのしかかる。3人目は誰だ。早くカードを切ってくれ。僕は久保の投入を願っていたが,ミシャが選択したのはミキッチ(相当疲れていたようだったけれども)に代えて楽山。ダメだ,引き分けで終わる。一気に勝利への期待が萎む。

3点獲っても引き分け。確かに傷だらけになりながら,1ポイントでもゲットできたのは大きいが,また『安い失点』で勝ちを失ってしまった。本質的に失点癖は治っていない。クロスボールが入る時のマークがズレてしまっている。なんとか補正できないものか。下位チームが勝ったので,またリーグは混戦模様。川崎戦はどうしても勝ちたいが。

アキの怪我が心配。GKは補強しなかればいけないだろう。アキのために今のサッカーを続けていくこと。そして勝っていくこと。来年もJ1の舞台で闘うこと。去年の経験が試される時。なんとかこの苦境を乗り切っていってほしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.13

リーグ戦,対柏戦 4-1

J1で勝つのって大変なんだなあと実感。4-1なのに全然楽勝な気がしない。終盤なんて完全に押し込まれて防戦一方で,4得点目がなかったら冷や冷やものだったし。前半の中盤以降のサッカーが継続してできれば,何の文句もないのだが。やはり走るサッカーは後半終盤になると厳しい。今から夏場が心配になる。

この試合で大きかったのは先制点と4得点目。セットプレーで得点できたのは大きかったし,苦しい時間帯で相手のミスを見逃さず寿人が見事に叩き込んで試合を決定付けたのは大きかった。そういう意味では,2得点目も3得点目もウチらしい崩してからの得点だったので,この日の4得点はどれも素晴らしかった。

が,相変わらず『3点獲らないと勝てないサッカー』であることには変わりなく,この辺の修正が今後の課題か。守備的な交代をして逆に押し込まれてしまうなんて,もう少し上手い逃げ切り方ができないものか。J2の時にはできていたではないか。まあ,これがJ1との差なのだろう。とにかく攻守の切り替えがJ2に比べて半端なく速い。一瞬の判断ミスが失点に繋がる。とにかく失点を減らすこと。今とは違う勝ち切る交代パターンを確立することが必要。

アオはなんで交代だったんだろう。軸の選手が90分持たなくて,交代選手のクオリティが落ちるというのは問題だろう。というか,カズと中島はタイプが似すぎていて,コンビとしてはどうかと思う。洋次郎をボランチとして使う手はないのか。ないしは岡本を育てながら使うという手はないのか。ここは本当にミシャ次第なんだけど。

一誠が相変わらずいい。消えている時間がほとんどなくなった。勝負するようになった。これで去年の洋次郎のように得点を量産してくれるようなら助かるのだが。陽介も序盤は今イチだったが,次第に良くなっていった。とにかく陽介に必要なのは『ゴール』という結果。得点ができるシャドーになって,代表を狙ってほしい。運動量と動きの質には文句はないのだから。

あと例のカズが最終ラインに入る変則4バック。これもバージョンアップの頃合いが来ていると思う。やはりカズのミドルパスで攻撃の形を作れるようになりたい。確かにストヤノフのオーバーラップは効果的だが,本当はあの位置からのミドルパスが怖いのはカズなのだから。カズが前で勝負して,ラストパスやミドルシュートを撃つ機会をもっと観たい。

ようやく2勝目。道は長い。ちょっとでも気を抜くとすぐダークサイドに引き込まれる。次は『超アウェイ』の新潟戦。苦手3トップを攻略して,なんとか勝ち点3を手にして帰ってきてほしいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.08

ジェネラル・ルージュの凱旋

広島宝塚2。中村義洋監督。竹内結子,阿部寛主演。

『チーム・バチスタの栄光』に続くシリーズ映画化第2弾。

ミステリー色は薄く,どちらかと言えば,現代の救命医療が抱える問題をクローズアップした内容となっている。ミステリーものとしては物足りないが,医療問題を提起したドラマとして観れば満足度は高いだろう。終盤の救命救急シーンが最大の見せ場で,『トリアージ』等,重い問題をリアルに描いている。

僕は女優・竹内結子が好きなのだが,この作品では彼女の魅力は存分に発揮されていない。キャラ付けが薄い。そこが残念なところ。

対して,天才医師役の堺雅人が魅せてくれる。とても魅力的なキャラに仕上がっている。ここに謎解きの面白さが加わってくれていたら,もっと面白い作品になったのに…。

この作品のポイントはミステリーものとは期待して観にいかないことだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.04

リーグ戦,対ガンバ戦 2-2

ガンバ相手に自分達のサッカーができたのではないだろうか。2得点ともウチの形で崩して獲ったわけだし。ただ1失点目が軽かったね。J1のFWはあそこからでも決めてくる。勝ちたかったところだが,ガンバ相手にアウェイで引き分けで上出来ではないだろうか。見応えのある試合をしてくれた。

本当は陽介の最後のシュートで勝ててたんだけどねえ。本当シュート下手だよ。

それにしても,ミシャの采配が分からん。勝ちにいくべきでしょ。それであの交代だもんなあ。試合後の自信たっぷりのインタビューは勝ってから言えって。

相変わらずアオが今イチ。洋次郎をボランチで使っても面白いかも。あとカズが下がり過ぎ。もうちょっと前で勝負したい。あと陽介,攻め急ぎ過ぎ。もうちょっと緩急つけたい。右足で決めたアシストは見事だったけれど。

次の柏戦も厳しいが,なんとか勝ってほしいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »